カテゴリ:四方山話( 490 )

申し訳ありません

 雨だと仕事しやすいなんて書いて、無神経でした。
 どうやら大雨になるようで、その中を出勤せねばならなかったり、仕事で外へ出る用の方もおいででしょう。
 家から出ないで仕事が出来るのをよいことに、勝手なことを書いてしまいました。
 まことに、申し訳ありませんでした。

 冠水したところもあるようですね。大きな被害が出ないとよいのですが……。
by ashikawa_junichi | 2008-04-17 17:50 | 四方山話 | Comments(2)

今日から天気が崩れるようで

 仕事をするには、いいかもです。
 晴天だと、つい外に出たくなっちまうので。
 昼夜逆転生活のときは、晴天だろうとなんだろうと、外へ出るとしたら夕方からだったので、どうでも良かったのですが、昼型になると、天気が気になりますね。
 どうも、仕事が捗らないのは、この昼型のせいのような気がしていますが、いまさら夜型にはしたくないので、このまま頑張りますよ!
 少ししたら、体も頭脳も慣れてくることと期待しております♪(ひとごとみたいですが、自分の体や頭なんて、そうそう自由自在には操れないですから)
by ashikawa_junichi | 2008-04-17 12:37 | 四方山話 | Comments(0)

コーヒー豆

 なんだかあっと言う間にコーヒー豆がなくなってしまいます。
 でも、飲むのは一日2~3杯。以前は7杯くらい飲んでいた時期もありましたが、最近はそれほど沢山飲んでません。
 なんでこんなにすぐなくなってしまうのか……と、思っていたら、豆がすぐなくなるのではなくて、月日が経つのが早いせいでした。
 つまり……歳のせいでした(^o^;)

 埃などは、ずいぶん積もったな、そうかこの前掃除したのは何日前だもんな……と、考えることが出来るのですが、コーヒー豆はなにも考えずに消費していたので、不意打ちでしたよ。
by ashikawa_junichi | 2008-04-16 17:02 | 四方山話 | Comments(0)

息子は花粉症ではなかった!?

 中一の息子のアレルギー検査が出ました。
 検査項目にひっかかるものなし!
 杉花粉も、ブタクサもなし。
 では、鼻ずるずるの目かゆかゆの症状はいったいなんなんでしょう?
「咳もしているから、風邪なんじゃないの。あるいは、検査項目にない物質のアレルギーかもねえ」
 てのが、医者の見解。
 見解もなにも、もっと検査してくれってなもんですが、町医者の先生は、とりあえず風邪の薬を出しとくわ、で終わりだったそうです。
 病院で、もっと検査してもらうべきなんでしょうか。
 とりあえず、様子を見ますけど。
by ashikawa_junichi | 2008-04-15 22:20 | 四方山話 | Comments(0)

あら?

 なんで掃除をしてたんだ!?
 仕事に戻ります!
by ashikawa_junichi | 2008-04-15 16:25 | 四方山話 | Comments(0)

足のサイズ

 このところ、義父の葬儀、四十九日の法要、息子卒業式&入学式と、革靴を着用する機会が増えていました。
 最近はまったく履いておらず、もう10年近く前に買ったディオールの革靴です。
 これがきつい。
 まあ、なんとか履いてられますし、革なので、徐々に足に慣れてきます。
 でも、さきほど見たら、足に革が合わせた結果、形が崩れてましたよ(^o^;)

 なぜきつくなり、形が崩れてしまったか……僕が太ったからですねえ。
 サイズは25.5から26だったのに、いまは26.5から27になってしまいました。太れば、足も大きくなるんだと、当たり前のことを実感した次第です。

 一昨年買ったスラックスのチャックが締まらないものなあ……。
by ashikawa_junichi | 2008-04-14 13:01 | 四方山話 | Comments(0)

復讐する人とセコイ人

 気分がダウン気味のときなどに、嫌なことを思い出すものですね。
 嫌な人間のことも思い出します。
 この場で吐き出すのも迷惑かもしれませんから、読まなくていいですよ(^_^;


 なにか不快なことを言われた場合、すぐ反撥せずに、あとで、仕返しをする人っていませんか。
 こっちは、わざと不快なことを言ったわけではないので、なぜ嫌なことを言われるのだろうと、わけがわかりません。
 もし、わざと不快にさせて、仕返しをされたのなら、どっちもどっちなのですが。

