『孤独のグルメ6』について

 ずいぶん前ですがテレ東のドラマ『孤独のグルメ』のことで、最初のころに比べて、主人公の五郎さんの咀嚼する音を拾いすぎているのではないかと書いたことがあります。食べ物を噛んでいる口の中の音が大きくて耳障りだったのです。
 同じように感じた方が、ブログにコメントをくださったことを思いだします。

 ところが、今回のシーズンでは、咀嚼する音が見事に小さくなってますね。まったく聞こえないときもあります。やはり、苦情があったのか、スタッフがやりすぎと感じたのでしょうか。

 それはともかく、金曜の深夜ドラマの枠に入ってしまったせいか、一回の時間が短くなってしまい、前半のエピソードが駆け足になってしまったのが残念です。前半で一軒、喫茶店などでスイーツを食べていたのに、それもカットされていますよね。つぎのシーズンがあれば、ぜひ復活してもらいたいです。

b0122645_23213855.jpg

                                                                                           
 
by ashikawa_junichi | 2017-05-07 23:23 | ドラマ | Comments(0)
<< 『ミュシャ展』と『la Pri... 小さな不調がつづく >>