カテゴリ:いただきもの( 300 )

千野隆司さんの新刊『鬼婆の魂胆-雇われ師範・豊之助』!

 千野隆司さんより新刊『鬼婆の魂胆-雇われ師範・豊之助』(双葉文庫・640円税込)をいただきました!
 仇討ちの父子を道場に居候させていた豊之助は、その仇が江戸を騒がす火付け盗賊の一味の頭だということを突き止める!
 いっぽう、中西道場から、豊之助を本部道場に復帰させようという声が聞こえてきた!
 爽やかな好評シリーズの第六弾です!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めの上、お読みください♪

b0122645_1111181.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-07-17 01:12 | いただきもの | Comments(0)

朝松健さんの新刊『アシッド・ヴォイド』!

 朝松健さんより新刊『アシッド・ヴォイド』(書苑新社・2376円前込み)をいただきました!
 日本におけるクトゥルー神話の大家・朝松健さんの最新短編集です。
 収録作品は『星の乱れる夜』『闇に輝くもの』『ゾスの足音』『十死街』『空のメデューサ』『球面三角』『Acid Void in New Fungi City』
 タイトルを見ただけで、なんだかゾクゾク、ワクワクしてきますよね♪
 ラブクラフトはもちろん、ウィリアム・バロウズへ捧げた書き下ろし作品まで。
 ぜひ新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_1857462.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-06-26 18:59 | いただきもの | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『出世侍(四)-正直者が損をする』!

 千野隆司さんより新刊『出世侍(四)-正直者が損をする』(幻冬舎文庫・702円税込)をいただきました!
 川端藤吉は、旗本の小出家で上役の妨害にもめげずに職務と武芸に励み、当主の信頼を勝ち得ていった。そんなときに、将軍家御目見の地位にある新御番衆の旗本から婿入りの誘いがかかる。
 婿入りはさらなる出世となるのだが、新婦となる娘は重い病にかかっていた……。
 好評シリーズ第四弾は悲痛の展開!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_252541.jpg

                                                                                           
by ashikawa_junichi | 2017-06-14 13:30 | いただきもの | Comments(0)

聖龍人さんの新刊『ぼんくら同心と徳川の姫-若さまは恋敵』!

 聖龍人さんより新刊『ぼんくら同心と徳川の姫-若さまは恋敵』(コスミック・時代文庫・702円税込)をいただきました!
 北町奉行所のぼんくら同心・喜十郎と、一膳飯屋の女中・お松(実は一橋家のお姫さま)との恋は、なかなか進展せず。
 お松は正体不明の敵に狙われているので、自ら身を引こうと思っているのだが、彼女の前に某藩の
魅力的な若さまが現れた!?
 ど、どうなる!?
 人気シリーズの第五弾です!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪
b0122645_1740023.jpg

                                                                                           
by ashikawa_junichi | 2017-06-04 17:40 | いただきもの | Comments(0)

細谷正充さん編集の新刊『西郷隆盛-英雄と逆賊』!

 細谷正充さんより新刊『西郷隆盛-英雄と逆賊』(PHP文芸文庫・713円税込)をいただきました!
 2018年のNHK大河ドラマは西郷隆盛なんですね! 
 作者は池波正太郎、植松三十里、海音寺潮五郎、南條範夫、古川薫という錚々たる面々。
 西郷隆盛を取り巻く、盟友や家族など、さまざまな人物の目を通して、各作家が西郷隆盛の実像に迫っています。
 幕末史に欠かせない西郷隆盛の魅力を味わえるとともに、大河ドラマの予習にもなります。文芸の目利きである細谷さんならではの骨太で豪華なアンソロジーです。
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪

b0122645_23243191.jpg

                                                                                           
by ashikawa_junichi | 2017-05-15 23:39 | いただきもの | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『決意 平之助事件帖2』『名月の出会い-次男坊若さま修行中』!