 ともかく、不快なことを言われたら、その場で怒ってくれればいいと思うのですがね。
 その場で言いそびれたら、改めて、
「ああ言われて、傷ついた」
 と言ってくれればよいのです。

 なんてことを、たまに思い出します。いまは、そうした人がまわりにいないので快適に過ごしていますが、そんなことが頻繁にあったときは、疲れました。

 嫌なことを言われて、僕がカッとなり、口論になったときに、
「あのとき、ああ言われたから、仕返ししたのさ」
 なんて言われたときには、ガックリしました。

 まあ、ある程度、歳をとると、なぜこの人は、わざと嫌なことを言うのか……と、考え、そうか、あの言葉がカチンときたのかもしれない、その復讐なのか! と合点がいくようになりました。
 それが分かってくると、楽になりましたが、わけがわからないときは、戸惑いましたよ。

 その前に、相手を不快にさせるようなことを言わないのが一番なのですが……なぜ、不快になるのか分からない、という場合もあります。
 こっちが鈍感なのか、相手がおかしいのか……難しいところです。


 さて。思い出しついでに、もう一つ困ったタイプが。

「○○君は■■なんじゃないのかな。なあ、そうだろ?」
 と、××さんに訊かれ、よく分からないから適当に、
「まあ……」
 とか、
「う~ん、そうですかねえ……」
 とかなんとか生返事を返していると、とんでもないことに。

 ○○君が、直接、僕に、
「俺が■■なんじゃないかって、お前が言ったそうだな」
 と言ってくれれば、
「そんなことは言ってないぞ。あ、いや、××さんにそう訊かれて、面倒臭いから否定はしなかったが」
 と返すことが出来ます。
 訊いてくれないと、○○君は、僕が悪口を言ったと思い込んだままになってしまいます。

 ××さんは、僕が○○君のことを■■だと言っていたぞと伝えていたのです。

 本当は××さんが言いたかったのでしょうが、直接自分の意見として言わずに、僕が言ったことにしたのです。

 これは、生返事をした僕がいけないのですが、××さんは卑怯ではありませんか?
 とはいっても、××さんはまったくの嘘をついたわけではないので、巧妙といえば巧妙ですね。セコイというべきか。

 こんな人を、一人知ってます。一人だけで良かった。……まだいるのかもしれず、気がつかないだけかも(((゜Д゜)))

 ともかく……はっきりと「僕には、○○くんが■■かどうかは分かりません」
 と言えばよいのですが、相手が目上だったりすると、歯向かうみたいで具合が悪く、迎合してしまいます。そんな体質も良くないですね(-o-;) 
by ashikawa_junichi | 2008-04-13 14:34 | 四方山話 | Comments(0)

ウィンザーノット

 息子の中学の制服は、ハルヒとキョンたちが通っている高校と同じで……
                ↑これはどうでもよろしい(^o^;)
 ブレザーにネクタイ着用なのです。女子はリボン。
 昨日、今日と、息子はネクタイ結びに奮闘していますが、毎朝は時間がないので、あらかじめ結んであるものを首にかけて締める、ということにするようです。

 滅多にネクタイを締めない僕も、昨日の入学式に締めましたが、締め方は簡単なやつ。
 ウィンザーノットも締められるぜと締めてみたのですが、果たして、本当にウィンザーノットなのかなと疑念が。
 さっそくネットで調べてみると……
 僕が締めたのは、ハーフウィンザーノットでした。 
 おお、この歳にして、初めてウィンザーノットを知りましたよ。
 普段、ネクタイをせねばならぬ時に締めている締め方は、シンプルノットというのも初めて知りました。

 スモールノットにクロスノットというのもあるんですね。

 おしゃれな方には常識なのでしょうが、僕にとっては新鮮でしたよ。

 ちなみに、息子はシンプルノットだと、背が低いのでネクタイが長すぎてしまいます。それで、今日はウィンザーノットにしてみました。これなら、少しは具合がよいようです。

 僕は中学のころは、詰め襟でした。着るのは簡単ですが、首は窮屈でした。
 でも、しばらくしたら前のフックは外したままで、いつのまにかカラーを取ってしまうわで、けっこう楽になった覚えがあります。本当は校則違反だったのでしょうけど。

 
by ashikawa_junichi | 2008-04-09 15:13 | 四方山話 | Comments(2)

