文庫の景品

 昨日、新潮文庫の景品が送られてきました。
 新潮文庫についているシールを集めて送ると、いろいろな景品がもらえるのですが、最近は、20枚でマグカップをもらってます。前は二個だったのが、いまは一個とパラパラ漫画になってます。
 以前にもらった、Yonda君の目覚まし時計と、文豪ウォッチ(カフカと夏目漱石)も入れて、勢ぞろい写真を撮りました。(写真1)
 カップはあと2個あります。
 シールがついていると、つい応募したくなるんですよね(^ω^;)
 でも、景品が面白くないと集めたくもなくなります。

 以前の講談社文庫景品の文庫ケースは積み上げると、本棚になるスグレモノでしたね♪(写真2)
『庫之介(くらのすけ)』という名前でした。 
 でも、いまはブックカバーになってます。僕はカバーを使わないから、必要ないんですよ。

 各社いろいろ工夫して景品をつけてますが、出版不況による経費節減のために、なかなか大変でしょう。
 写真1
b0122645_1448495.jpg

 写真2
b0122645_14491187.jpg

by ashikawa_junichi | 2008-09-18 14:49 | 四方山話 | Comments(0)
<< 今夜はパーティ会場へ ひさびさのプール >>