カテゴリ:小説・本・仕事( 549 )

やっと書き終えた

 昨夜、というか今朝に近い夜中、やっと新作を書き終えました。
 ほっとしているのも束の間、3時間ほど寝て、水道工事の立ち会い。いやあ、眠かったです。
 そしたら、夕方になって、もうゲラが発送されたとのこと。
 うむ、頑張らねば!

 しかし、以前よりも、集中できる時間が短くなっているような……。歳のせいかなあ……。
 でも、ぼくよりも歳上の作家のかたがたの集中力が衰えてないところをみると、たんにダレているだけなのかも。
by ashikawa_junichi | 2015-06-09 22:54 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

『ゾンビ・アパート』と『何かが道をやってくる』

 飯野文彦さんの新刊『ゾンビ・アパート』と、レイ・ブラッドベリの『何かが道をやってくる』を購入しました。
 飯野さんの作品は、これまで飯野さんが書いてきたホラー作品の名作短編集です。読むのが楽しみ♪
『何かが道をやってくる』は、いまの仕事が終わったら再読(本当は三度目)したいなあと思っていて、本棚を探したのですが、見つからないので購入しました。
 そしたらなんと! 持っていた本は息子に貸していたのでした!(写真真ん中)
 同じ創元推理文庫で訳者も大久保康雄氏なのですが、前のは司修氏の表紙絵で、いまのは吉永和哉氏です。前のは絵がドーンとありますが、いまのは小さくなってますね。もっと絵を大きくしたほうがよいのに。文庫の統一デザインだからしかたないのでしょうが、残念。

b0122645_1637493.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-06-01 16:37 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

稼働する

 また2日、更新しておりませんが、月末で仕事に追われているからであります。
 いつものことですが、どうもエンジンがかかるのが遅いのです。いったんかかったら、けっこう速いんですけどねえ……。いや、今回は、エンジンがかかったと思ったら、減速したりして……エンジンそのもののメンテが必要なんでしょうか。

 先日、テレビで俳優の綾野剛氏が「 稼働する 」という言葉を使ってました。エンジンがかかると同じ意味合いですね。いったん休むと、稼働するまで時間がかかると……役にすぐに入れないってことでしょうか。
by ashikawa_junichi | 2015-05-25 16:16 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

新刊『虹の別れ-同心七之助ふたり捕物帳』!

 わたしの新刊『虹の別れ-同心七之助ふたり捕物帳』(ハルキ時代小説文庫・745円税込)が発売されました! たしか昨日ですが、まだ店頭で確認していません。
 七之助と幽霊になった姉・志保のシリーズは、この巻をもって完結いたします。
 さてさて、志保は満足いくかたちで成仏できたのか!?
 ぜひ、お買い求めになってお読みください!m(*^ω^*)m

b0122645_171740100.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-04-16 16:52 | 小説・本・仕事 | Comments(2)

『せどり男爵数奇譚』と『すれすれ』

 ちょっと時間ができたので、ずっと読みたかった2冊の本を読みました。
 梶山季之の『せどり男爵数奇譚』と、吉行淳之介の『すれすれ』です。
 前者は1974年に出版された作品で、古書をめぐるミステリーであり、せどり男爵の異名をとる古本屋の冒険譚です。
 後者は1959年に出版された作品で、ハンカチタクシー(白タク)の運転者が、父親のようなドンファンになるための修業をするピカレスク。
『すれすれ』は、半世紀も前の風俗小説なので、ちょっと古い感じがしました。でも、男女の心情や欲望の機微はいまも変わりませんね。
 これからは仕事のあいまに、友人作家からいただいた本と、ジュール・ヴェルヌの『緑の光線』を読みます。後者を読むときのBGMは、もちろんAKB48の『Green Flash』です♪

b0122645_1857465.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-03-16 18:58 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

早見慎司さんの『少女ヒーロー読本』が届いた!