中学校入学式

 あいにくの雨でしたが、息子の中学校の入学式がありました。
 僕の母校でもあるのですが、正確には違ってしまってます。少子化でほかの中学と合併したからで、名称が変わりました。それにともなって、当然、校章も校歌も変わり、同じ場所にあるけれど、別の中学になってしまってます。
 ちょっと寂しいですね。

 でも、合併したもう一つの中学のほうは、校舎自体もなくなってるんで、それよりもマシと言えましょうか。(まてよ、二つの中学だけでなく、もっとほかの中学も合併しているのかも)

 雨の中、帰ってくるときに、僕と息子が卒業した小学校の脇を通りました。
 冷たい雨に打たれて、桜も辛そうです。

 これも『春雨の桜花』であることに違いはありません。
 記念にパチリ。
b0122645_1336365.jpg

by ashikawa_junichi | 2008-04-08 13:27 | 四方山話 | Comments(3)

昼夜逆転生活

 大学時代から、夜型の生活になってます。
 授業はすべて昼過ぎからのものを受講するようにしていました。
 親父に、
「そんなことでは社会生活に支障をきたすぞ!」
 と言われていたのですが、入社したのが出版社で、漫画週刊誌担当。
 最初は、書店まわりや倉庫などに研修に行かされ、その時は9時出社。まあ、なんとか睡眠不足でもこなし、編集部に行くようになって、10時出社。それもなんとかこなしたあとは、担当する漫画家さんの生活に合わせた出社時間になりました。
 担当した漫画家さんは、だいたい夜型。
 ずるずると出社時間は遅くなり、一カ月に一回ある朝礼に出るのが苦痛で苦痛で。会社を辞めるころは、朝礼はまったく出ませんでした。
 いまではフレックスタイム制度になっているようですが、僕らも事実上、フレックスタイムと同じでした。遅刻した時間を、残業した時間で埋めることが出来たからです。

 出版社を辞めた当初の生活は目茶苦茶になりました。
 独身のせいもあって、いつ寝てもいつ起きてもよいわけですから、昼に寝て、夜に起きるとか、それがズレて、早寝早起きになり、またそれがズレて昼寝夜起きに……と、そんなグルグル生活がつづいたあと、規則正しくなったのです。
 朝方7時に寝て、午後3時~4時に起きるという規則正しさです。
「そういうのは、規則正しいとは言わないのだ」
 と、親父やほかの誰かに言われましたがね。

 さて。結婚してからもそれは変わらず。息子が生まれても変わらず。
 日曜もそうですから、一家で出かけられない。かみさんの不滿はたまっていたようです。
 日曜の公園は、父親が子どもを連れて遊ばせてますが、僕は寝ているから、かみさんがいつものように連れていくことに。

 そんなこんながたまりにたまって、かみさんが爆発! これではいけないと、少し早く寝るようにしました。
 朝方5時には寝て、昼には起きる生活です。
 これが僕の出来る限界……というのは甘えかもしれませんが、まあなんとかこれで許してもらえるかなと……。
 旅行へ行くときは、無理矢理早起きします。当然、睡眠不足ですが、期間限定なので頑張れます。

 まあ、ずっとこの状態がつづいていましたが、またかみさんが小爆発。
 夜中のほうが仕事が捗るのですが……。

 ところで、僕も歳のせいか、前言を翻すようですが、最近どうも夜中も仕事が捗らないみたい。あ、歳だけじゃなくて、深夜にアニメが多いせいもあるか! なぜか、近頃アニメ好きになっておるもんでして。

 どうしようかなあ……かみさんともめつづけるのも疲れたし……ここらでいっちょう、早寝早起き生活にシフトしようかなあ……と。
 となると、深夜のアニメは録画せねばならなくなり、面倒くさいことに。 
 ああ、どうしようかなあ………。

 ともかく、もう少し仕事しますね。今日も、4時すぎに寝ることになるでしょう。
by ashikawa_junichi | 2008-04-02 00:29 | 四方山話 | Comments(4)