カテゴリ:小説・本・仕事( 550 )

新刊『旗本風来坊』!

 わたしの新刊『旗本風来坊』(コスミック・時代小説文庫・680円税込)が発売されております!
 新シリーズです。
 内勘当(ないかんどう)された旗本の嫡子が、3000両を、世のため人のために使い切れば、内勘当を解いてもらえることに。(内勘当とは、公のものでなく家庭内の勘当です)
 許嫁の美女も、早く祝言をあげたいとせまってきます。
 ですが、本人は、そのままでよい様子。
 ……てな宙ぶらりんのところに、さまざまな依頼が舞いこんできて、これ幸いとお金を使ってみるのですが……さてどうなるやら。
 ぜひ、新刊書店でお買い求めください!

 ネットに画像がないので、撮影したものをアップします。
b0122645_15415377.jpg


 帯のない、室谷雅子(のりこ)さんの絵がしっかり見える画像です。
b0122645_15413550.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-02-08 15:42 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

ともかく、頑張りまっす!

 いま、新作を猛スピードで書いてます。ノッてきました!
 1月は、新作の執筆が進みませんでした。新シリーズのプロットも、まだできておりません。
 中旬にひと仕事終えてからの外出は、肺ガン健診、気功の会、日本文芸家クラブの理事会と新年会のみで、あとは家にいてゲラの直しのほかは、新作を執筆していたのです。(近所の買い物はのぞく)
 文芸家クラブの新年会は朝まで飲んでしまったのが失敗でしたが……。
 ドラマもアニメも見る余裕がないので、録画がたまっております。なのに、このていたらく。なにがいけないのか……。
 ともかく、頑張りまっす!

b0122645_04730100.jpg





 
by ashikawa_junichi | 2015-02-05 00:52 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

よいお年を♪

 昨日、赤瀬川原平の『新解釈さんの謎』で大笑いしたと書きました。
 もちろん、新明解国語辞典を読むだけでも面白いのですが、赤瀬川氏の文章の力で、それが大笑いになるのです。
 つまり、それを「文芸」というのでしょう。「文」の「芸」です。文学とか芸術というのではありません。「文芸」です。
 私も文章を書いて、なにがしかのお金を得ているのですから、その「芸」を磨かなくてはいけないとつくづく思います。
 才能が乏しいくせに、ついついほかに目が行って遊んでしまいがちです。心を入れ換えて精進努力しなくてはと自戒しています。

 今年は不調でしたが、みなさまのおかげでなんとか小説を書きつづけることが出来ました。
 来年は飛躍したいと願っていますので、なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。
 では、よいお年をお迎えください!

b0122645_17401374.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-12-31 17:40 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

新刊『花かんざし-同心七之助ふたり捕物帳』!

 わたしの新刊『花かんざし-同心七之助ふたり捕物帳』(ハルキ文庫・745円税込)が発売されました!
 頼りない弟七之助を助けるために、成仏できない姉の志保だが……。
 たくましくなってきた七之助を見て、もう大丈夫と思いきや!?
 姉の助けを受けて、事件を解決する南町奉行所同心七之助の活躍を描くシリーズの第4弾です!
 ぜひ、新刊書店でお買い求めください!

b0122645_18442897.jpg
 
by ashikawa_junichi | 2014-12-12 18:45 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

七之助シリーズの書店ポップと新作見本!

 歴史時代小説家クラブのプログを運営してくださったりと、いろいろお世話になっている作家の響由布子さんが、大宮の書店で、私のシリーズのポップを見つけたと写真を送ってくださいました。
 いやあ、これは励みになります。ATHINE(アシーネ)東大宮店の書店員のみなさん、ありがとうございます♪m(_ _)mm(*^ω^*)m
 送ってくださった響さんに感謝!m(_ _)m(^o^)

b0122645_1625321.jpg


 さて。この『同心七之助ふたり捕物帳』の新作第4巻が、再来週に発売になります。
 昨日、見本が届きました。加藤木麻莉さんの表紙絵は、素晴らしいですね♪ 中身も、この表紙絵に負けていないと自負しております♪
 発売されたら、また告知いたします!

b0122645_16281829.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-12-07 16:32 | 小説・本・仕事 | Comments(2)

不調は脱したかな?

 やっと新作を書き終えました。なんか、ほんと、やっとという感じ。
 6月7月8月9月と、なんと4カ月も不調がつづいておりました。やっぱりねえ、暑いのは駄目ですわ。
 いや、そういう問題じゃないのかな……。
 ともかくも不調は脱した(かもしれない)ので、これからはバリバリ書きますぞお(書きたいぞお)!!!!