 アマゾンで予約注文していた早見慎司さんの『少女ヒーロー読本』(原書房・2592円税込)が届いたので、拾い読みしています。どうにもとまらず、仕事に影響をきたしております( ̄□ ̄;)
 早見さんが、つみきみほに多大な影響を受けていたことは知っていたのですが、この本に出会いが書かれていて、なるほどなあと理解できました。(100パーセントかどうか自信ありませんが)
 そして、ペンネームを変えた理由も分かった気がしました。
 あ、つみきみほについては、本書の最後のほうにまとめて書いてありますが、この本は、少女ヒーローもののドラマが作られる以前から少女ヒーローの歴史を詳細にたどって書かれています。1975年の『本陣殺人事件』から2010年の『Q10』までです。
「少女が戦闘する実写映像」を、愛情をこめて論考されており、本書は、早見さんならではの労作です。いや、偉業というべきでしょう。

b0122645_2213017.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-02-26 22:15 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

ジョナサンで仕事をしてみた

 あまり外で仕事をしないのですが、先週は図書館で、昨日はジョナサンでプロット作りをしました。
 けっこう捗りますね。でも、ぼくは長時間は無理です。プロット作りはともかく、執筆は無理です。なんというか、息苦しくなってくるのです。落ち着けないし。慣れないだけかもしれませんが……。

 喫茶店などで仕事をする作家はけっこういますね。ぼくのまわりでも、官能作家の柚木さんや河里さん、ラノベ作家の出口さんが喫茶店やファミレス、図書館などでパソコンをバコバコ打っているそうです。
 河里さんは、決まった喫茶店をずっと利用していて、柚木さんは、近くのチェーンのコーヒーショップや図書館を利用。出口さんにいたっては、歩きまわって、あちこちの喫茶店やファミレスで執筆しているそうです。

 ぼくの息子は、受験勉強を家ではほとんどせず、予備校の自習室は少しだけ利用して、もっぱらファミレスでやってました。どこでやるよりも落ち着けるんだといってましたが……ファミレス代が莫迦になりません。贅沢なやつですね。

b0122645_0351680.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-02-26 00:36 | 小説・本・仕事 | Comments(2)

ジュール・ヴェルヌの『緑の光線』

 昨日、AKB48の新曲『Green Flash』を聴きました。よい曲ですね。
 秋元氏は、エリック・ロメールの映画『緑の光線』から着想を得たそうですが、そういえば、この映画の原作ではないけれど、ロメールがインスパイアされて、劇中でも言及していたジュール・ヴェルヌの小説『緑の光線』も思い出しました。
 思い出したとはいえ、読んではいません。そのような小説があると知っていただけです。
 アマゾンで検索してみたら、なんと! 去年、新訳が出ているではありませんか!
 早速、昨日注文したら、今日届きました! 読むのが楽しみ♪

b0122645_22485963.jpg


 挿絵は刊行当時のものを採録しているようです。いいですよねえ♪

b0122645_2355299.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-02-18 22:50 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

これは嬉しい!

 ダヴィンチの3月号に、中目黒ブックセンターの佐藤亜希子さんが、ハルキ時代小説文庫の『同心七之助ふたり捕物帳』シリーズを「ずっと推している偏愛本」として紹介してくださいました。
 とても嬉しいです♪ ありがとうございます♪m(*^ω^*)m
 K堂出版の女性編集者Kさんが、わざわざ教えてくださいました。画像はKさんが提供してくださったものです。感謝です♪m(*^ω^*)m
 いやあ、これは励みになります!(o^ з^o)v

b0122645_18215156.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-02-10 18:23 | 小説・本・仕事 | Comments(2)

新刊『旗本風来坊』!

 わたしの新刊『旗本風来坊』(コスミック・時代小説文庫・680円税込)が発売されております!
 新シリーズです。
 内勘当(ないかんどう)された旗本の嫡子が、3000両を、世のため人のために使い切れば、内勘当を解いてもらえることに。(内勘当とは、公のものでなく家庭内の勘当です)
 許嫁の美女も、早く祝言をあげたいとせまってきます。
 ですが、本人は、そのままでよい様子。
 ……てな宙ぶらりんのところに、さまざまな依頼が舞いこんできて、これ幸いとお金を使ってみるのですが……さてどうなるやら。
 ぜひ、新刊書店でお買い求めください!

 ネットに画像がないので、撮影したものをアップします。
b0122645_15415377.jpg


 帯のない、室谷雅子(のりこ)さんの絵がしっかり見える画像です。
b0122645_15413550.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-02-08 15:42 | 小説・本・仕事 | Comments(0)