『ミュシャ展』と『la Princesse』!

 昨日月曜日は、腹筋痛がまだあるのと、ちょいとした打ち合わせがあるので、昼間にある気功塾は欠席しました。
 ところが打ち合わせは延期。そこで、かねてより行きたかった国立新美術館でやっている『ミュシャ展』を見てきました!
 けっこう混んでいましたが、今回の目玉であるスラヴ叙事詩の作品群は、なにせ作品が大きいので、余裕で鑑賞できます。スラヴ民族に対するミュシャの想いがひしひしと伝わってくる作品群です。
 同じく国立新美術館でいる『草間彌生展』と同じく、一室のみ撮影してよいことになっています。

b0122645_18383674.jpg


 今日はニコニコ生放送で、イラストレーターの中村佑介氏がこの『ミュシャ展』を訪れて感想を述べてましたね。放送があるのを忘れていて、3分の2以上観られなかったのが残念。今日は休館日なので、それに合わせての放送です。ガラガラの会場で鑑賞できる中村氏がうらやましかったです。

 画像は「スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い」(未完成)
b0122645_18412492.jpg


 画像は「スラヴ民族の賛歌」
b0122645_1841365.jpg


 ミュシャといえば、フランスでサラ・ベルナールを描いた劇場のポスターなどが有名ですが、そうした作品もあって、ミュシャの全体像を把握できます。
 濃い企画展です。満腹♪

 帰宅して夕食をとったあと、思い立って板橋のカフェ百日紅へ。火曜水曜と休みなので、いま開催中の展示会にいついけるかわかりません。いまのうちにと車で向かいました。
 住宅街にある深夜のカフェは妖しいですねえ。

b0122645_18454375.jpg


 Fragrance Salon AbixsさんとSAKIZOさんのコラボ展『 ~香りとアートで紡ぐおとぎ話~la Princesse』が開催中です。
 作品の下に、かぐわしい香りを放つプレートか飾られています。優雅な絵画と馥郁たる香りのコラボレーションです。連休中は女性ファンが殺到していたようです。

b0122645_1846513.jpg


 常連さんたちと会話を楽しんでから、23時すぎに店を出ました。一日中、アートに浸った日でした。満腹♪
by ashikawa_junichi | 2017-05-09 18:50 | 音楽・アート | Comments(2)
Commented by desire_san at 2017-05-28 16:08
こんにちは、
私もミュシャ展で『スラヴ叙事詩』を見てきましたので、画像と鑑賞レポートを読ませていただき、美術展を再体験することができました。『スラヴ叙事詩』の魅力は、古くから民衆に親しまれてきた多くの伝説を、綿密な考証により写実的な歴史の場面と象徴的表現が同居するミュシャ独自の描き方で、現実に起こった史実として、スラヴの人々に体現させてみせたところに大きな意義があると感じました。「スラヴ叙事詩」の魅力は、画面に描き群衆を等身大に描くことで、観る人を自分がその場にいるような演劇的体験をひきだし、視界いっぱいの画面からはみ出しような描き方で観る人が時間を忘れるほど、その場面を体験できました。

私も自分なりにミュシャと「スラヴ叙事詩」の魅力と鑑賞のポイントを読み解いてみました。ご自身の印象と比べて考えてみる上でも是非目を通してみてください。私の作品の見方についてご感想やご意見などコメントをいただける大変うれしく、感謝いたします。



Commented by ashikawa_junichi at 2017-05-30 15:56
>desire-san
 コメント、ありがとうございますm(*^ω^*)m
 申し訳ありませんが、いま余裕がないので、後日、感想を書かせていただきます。
<< 白羽玲子『ラブレター』 『孤独のグルメ6』について >>