カテゴリ:禁煙( 14 )

煙草との不幸な関係

 ジブリアニメの『風立ちぬ』に日本禁煙学会がもの申したそうですが……時代背景もありますしね、文句をいうほどかと……子どもを対象にしたアニメというわけでもありませんしね。
 いや、まだ未見なので、はっきりしたことはいえせんが。

 ただ、以前にNHKでジェレミー・ブレット版のホームズものを放映していたとき、とんでもない新聞投書を読んで唖然としたことがあります。
 投書をしたのは、中高生の子どもがいる母親で、子どもと一緒に見ているので、喫煙シーンを出さないように出来ないかというものでした。
 煙草を吸わないホームズというのは、想像しがたいものがありますよね。コカインもですが、さすがにそっちはぼかしていました。ナレーションで「(地方に)保養にきたのは、コカイン中毒になったので……」と出てきましたが。
 煙草の害は親が教えればよいことで、アニメやドラマのシーンについてとやかくいうのは、ちょっと筋違いな気がします。

 さて。これからはあくまで個人的なことですが、ドラマやアニメに喫煙シーンが出てくると、胸が苦しく、ほんの少しですが気持ち悪くなってきます。
 なぜかというと……私と煙草の付き合いが不幸に終わったからです。
 一日一箱か二箱くらいなら、煙草を美味しくのめて、よい付き合いが出来たのでしょうが、三箱、四箱となると、もう旨いのは最初の一本くらいで、あとは惰性でした。気持ち悪いのに、吸わないといられない……。
 いつも喫煙場所を探しているという、煙草の奴隷のような状態になってしまい、しかも、吸っても旨くもなんともなく、逆に気持ちが悪くなる……このような状態から、煙草というものから逃げようとして、ついに断煙にいたったわけです。(詳しいことは、このブログの「禁煙」にまとめてあります)

 いまでも、煙草を吸っている光景を見ると、呼吸が苦しくなる気がします。胸も痛いような……。後遺症でしょうか。
 つくづく煙草との関係は不幸だったなあと思います。
 なにごともほどほどにですね。
 だから、一日10本~20本と、煙草とよいつきあいをしているかみさんに、やめろとはいいにくいです。たまにいってしまいますが。煙いから。
by ashikawa_junichi | 2013-08-15 18:21 | 禁煙 | Comments(0)

眠い……煙草吸うと眠気吹っ飛ぶ!?

 またまた眠い! やっぱり眠い!
 いかんなあ……ふう(´ー`)
 喫煙していたころは、眠いと煙草をバカスカ吸って眠気を取ろうとしていたものです。あれは効果があったのかな?
 少しは、あった気がしますね。脳や身体をニコチンやタールが刺激してたんだ、きっと。
 そういえば、スティーヴン・キングが煙草を止めたら、原稿を書くスピードが落ちたとエッセイで書いてましたね。あれは脳のどこかを刺激してたんですね。眠気にも創作に関する場所にも、煙草はなんらかの影響を与えていたわけです。
 ……なんでこんなことを書いてんだろう。煙草をまた吸いたくなった? ノーノー! そんなことは一切ございません! 二度と吸いたくありません!!!!
 煙草を止めたのは日韓ワールド杯があった年、2002年の8月です。ということは、もうすぐ10年! 禁煙記念日に書くことを、もう書いてしまった。どうせまた記念日には書きますけどね。
 10年目の記念日はどうするか? 煙草を吸って祝う? ノーノー! そんな莫迦なことは冗談でもしません!

 ところで、矢〇俊彦氏が、どこかで「禁煙していたけど、それは意志の強さを示すためであって、もう〇年経ったから吸うぞ」というようなことを書いておられたと記憶しています。
 でもねえ、一生吸わないのなら意志が強いと認めますけど、再び吸ってしまったら、何年止めていたとしても、意志が弱いってことですよ。〇年止めていられたってだけでね、結局は、また吸ってんだから。煙草を吸いたくなった言い訳でしかないですよね。

 わたしは『禁煙セラピー』を読んだことと、ヘビースモーカーだったからこそ、止められたのですが、大切なのは「意志で煙草を止める」なんてことをしなかったことです。
 くわしくは、このブログの右下で「禁煙」というカテゴリで検索していただければ、出てきますよ。
by ashikawa_junichi | 2012-06-22 23:14 | 禁煙 | Comments(2)

昨日は記念日だった!

