『長沢節展』からつくね&静岡おでん挟んで『催涙雨展』!!

 昨日9日金曜日はダー松さんとバスに乗って弥生美術館へ。
 ファッション画で一時代を築き、セツ・モードセミナーを主催して数多くのクリエーターを生み出した長沢節の生涯を辿る企画展『生誕100年 長沢節展』を見てきました。
 ファッション画のカッコよさに圧倒され、人体のパーツに関するこだわりなどは、実に興味深かったです。
b0122645_21215930.jpg
b0122645_21331543.jpg

 カタログにセツ・モードセミナーでの写真が掲載されているのですが、70年代にセミナーの生徒だったわたしの友人らしい姿がチラッと写っていたのには驚きました。本人にメールでたしかめたら、自分かもしれないという返事が。

 弥生美術館では、同時に高畠華宵展も開かれていて、レトロな少女気分(?)になれるとともに、少年画の妖しい色気も堪能できます。
 常設の夢二美術館も見たあと、夢二カフェへ。
 毎度おなじみ、企画展とコラボの絵文字カプチーノ。(今回は文字のみ)
b0122645_21221372.jpg


 根津の『とり小町』で、さまざまなつくねと静岡おでんなどでビールやハイボールを飲んでから、板橋へ移動して『カフェ百日紅』へ。
催涙雨~雨の七夕展』が開かれています。
 複数のアーティストさんたちが、水気のしたたる作品を競作しています。
 明後日の月曜までですが、梅雨だというのに、それまで雨が降りそうもないのが残念ですね。でも、店内は雨模様なのだからよいと思います♪
b0122645_21324566.jpg
b0122645_21444764.jpg
b0122645_21461495.jpg



                                                                                           
by ashikawa_junichi | 2017-06-10 21:41 | 音楽・アート | Comments(0)
<< 嬉しいこと(メモ用紙) 梅雨入り >>