カテゴリ:人生( 51 )

浦安へ

 母方の伯母がなくなり、昨夜は通夜、今日は告別式に参列してきました。
 会場は浦安市斎場です。舞浜駅からバスと歩きで15分の場所にあります。
 ディズニーランドへいく沢山の人たちと一緒の電車に乗って、淋しい場所にある斎場へ向かうのは、妙な心持ちでしたよ。

 伯母がなくなって、気がつけば、ブラジル移民の叔父の生死が分からないほかは、親戚のおじさんおばさんは、すべて他界してしまいました。改めて歳を感じました。
by ashikawa_junichi | 2015-01-17 23:37 | 人生 | Comments(0)

時の流れ

 昨日、夜久弘さんの訃報に接しましたが、夜久さんは、私の日本文芸社時代の上司にあたります。
 私と推理作家の矢島氏が『週刊漫画ゴラク』編集部に入った当時、三人のデスクがいたのですが、その一人が夜久さんでした。
 三人のうち、二人はすでに他界しており、最後のひとりである夜久さんも亡くなったのです。
 時が確実に流れていることを実感します。

 年初に暗い話を書いてしまいました。
 せめて、最近のまめの写真で和んでください。

b0122645_047295.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-01-06 00:48 | 人生 | Comments(0)

蝋燭は一本

 去年還暦を過ぎているので、今年の蝋燭の数は一本。

b0122645_23263691.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-07-07 23:27 | 人生 | Comments(3)

鈴木都議の記者会見を見て思ったこと

 鈴木章浩自民党都が、性差別ヤジをいったと認めましたが、苦しいいいわけばかりですね。
 なぜ、もっと正直に心情を吐露しないのか……それは、自らの心を省みていないからでしょう。つまり、なんとか切り抜けようとしているだけ。本当に反省なんかしちゃいない。
 記者会見は、あまりに見苦しかったです。
 本当に反省しているのなら、

「私の中に、女性差別の心があることを、このたびのことで思い知りました。女性は家にいて子作りと子育てに励めばよい。働きたいなんて贅沢だ。早く結婚して子を産め!
もし、働かないと暮らしていけないのなら、そんな貧乏な家庭のことなんか、知ったこっちゃない……
というような尊大な気持ちが多少なりともあったせいで、あのようなヤジをいってしまいました。
そのような気持ちと正面から向き合い、差別感情をなくしていくことを、これから胆に銘じていくことを誓います」

 とかなんとかいってくれたら、見直したのに。
by ashikawa_junichi | 2014-06-23 16:44 | 人生 | Comments(0)

五月祥子さんへのはなむけに

 作家で陶芸家の五月祥子さんが10月に亡くなったことを、昨日ダーティ・松本さんから教えていただきました。
 講談社X文庫・ティーンズハートで活躍されたあとは、ご主人の沼礼一氏と組んで沼五月という名前でミステリーを書いておられました。
 最近は、小説から離れて陶芸に熱中されていたのですが、闘病生活を送っておられたことは知りませんでした。
 すでに、近親者によって葬儀は済んでいるそうです。

 わたしが五月さんと初めてお会いしたのは、漫画ゴラクの編集者時代で、30年ほど前のことです。
『放課後ナナ』の漫画原作を書いていただきました。(絵は地引かずや氏)
 その後、わたしが会社を辞めたあとは、沼さんの編集されていた雑誌で、わたしが仕事をしていた関係もあり、よく五月さんと沼さんが住まわれている吉祥寺までいって、お酒をご一緒したものです。
 ここ十数年は、わたしが小説の仕事など、なにかと忙しくなってしまったので、お会いする機会もなくなっていました。4年前に、六本木で開かれていた陶芸展にお邪魔してお会いしたのが最後となってしまいました。

 五月祥子名義としては『ハロウィン殺人事件』『怨霊ビルに気をつけて!』『春休みには殺人事件!』(いずれも講談社ティーンズハート)などを上梓し、沼五月名義では『松本城殺人事件』『白骨温泉殺人事件』などを上梓されていました。

 20年近く前の五月さんの初めての陶芸展で、大きな皿と茶碗をひとつずつ購入させていただいたのですが、それが形見となってしまいました。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。

 メリー・ホプキンの『Those were the days/悲しき天使』を貼ります。
 聖さんの今日のブログに、ダニエル・ビダル版がアップされていたので、実に懐かしくなりました。そして、若いころにともに漫画のために闘った(ちと大げさかな)五月さんへのはなむけにしたいと思います。


by ashikawa_junichi | 2013-11-01 23:54 | 人生 | Comments(2)