 昨日は、禁煙記念日でした。
 2002年8月27日です。9年が経ったのですねえ……。
 吸収された煙草の成分が体から消えるのは、喫煙年数(29年)と同じ年数かかると言われていますから、あと20年かかります(^o^;)
 それにしても、いまはすっかり煙草嫌いなんですが……かみさんは、まだ吸ってるんですよねえ(-o-;)
by ashikawa_junichi | 2011-08-28 00:27 | 禁煙 | Comments(2)

禁煙について

 何年か前に「私がいかに禁煙に成功したか」というようなことを、ここに書きました。
 もしお読みになりたいかかたがおられましたら、ここ をクリックしてください。このブログの「禁煙」についてばかりを集めたページです。読む順序は下からです。
by ashikawa_junichi | 2010-08-28 20:58 | 禁煙 | Comments(0)

8年!

 昨日27日で、禁煙というか断煙(どっちでもいいですが)期間、満8年となりました。
 2002年の8月27日から煙草を吸ってないのであります!
 日韓W杯の年です。
 というわけで、お祝いに一本吸うかな……ってのは冗談。
 もうまったく吸いたいとは思わず、吸っているのを見るだけでも、なんだか口と喉がイガイガしてきます。ホントですよ。
by ashikawa_junichi | 2010-08-28 16:38 | 禁煙 | Comments(2)

断煙6年目(満6年経過)

 6年前の本日、煙草を止めました。
 もう6年も経ってしまったというのが実感です。
 その前に29年も吸ってたんだから、6年なんて大したことはないのですが……。

 ところで「禁煙」ではなくて「断煙」という言葉を使ってみました。
 以前、女性作家の方から、
「禁煙なんていうのは、一時的に止めたって言えることで、これから先、絶対に吸わない場合は、断煙というべきですよ」
 と、言われたことがあります。
 ふむ。煙草を「断つ」わけですね。

 もう、いまでは煙草の煙を嗅ぐのも嫌になりました。
 また吸う気は起こりません。
 いままで「禁煙」と言い「断煙」と言わなかったのは、また吸うかもしれないという気持ちが、どこかにあったからでしょうか???

 なんてことはありません。
 最近、ある作家さんが「断煙」と書いていたので、ああそんな言葉があったなあと思って、使ってみたのが真相です(^o^;) 
by ashikawa_junichi | 2008-08-27 17:24 | 禁煙 | Comments(2)

同じ表現

 今日届いた「日本推理作家協会報」に、各務三郎氏が『タバコは生活の句読点』と題したエッセイを寄稿されてました。
 その表現は、僕もずいぶん前から使っていて、このブログでも書きましたが、同じ表現をされていた重鎮がいらしたのですね!
 うまい表現を思いついたなと自賛していたのですが、あまり使えなくなってしまいました。真似したと思われそうですもんね(^o^;)

 まあ、以前からよく言われていた表現なのかもしれませんが。
 だって「句読点」そのものですから。
by ashikawa_junichi | 2008-04-08 21:30 | 禁煙 | Comments(0)

禁煙のこと(補遺)

 禁煙したあと、例外なく、みなさんご飯が美味しくなるようです。
 僕もそうでした。
 とにかく、炊いた米が旨いんですよ。
 いきおい、バクバク食べることになり、体重が増加します。僕の場合は、いきなり6キロくらい太りました。
 これから禁煙する方は、くれぐれも禁煙後の食べ過ぎには注意してください。
by ashikawa_junichi | 2008-04-06 14:33 | 禁煙 | Comments(6)

