いまこそ、筒井康隆『佇むひと』を!

 4月30日(日曜日)は、東新宿のライブハウス・グラムシュタインで『team Rose´春フェス2017~blooming gardenへようこそ!~』を楽しんできました。
 気功の師匠hanaさんが出演しているからですが、素晴らしい歌声に感激しました。

 ライブのあとは、一緒にいった4人の作家たちと新大久保駅前の鳥料理の店へ。
 そこで、出口きぬごし氏が、
「みなさんが怖かった小説はなんですか?」
 唐突に質問してきたので、わたしは、
「夏目漱石の『夢十夜』かな」
 すると、聖龍人氏が、
「筒井康隆の『佇むひと』が怖いよ」
 これは未読でした。
 早速、キンドルで購入して、帰宅後に読んだところ、
「怖かった!」
 です。
 とくに、いまは共謀罪が成立しそうなご時世。それを予見しているような小説でしたよ!
 いまこそ、読まれるべき小説ではないでしょうか!!!!

 佳那伊織氏は先に帰り、出口氏と聖氏、そして早見俊氏は、新宿へ。わたしは、調子が悪いので帰宅しました。調子が悪いのは、鼻炎の薬を飲んでいるのに酒を呑んでしまうせいでしょうか。酔いが早くまわってしまうのです。

b0122645_1875883.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-05-02 18:09 | その他 | Comments(0)
<< 小さな不調がつづく 千野隆司さんの新刊『泣き虫大将... >>