『久住友理展』と『八美神展』!

 昨日29日月曜は、銀座へ2つの展示会を見にいってきました。
 まず、教文館・エレンカイムギャラリーへ。従兄の日本画家・久住三郎の妻・友理さんの『久住友理展~愛する植物世界』が開催されています。(31日まで)
 ほのぼのとした草花の絵からは、ほっこりとした暖かさが漂ってきます。優しいお人柄がそのまま出ているのでしょうか。ほっとする絵画空間です。
 途中、画風の違いにおやっ?と思ったら、三郎氏の銅版画も展示されていました。小品ながら、植物を通して生命の奥深さを感じさせます。
 そして、ニューヨーク在住の、お二人の次女の作品も数点。ユーモラスな動物たちが可愛らしかったです。

b0122645_1662592.jpg
b0122645_1664493.jpg


 展示会場で、画家の戸田みどりさんを紹介されて、ご自身の作品についていろいろとお話しいただきました。この話は、のちほど書きます。
 
 つぎに、銀座gfalleryG2の『八美神展-8人の女性作家達-』(30日まで)へ。
 フェイスブックで岡本真実さんから誘われていました。会場には、田中いずみさんがいらっしゃり、刀根千賀子さんを紹介していただきました。
 展示されている絵は、8人がすべて作風が違って、実に面白かったです。

b0122645_1611627.jpg

b0122645_16111582.jpg


 銀座で開催されていた、岸田尚さん参加の『墨彩展』が前日に終了していて、いけなかったのが残念でした。
                                                                                           
by ashikawa_junichi | 2017-05-30 16:16 | 音楽・アート | Comments(0)
<< 福島の牛が訴えかけてくること 百日紅の『100人のイラスト展... >>