カテゴリ:四方山話( 490 )

『的を得る正統論を滅ぼすためのブログ』!

 以前、ここに「的を得る」は間違いで「的を射る」といわなくちゃならない! と、書きましたが、三省堂国語辞典などでは「得る」でいいという見解でした。(もともとは間違いだと主張していたのを転向)

 わたしは、以前、亀田誠治氏に「的を得るというのは、間違いだ」とツイートして無視されました。(後に謝罪ツイート。これも無視されましたが、まあ、相手は有名人で格が違うし、忙しいのでしょうからしかたありません)

 今日は『ミヤネ屋』で、宮根誠治氏が「的を得る」といっているのを聞いて、やはり違和感を抱いてしまいました。

 言葉というものは変化するものだし、そのときどきで大勢の人が使っていれば、それでいいんじゃないのというのが、国語学者金田一先生などの見解です。
 いまでは、わたしもそうだろうと思いますし、わたし自身、ほかの言葉で間違ったいいかたや読み方をたくさんしていますので、もうこの問題はいいかなと思っていたのですが……。(三省堂は、変化したのではなく、もともと「得る」でよいという見解です)

 この問題で、戦いつづけているかたがおられます。
 広く世間に知らしめてほしいというメッセージをいただきましたので、ここに紹介させていただきます。
 そのかたは『スライム国』というかたですが、もちろん『イスラム国』を支持しているわけではなく、その逆のようです。(ポケモンが由来だそうです)
 ここ↓です。ぜひ、ご覧になってください。

的を得る正統論を滅ぼすためのブログ
by ashikawa_junichi | 2016-01-20 16:06 | 四方山話 | Comments(3)

ギタリストの左腕

 先日、テレビの歌番組を見ていたら、HYという沖縄のグループのギタリストの左腕に時計が!(かなりよい時計に見えました)
 あんまり見ない光景でしたが(というか、わたしは初めてのような気が)、ライブで時計をしているギタリストって、けっこういるのですか?
 ブレスレットをしている人は多いですよね。

 時計といえば、勤めていた出版社の漫画編集部の先輩に、右腕に時計をしていて、文字盤を手首の内側に向けているM村さんという人がいました。
「これなら、右手で文字を書いている途中でも、目を少し動かせば時間が分かるだろ。あと、どのくらいで書き終わらなければならないかすぐに分かるから便利だよ」
 と、いってました。
 書いている手ですから、時計が重く感じられないかなあと思ったものです。真似はしませんでした。
 M村さんは、20代後半の若さで癌で亡くなってしまいました。推理小説の短編が、没後に文庫アンソロジーに掲載されましたが、生きていたら、作家になっていたかもしれません。残念です。

 写真は、浜町公園の空。

b0122645_2136882.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-12-30 21:36 | 四方山話 | Comments(0)

視覚の人 聴覚の人

 まど・みちおは、徹底的に視覚の人で、音楽も目で見たいといったそうです。(NHK『日曜美術館』における谷川俊太郎氏の言葉)
 聴覚の人もいるようで、音楽家なんかそうなんでしょうね。
 実は息子も、聴覚の人です。漢字を覚えるときも、カッカッと文字を書くときの音で覚えるんだそうです。ホントかよ!? と疑いましたが、真面目な顔でいうから、本当なんでしょうね……。
 テレビを見て、ふと思い出したことでした。わたしはどうかというと……どっちかというと視覚かなあ。

 画像は、まめの近影です。見れば分かるか。

b0122645_18445743.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-12-27 18:46 | 四方山話 | Comments(0)

長髪時代

 今日24日は、忙しいけれど、床屋へいってきました。
 もう何か月も散髪していないのですが、1センチほど切って形を整えるだけにしてもらいました。
 耳に髪がかかると鬱陶しいのですが、顔がデカイので、少し長めのほうが顔の大きさをカバーできますからね。でも、長髪ではありません。
 以前、作家の柚木郁人さんに、最近まで長髪だったといったら、その写真を見せてほしいといわれ、免許証の写真を見せたことがあります。
 でも、あれは長髪ではまったくありませんでした。長い気がしてただけで、思い出すと恥ずかしい(^o^;)
 大学時代の写真を見てみると、当時は、本当に長髪でした。

 証拠の写真をアップします。ボケボケですんません。
 こうしてみると、長髪とはいっても、短めですね。
 股間にさす光は、アルバムを撮影したときに部屋の照明が反射したものです。心霊写真じゃありませんよ。

b0122645_21443291.jpg


b0122645_21444013.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-12-24 21:45 | 四方山話 | Comments(0)

昨夜は藤野千夜氏と溝口彰子氏のトークショーへ

 21日月曜日の夜は、下北沢へ。
 本屋B&Bで、藤野千夜氏と溝口彰子氏のトークショーを、かみさんと見てきました。
 藤野氏が、少女漫画に耽溺していた麻布高校時代の話は興味深かったです。教室にいるときは、周囲に気を張って息をつめていたが、漫研の部室だけはリラックスできたと。
 そして、溝口氏のBLについての定義は、なるほどと思いました。BLに出てくる美青年主人公は、どんなにワイルドな状況にあっても(アフリカのジャングルで冒険していても)清潔なホテルでシャワーを浴びて、ふかふかのベッドに寝なくてはいけない。
 という意味では、シャワーもなにもない場所で話が展開する藤野氏の『D菩薩峠漫研夏合宿』は、狭義の意味ではBLでないと。(広義ではBL)

 トークショーのあとは、近くの創作料理の店で打ち上げに参加させてもらいました。
 あっというまに深夜になって……。
 楽しい夜でした♪

 藤野氏は写真NG。ということは承知しているので、まったく写真は撮りませんでした。
 かわりに、またまた夜の浜町公園です。

b0122645_21412685.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-12-22 21:42 | 四方山話 | Comments(0)

モツ鍋に舌鼓、そしてアイドル共演に感激!