 千野隆司さんより新刊を2冊いただきました!
 まずは……
決意-長谷川平蔵人足寄場 平之助事件帖2』(小学館文庫・659円税込)です!
 この作品は、評論家の縄田一男さんの帯文を紹介するのがなによりでしょう。
『「千野隆司の鬼平なら読んでみたい。そんな思いに駆られてページを開くと、やはり期待通りの傑作だった』
 これ以上ない評価です!
 絶好調シリーズの第二弾♪

b0122645_0112286.jpg


 さて、もう一冊は……
次男坊若さま修行中-名月の出会い』(コスミック時代小説文庫・680円税込)です!
 安房館山藩の部屋住みである次男坊の若さま・正高は、女郎・浜里ことおたゑに心惹かれているのだが、その浜里に見受け話が!
 そして、正高にも美貌の娘との縁談が持ち上がり!?
 二人の女性のあいだで揺れ動く正高だが……さて、どうする!?
 こちらも大好評シリーズ、第三弾!

b0122645_0114316.jpg


 どちらも、ぜひ新刊書店などでお買い求めください!
                                                                                          
by ashikawa_junichi | 2017-05-15 00:11 | いただきもの | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『泣き虫大将-雇われ師範・豊之助』!

 千野隆司さんより、新刊『泣き虫大将-雇われ師範・豊之助』(双葉文庫・660円税込)をいただきました!
 神田上水の堀の決壊は、人災なのか!?
 雇われ師範の豊之助は、町奉行所同心の北山は、その真相究明に乗り出すが!?
 好評シリーズ第5弾です!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪

b0122645_152051.jpg

                                                                                             
by ashikawa_junichi | 2017-04-27 01:18 | いただきもの | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『入り婿侍商い帖-出仕秘命(三)』!

 千野隆司さんより新刊『入り婿侍商い帖-出仕秘命(三)』(角川文庫・734円税込)をいただきました!
 勘定奉行・大久保忠信の悪事を暴こうとして兄を殺された角次郎は、妻のお万季とともに、大久保を追い詰めていく。すると、浮かび上がってきたのは、大目付の用人頭だった!?
 夫婦の情愛をしっとり描きながら、巨悪との壮絶な闘いが展開します。
 大好評のシリーズ第9弾です!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪

b0122645_23524524.jpg

                                                                                             
by ashikawa_junichi | 2017-03-29 23:53 | いただきもの | Comments(0)

細谷正充さんの新刊『歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100冊ガイド』!

 細谷正充さんより新刊『歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100冊ガイド』(河出書房新車・1728円)をいただきました!
 帯には「ネタバレ御免!でぶっ飛べる!!」とあります。つまり、ネタを知ってから読んでも、まったくその興趣を減じないほどの傑作ばかりを紹介されています。
 歴史・時代小説をあまり読んでいないかたは、これから読むための格好のガイドになります。たくさん読み込んでいるかたには、この作家のこの作品が選ばれているぞ!!という新鮮な驚きがあるでしょう。
 ぜひ、新刊書店などてお買い求めください!!

b0122645_22472819.jpg

                                                                                            
 
by ashikawa_junichi | 2017-02-25 22:48 | いただきもの | Comments(0)

細谷正充さん編集の新刊『井伊の赤備え-徳川四天王筆頭史譚』!

 細谷正充さんより細谷さん編集の『井伊の赤備え-徳川四天王筆頭史譚』(河出文庫・842円税込)をいただきました!
 現在、NHK大河ドラマでは『おんな城主 直虎』を放送中ですが、その井伊家を扱った短編のアンソロジーです。
 井伊家は名門とはいえ、戦国時代は大国の脅威にさらされ、徳川の世になってからは、外様として仕えました。そして苦難を乗り越えて、家臣の筆頭格になり、幕府に貢献しました。
 そんな井伊家の維新後までを描いた傑作七篇が収録されています。
 作家は、柴田錬三郎、徳永真一郎、山本周五郎、滝口康彦、山田風太郎、東郷隆、浅田次郎という錚々たる面々です。
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!

b0122645_19195227.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-02-15 19:22 | いただきもの | Comments(0)