鈴木清順氏逝去

 映画監督の鈴木清順氏がお亡くなりになりました。享年93。
 好きな映画3本を上げるとすれば、『けんかえれじい』『殺しの烙印』『ツィゴイネルワイゼン』です。
 そのほかには『東京流れ者』『探偵事務所23 くたばれ悪党ども』『陽炎座』『ピストルオペラ』などなど沢山!
 独特のスタイリッシュな映像にシビレまくったものです。(古い表現ですがピッタリするので)

 漫画編集者時代に、亡くなった梶原一騎氏との思い出を寄稿していただきました。急いでいたので、電話で依頼し、たしか原稿はFAXか、あるいは読み上げていただいたものを書き写したのだったと思います。
 しばらくして、、鈴木清順氏はなにかのついででしょうか、わたしを訪ねてくださいました。ですが、わたしは会社を辞めてしまっており、お会いすることはかないませんでした。まことに残念なことでした。

 NHKの『日曜美術館』でギュスターヴ・モローを取り上げたときに、鈴木氏がゲストで出ていました。このときの解説というか感想が凄いものでした。すべて、モローの絵から受けるご自分の妄想をとうとうと述べ、これがまたモローの題材とは、かけ離れていたのです。司会者も、もうひとりの西洋美術の専門家も、戸惑っていました。やはり鈴木氏は、われわれとは違った次元で物事を見ているのだなあと思ったものです。個性の強いものを創造するのは、こういう人なんだなと痛感しました。

 異端ですが偉大な映画監督でした。大往生だと思いますが、たいへん淋しいです。

 鈴木清順氏のご冥福を謹んでお祈りいたします。

b0122645_2231349.jpg



by ashikawa_junichi | 2017-02-22 22:31 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< 細谷正充さんの新刊『歴史・時代... 『岸田尚肖像画展Ⅴ』は来週28... >>