 16日水曜は、地元の「やっとこ」という居酒屋で、ダー松さんと目玉堂さんとモツ鍋をメインに、白レバーなどの焼き鳥、いぶりがっこチーズなどを食べました。
 久し振りのモツ鍋は、実に旨かったです♪、白レバーは初めて。とろっとろのレバーです。
 そのあとは、ショットバー『三番倉庫』へ。
 楽しくおしゃべりして、23時前にお開き。

 帰宅して、クラブW杯の結果を検索。サンフレッチェ広島が0-1でリバープレートに敗れたことを知り、がっかり。でも、準決勝までいったのは快挙ですね♪

 そのあと、録画してあったFNS歌謡祭を見たいところだけ観ました。
 いやあ、総勢99人のアイドルのコラボは圧巻でした。AKB48グループ、乃木坂、欅坂、ももクロ、モーニング娘。’15、゜C-ute、私立恵比寿中学、チームしゃちほこが、事務所の垣根を越えて共演。いやあ、いいものを観せてもらいました。感涙!
by ashikawa_junichi | 2015-12-17 01:55 | 四方山話 | Comments(0)

来週月曜は藤野千夜氏のイベントへ!

 昨日15日の夜は気功の会でした。3週間ぶりなので、疲れるかなと思いきや、それほどでもなく、リフレッシュできました♪

 さて。来週21日月曜日は、下北沢の本屋B&Bで『藤野千夜×溝口彰子「わたし」の語る過去の恋~秘密にしていた漫研時代』というイベントを観にいってきます。
 藤野千夜氏の自伝的BL小説『D菩薩峠漫研夏合宿』の刊行記念イベントです。
 ついに藤野氏も腹をくくったようで、自らの来し方を振り返る作業にとりかかったようです。本作は学生時代を、そしていま『小説推理』で連載している『編集ども、集まれ!』では、出版社時代のことを元にして書いています。
 これから、心は女性であるとカミングアウトし、姿も変え、それがもとで会社をクビになり、やがて芥川賞作家になるまでのことが書かれることでしょう。(現実そのままではなく、いくぶんフィクションだと思います)
 対談相手の溝口彰子氏は、BL論の第一人者で、藤野氏が指名したそうです。
 面白そうですね。お時間があったら、ぜひ、のぞいてみてください。席は1500円、ドリンク500円です。
 予約など詳しいことは、緑の文字をクリックしてください。

b0122645_212743100.jpg


 なぜ藤野氏のイベントへいく予定のことなど書いているかというと、前にも書きましたが、彼女は出版社時代の後輩なのです。(当時は「彼」でしたが)
by ashikawa_junichi | 2015-12-15 21:30 | 四方山話 | Comments(0)

ああ野坂昭如 そして『スペクター』

 野坂昭如氏が、9日亡くなったことを昨日知りました。85歳でした。
 中学時代に、氏の小説を読みふけっていました。 五木寛之氏と並んで、当時のわたしのヒーローでした。
 合掌。

b0122645_0382596.jpg


 昨日10日は、初めて新宿TOHOシネマズへいき、これも初めてのWiMAXで『007 スペクター』を観ました!
 なるほど、けっこうな迫力。
 相変わらずのアクションを楽しませてもらいました。それにしても、ブロフェルドの正体にはびっくり。

※タイトルは野坂氏の傑作『ああ水銀大軟膏』をもじりました。芸がなくてすみません。
by ashikawa_junichi | 2015-12-11 00:43 | 四方山話 | Comments(2)

気に入った傘の話

 痛かった膝は、もうほとんど回復しました。
 病院は混んでいたので、後日またと思いながら、まだいっておりません。
 仕事は、なんとか進み始めております。スランプというには、おこがましいのですが、どうにも調子が悪かったのです。体調はよいのですよ。(創作に関する)頭の具合がよくありませんでした。

 傘の話。
 気に入った傘だと、誰かが持っていってしまうことがよくあります。
 最近も、DPE屋の入口の傘立てに、3番目くらいに気に入っていた傘を差して1~2分後、出ようとしたらすでになかったことがあったのです。だから、ついつい安手の傘ばかり使うことになってしまいます。
 ただ、気に入った傘でも、あまり使わないと劣化します。20年以上前に買って、とても気に入っていたので使わずにいた紺色の傘は、柄の部分が脆くなってしまい、剥げてきてしまいました。テープで修正して、これから使うことにします。しかし、20年もしまいこんでいたとは……莫迦ですね(-o-;)

 画像は、かみさんにいたずらされて困惑顔のまめです。

b0122645_23283737.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-11-18 23:30 | 四方山話 | Comments(0)

『孤独のグルメ2』

 先週のことですが、池袋三省堂で『孤独のグルメ』の原作者・久住昌之さんのトークショーとサイン会がありました。『孤独のグルメ』好きのかみさんは、駆けつけて、サインをゲットしてきました。
 かみさんは友だちのあいだで、テレビの『孤独のグルメ』をシーズン1の初回から見ていることで、賞賛(?)されているそうですが、それはわたしが薦めたからです。原作漫画を読んでいたので、いち早く注目していたんですねえ♪ えへん( ̄^ ̄)
 まあ、それはよいとして、発売された(前作から18年ぶりの)『孤独のグルメ2』も、面白いです!

b0122645_16223462.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-10-22 16:26 | 四方山話 | Comments(0)