禁煙のこと⑤最終回

 煙草を止めて、もっとも戸惑ったのは……一日の句読点がなくなったことです。
 なにかしたあとに一服、またなにかして、一服。
 それまでの僕の生活は、常に煙草とともにありましたから、区切りごとに一服という習慣が根強くついていました。
 それが、突然なくなってしまったのですから、区切りがなくなってしまったような、なんとも居心地の悪いことになってしまったのです。
 これは慣れるしかありませんね。

 戸惑いは、まだありました。
 上映前の映画館のロビーで途方に暮れてしまったのです。
「ここで、俺は一体なにをすればいいのだ?」
 以前は、コーヒーを飲みながら、煙草の吸い溜めをしていました。予告編のあいだも、本編が始まるぎりぎりまでロビーで煙草を吸っていました。
 冷静になれば、コーヒーは劇場の椅子に座って、予告編を見ながら飲めばよいのです。そうか、そうすれはよいのだ!と気づいたときには、自分がいかに煙草に振りまわされていたかを痛感したものです。

 そんなことに気づくことが、禁煙を始めたころは、実に楽しかったです。
 煙草って、生活に多くの影響を及ぼしているんですね。

 危機もありました。
 禁煙当初は、酒の席で、
「吸いませんか?」
 と、わざと煙草を差し出されても、にこやかに断りました。
「その手には乗りませんよ」
 てなもんです。
 でも、しばらく経ったころに、また薦められたら……吸ってしまっていたかもしれません。余裕が出たころがあぶないです。
 そのあぶないころ、僕の禁煙など、みなさん念頭になくなっていたようで、薦められずに済みました。
 ただ、そのとき、涎を垂らさんばかりに、テーブルの上に置かれた煙草のパッケージを見ていたことでしょう。それも気づかれずによかったです。

 酒は理性を鈍麻させますから、欲望に負けやすいのですね。
 麻薬中毒だった人は、酒も飲めない……ということを、翻訳小説で知りました。いったん中毒になったら、一生、誘惑と闘わなければならず、理性のタガを外す酒などはもってのほかというわけです。

 ちなみに、煙草を薦めてくれた人は、作家の稲葉稔さんです。あぶないときも、稲葉さんの煙草を見てました。あのとき、稲葉さんが、
「一本吸います?」
 なんて訊いてきたら、おそらく吸ってしまったような気がします。
 あぶない、あぶない。
by ashikawa_junichi | 2008-04-06 08:07 | 禁煙 | Comments(0)

禁煙のこと④

 禁煙してから一週間後に、初めて煙草を吸う夢を見ました。
 当時の日記には、
「青いジャケットの右ポケットに半分くらい入った煙草のパッケージとライターがあり、一本吸っていいよなと思うが、いやダメだという気持ちがわき出て来る。吸いそうになり、焦って目が覚める」
 と、あります。
 やはり、禁煙を楽しんでいるとはいえ、体と心が煙草を求めていたのでしょうか。
 以後、なんどか、煙草を吸いそうになる夢を見て、そのあと、実際に吸っている夢も見たことがあります。
 目が覚めて、ああ現実では吸ってないよなと思ってホッとしたものです。

 禁煙二カ月後の10月に、出身高校の同窓会があり、幹事が僕らの年次だったので、同期の卒業生が沢山集まりました。
 二次会の会場は区の施設だったのですが、宴会場は禁煙です。かなりの人(主に男性)が、煙草を吸うために、廊下の喫煙場所に移動しては戻ってきます。それを見て、ああ、僕はなんと楽になったのだろうと、勝手な優越感に浸ったものです。

『禁煙セラピー』には、煙草の代用品は使うな、と書いてありましたが、どうにも口元が寂しくて、ガムを噛んだり、パイポを吸ったりしました。パイポを煙草と同じように深く吸って吐くと、気持ちがよかったです。けっきょく、僕はパイポで、喫煙の欲求を誤魔化していたのでしょう。
 ダーティ松本さんは、昆布がよかったと書いておられます。酢昆布でしょうか……僕は、まったく思いつきもしませんでした。さすが、奇想の天才漫画家の発想です。

 次回は、禁煙したことによる戸惑いです。おそらく最終回です。
by ashikawa_junichi | 2008-04-05 14:29 | 禁煙 | Comments(0)