訃報

 岩谷時子さんが逝去。享年97。
 ルー・リードが逝去。享年71。
 お二方とも、先行世代ではありますが、お創りになったものを享受した世代だけに、感慨深いものがあります。  いや、ルー・リードはほぼ同世代か。青春期に同じ時代の空気を吸っていたのですから。コンサートも一回だけですが、いきました。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。

 プロットを作らなきゃならないのだけど、どうも停滞。頭も身体もよどんでいます。
そんなわけですから、気功でリフレッシュしてまいります。
 気功というと、怪しいと思うかたもおられるかもしれませんが、呼吸で身体を整えるものです。2時間半、気功をして身体を活性化してまいります。

b0122645_15112610.jpg

 
by ashikawa_junichi | 2013-10-28 15:11 | 人生 | Comments(0)

たまたまSKEの曲を聴いて思ったこと(当たり前のことだから読まないでもいいです)

 ♪夜空いっぱい星の光 滝のように落ちる 深い暗闇がいくつあっても憂鬱にならない 見えるものは輝きだけなんだ……♪
 むはー、これはSKE48の曲『なんて銀河は明るいのだろう』という歌の一節です。
 ♪目の前には無限の未来だけ♪……こう思えたらいいなあ。夢幻の未来だけ見えてもしかたありませんが(^o^;)

 48グループの曲の歌詞は、ほとんど(というか全部?)秋元康氏が書いているそうですが、常に前向きな元気のある曲ですね。
 こうした歌詞を、をずーっと書きつづけているのが凄い! 人生そんなもんじゃないと思いつつも、常に前向きなら、なんとかなりそうな気がしてきますよね。
 AKBの高橋みなみが、去年まで総選挙で「努力は必ず報われる!」と叫んでましたが、これは本当だと思いますよ。
 ただ、望んだことが成し遂げられるとはかぎりません。夢は必ず叶うとはかぎりません。
 でも、失敗しても挫折しても、努力したことは、いつかはなんらかの形で報われるときがくるってことです。


 まあ、そう思わないと辛すぎるからってこともありますが(^o^;)

 AKBの『恋するフォーチュンクッキー』なんて、常に笑顔でいればいいことがあるって歌詞ですよね。人生捨てたもんじゃない……って。
 でも、なかなかいつも笑顔ではいられません。でも、笑顔でいる努力をしなくっちゃ。


 なんで、こんなこと書いてるんだろう……。そんな気分ってことで(^^ゞ 

 なんか当たり前のこと書いてるなあって思われそうなので、拾いもの画像をひとつアップ!

b0122645_216367.jpg

by ashikawa_junichi | 2013-08-31 02:17 | 人生 | Comments(0)

還暦だ

 暦が一巡りするという意味では、すでに正月に還暦を迎えているわけですが、現代では誕生日で還暦ということのほうが一般的ですね。
 というわけで、今日でわたしは還暦を迎えました! えへん(^-^)
 ここまで大過なく生きてこられたことを感謝いたしますm(_ _)m


 んで、還暦の爺さんが日づけ変わって最初にしたことは、今日から始まった『"物語”シリーズ セカンドシーズン つばさタイガー』を観たことです。
 これからスポーツニュースなど観てから、シャワーを浴びて、焼酎&ソーダを呑みながら『ルパン、最後の恋』を少し読んで寝ます。
 そして、起きてからはゲラと格闘です。
by ashikawa_junichi | 2013-07-07 00:31 | 人生 | Comments(8)

俺はまだガキだった

 今年、還暦を迎えることを年賀状に書いたら、映画評論家の北川れい子さんに活を入れられました005.gif

 
b0122645_16345911.jpg


 なんだか元気が出てきましたぞ!029.gif
by ashikawa_junichi | 2013-01-05 16:38 | 人生 | Comments(4)

そういえば

 元旦で、私は還暦を迎えました。
 わはは。
 まあ、現代では誕生日(私は7月7日)に還暦というイメージが強いようですが、巳年に生れ巳年になったんだから、もう一巡してしまったわけです。
 とつべつなことはしませんが、ひとり還暦まで生きた喜びをかみしめております。うふふ。

 ……というのは3分の2くらい嘘。こんなに生きちまったぜ、歳とったなあという嘆きのほうが大きいヽ(´・`)ノ

b0122645_13522258.jpg

by ashikawa_junichi | 2013-01-04 13:53 | 人生 | Comments(4)