ジュリー!\(>_<)/

 NHKの『SONGS』の再放送を観ました。
 沢田研二さんの第2夜です。(第1夜は見逃しました)
 還暦を迎え、かなり太って皺もたるみも多くなったけど、やっぱり貴公子ですね、ジュリーは。
 声色は変わらず、声量は衰えるどころか、大きくなっている気もするほどの迫力ある歌唱でした。
『君だけに』で、トッポ(加橋かつみ)の声がかぶらないのがちょっと残念。

 最後に、サリーが親友だったピーとの別れを詞にした曲『Long Good by』が歌われましたが(3番の詞はジュリー)これが良かった!
 作曲はタロー(森本太郎)でした。
 ちなみに、サリーは岸辺修三、いまは俳優の岸辺一徳です。
 ピーは瞳みのるで、慶応高校の教師です。中国文学が専門の文学博士でもあるとか。

 なんか解説してますが、普段の癖が出た結果です。
 かみさんと僕は世代が違うので、若いころの話はいちいち説明しないと、伝わらないことがあります。
 そんなわけで、ご存じのかたはうるさくてすみません(^o^;)

 タイトルは、つい、キキキリンさん演じるおばあさんを思い出して。
by ashikawa_junichi | 2008-10-21 16:01 | 音楽・アート | Comments(0)
<< いただきもの♪ 小三治師匠に学ぶ >>