 なんか画像がないと淋しいので♪
b0122645_21142551.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-10-24 21:11 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

ひぃひぃいって書いてます

 不調は脱したのだろうか……いや脱してはいないような気がしますが、そんなことをいってはおられない状況になっているので、ひぃひぃいって書いてます。
 こんな状況下で書いていると、ひどい内容になるのではないかと危惧される向きもおありでしょうが、いままでの経験だと、かえってよいのですよ。妙なことなんですがね。
 今回もそうなるだろうと信じて、ひぃひぃいって書きましょうぞ!

※脈絡なく(ぼくの)永遠のマドンナの画像をアップ!
b0122645_1224244.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-10-12 01:20 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

現状報告とあれこれ

 仕事ですが、絶不調だったのが、なんかと不調までに回復してきました。
 さて、スピードアップ!というときに、いろいろと行事や雑用が。
 なんとか、そうしたことをこなしながら、邁進いたします! んがー!

『アオイホノオ』の再放送をBSジャパンでやっております。
 最初のシーンは、DAICON3のアニメを見てショックを受けるところからで、それから1年半さかのぼって話は展開したんですね。
 そしてモユルのグループの作ったダメドラマのセリフが最終回で……こりゃあ、再放送も見なきゃ。

 なんですね『妖怪ウォッチ』って、息子に聞くと、大人にしか分からない仕掛けやギャグが満載だそうですね。そして子どもにも面白い。
 人気が社会現象までになっているのは、そうしたことがあるからなんですねえ……。

『深夜食堂3』の放送は21日からですか。20日深夜といったほうがいいかな。(関東では)
 小林薫演じる店主の親爺や、松重豊演じるヤクザ屋さんたち常連客に、また会いたいですねえ。
 オダギリジョーはもう出てこないですよね。残念ですが仕方がないです。
 主題歌が変わるそうです。高橋優の新主題歌はどうなんでしょう。聴くのが楽しみでもあり、怖くもあります。

b0122645_0224460.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-10-09 00:23 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

『第60回江戸川乱歩賞』パーティー

 いやはや昨日は蒸し暑かったですね。
 その蒸し暑い中、ゆっくり歩いて汗をなるべくかかないようにして電車に乗って有楽町へ。聖さんとhanaさん(気功の師匠)と待ち合わせて帝国ホテルへ。
 hanaさんの足が速いので、それに合わせて歩くだけで、けっこう汗をかいてしまいました。hanaさん、元気だ。

 江戸川乱歩賞は60回の節目を迎えました。賞として還暦です。
 授賞作『闇に香る嘘』を書かれた下村敦史さんは、乱歩賞に9年間応募しつづけ、今回を含めて5回最終候補に残るという猛者です。
 最終候補に残るというだけで実力があるわけで、それが5回というのですから、これからの飛躍が期待されて当然です。しかも、まだ33ですからね。
 授賞の挨拶をした下村さんは、わたしが見たこれまでの受賞者の中ではもっとも緊張していて、その分フレッシュでした。

b0122645_15215769.jpg


 いろいろなかたと歓談して、あっというまに2時間が過ぎました。
 聖さんが、以前によくいっていたジャズバーへいこうというので、少人数で移動。
 金曜ということもあり、銀座は混んでました。ジャズバー『CANDY』も、入った当初はすいていたのに、いつのまにか満員でしたよ。

b0122645_1523650.jpg


 そのあとは終電前に大人しく帰りました。ちょっと酔っぱらっていて居眠りしたせいで、山手線を一駅乗り過ごしてしまいました(^o^;)
by ashikawa_junichi | 2014-09-06 15:24 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

新作『迷い路-同心七之助ふたり捕物帳』発売!

 本日、わたしの新作『迷い路-同心七之助ふたり捕物帳』(ハルキ文庫・745円税込)が発売されました!
 とはいっても、全国に出まわるのは来週頭かもしれません。
 弟・七之助が心配で成仏できない姉の志保ですが、ずいぶんと七之助が頼もしくなってきました。
 安心したのも束の間、今度は自分の恋した人に気がかりなことが!?
 さてさてどうなるのか!? ぜひ、新刊書店かネットでお買い求めください!

b0122645_17114278.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-08-09 17:13 | 小説・本・仕事 | Comments(0)