カテゴリ:音楽・アート( 191 )

ジュリー!\(>_<)/

 NHKの『SONGS』の再放送を観ました。
 沢田研二さんの第2夜です。(第1夜は見逃しました)
 還暦を迎え、かなり太って皺もたるみも多くなったけど、やっぱり貴公子ですね、ジュリーは。
 声色は変わらず、声量は衰えるどころか、大きくなっている気もするほどの迫力ある歌唱でした。
『君だけに』で、トッポ(加橋かつみ)の声がかぶらないのがちょっと残念。

 最後に、サリーが親友だったピーとの別れを詞にした曲『Long Good by』が歌われましたが(3番の詞はジュリー)これが良かった!
 作曲はタロー(森本太郎)でした。
 ちなみに、サリーは岸辺修三、いまは俳優の岸辺一徳です。
 ピーは瞳みのるで、慶応高校の教師です。中国文学が専門の文学博士でもあるとか。

 なんか解説してますが、普段の癖が出た結果です。
 かみさんと僕は世代が違うので、若いころの話はいちいち説明しないと、伝わらないことがあります。
 そんなわけで、ご存じのかたはうるさくてすみません(^o^;)

 タイトルは、つい、キキキリンさん演じるおばあさんを思い出して。
by ashikawa_junichi | 2008-10-21 16:01 | 音楽・アート | Comments(0)

いただきもの!

 ミュージシャン兼作家の難波弘之さんより、ニューアルバムをいただきました。
 難波さん初のソロプロジェクトによる『eden』(Sony Music Direct(Japan)inc. 3,000円税込)です。
 発売は10月15日。そのころに書こうかと思いましたが、難波さんよりお許しが出たので、すぐに紹介することにしました。
 聴いていてなんとも気持ちが良く、喪失感をともなった幸福を感じます。そして、その背景には雄大な宇宙が広がっているのが見えてきます。

 さらに、嬉しいことに、ライナーノーツの代わりにに、難波さんの掌編小説(ショートショート)が載っています。見開き2ページの『桃源郷』です。
 着想が面白く、なおかつシニカルな苦みが効いている傑作です。
 ぜひ、掌編小説を味わいながら『eden』の世界に浸ってみてください。
b0122645_223335.jpg

by ashikawa_junichi | 2008-10-04 22:05 | 音楽・アート | Comments(0)

三木聖子版まちぶせ2

 三木聖子さんの貴重な歌っているときの映像です→まちぶせ
 曲だけ→まちぶせ

 ちなみに石川ひとみ版まちぶせ→まちぶせ

 ついでに荒井由美版のまちぶせ→まちぶせ

 ち~ぼさんが、レスに貼ろうとしたらスパムとなってしまったそうなので、代わりに貼っておきます。
 最初の映像は、後年の歌番組で、その時の紹介によると、三木聖子版の発表当時10位になっていて、ヒットしたようですね。ヒットしなかったというのは、僕の記憶違いなんでしょうか。
by ashikawa_junichi | 2008-09-17 23:21 | 音楽・アート | Comments(2)

三木聖子版『まちぶせ』

 新作を8行書きましたぞ!
 で、一休み(^ω^;)ということでテレビをつけたら(これは嘘! 実はテレビつけっぱなしで仕事してましたぁ)石川ひとみ(敬称略)の闘病の話をやってました。
『2時っチャオ!』という番組で、石川ひとみはB型肝炎で苦しみ、偏見を受け、事務所も解雇になったが、素晴らしい伴侶のおかげで立ち直った……という話でした。

 石川ひとみの代表曲は、もちろん『まちぶせ』(荒井由美 詞・曲)です。
 この『まちぶせ』は、三木聖子という歌手に荒井由美が提供した曲で、夕方の番組(千田みつおが司会)でよく聴いたものです。
 三木聖子は、すぐに結婚引退して、この曲もあまりヒットせず、何年かして歌った石川版がヒットしたのでした。
 僕は、石川ひとみは大好きですが三木聖子版『まちぶせ』のほうがいいですね。
 ということを、記憶にとどめておくための日記となりました。
by ashikawa_junichi | 2008-09-17 15:08 | 音楽・アート | Comments(6)

いただきました!

 ミュージシャンの難波弘之さんから、2枚の新譜をいただきました!
 まず『難波弘之 ゴールデン☆ベスト/ 難波弘之ワークス』(ユニバーサルミュージック 1,980円税込)
 プログレッシブロックの雄、というか王様(昔は王子様)である難波さんの真髄、真骨頂というべきアルバムです♪
 金子マリ&バックスバニー、SENCE OF WONDER、野獣王国、Nuovo Imigrato、A.P.J.、Vibes、ExhiVision と、難波さんが参加しているバンドの楽曲が収められています。
 デビュー30周年の軌跡が凝縮されていて、なんというか……凄いです! 気持ちもいいです♪
b0122645_21535056.jpg

 もう一枚は『ExhiVision / Beyond The Earthbound』(ユニバーサルミュージック 2,800円税込)
 これは今年の始めに吉祥寺のシルバー・エレファントで行われたライヴの録音です。
 キーボードの難波さんのほか、ギターの和田アキラ氏、ベースの永井敏己氏、ドラムスの長谷川浩二氏という錚々たる面々が参加。
 これはまたスタジオ録音かと見紛う(聴き紛うというべきでしょうか)綺麗な音なのに、ライヴの臨場感が横溢しています。
 これも聴いていて実に気持ちよくなります♪
b0122645_21541139.jpg

 難波さんとは、いまから40年以上前の中学時代に、SFの同人誌へ誘われたのがきっかけで知り合いました。そう、難波さんはSF作家の顔も持っておられます。(『飛行船の上のシンセサイザー弾き』など)
 当時、学習院の制服も凛々しい難波さんは、紅顔の美少年でした。少々、駄洒落の言い過ぎという欠点(長所?)がありましたが(^ω^)
 1976年にデビューされてからの活躍は、あえて述べる必要はないでしょう。
 ちなみに僕は公立の中学で、難波さんとは学校が同じだったことはありません。共通の友人を介して同人誌に誘われたのです。

 僕はSF同人誌を途中で止めてしまって、以来、難波さんとは疎遠になっていました。
 なんとか作家の仲間入りをして、推理作家協会に入り、何年か前の乱歩賞パーティへ出席していたときに、テレビで観ていた難波さんを発見。思い切って声をかけたら、なんと僕のことを覚えてくれていたのです!
「中学のころに同人誌を一緒にしていたんですが」と言ったら、すかさず難波さんが「亀崎さん(本名)でしょ?」と言ってくれたときは嬉しかったですよ♪
 40年ぶりの再会でした。
by ashikawa_junichi | 2008-08-09 21:53 | 音楽・アート | Comments(2)

Re:SEXY

 昨夜は『俺は用心棒』を40年以上ぶりに観て興奮したせいか、いつもより眠る時間が1時間以上も遅くなり、起きる時間が一緒だったので、少々睡眠不足気味。
 でも、勤め人時代の慢性睡眠不足のころを思い浮かべれば、たいしたことはありません。
 そういえば、大学時代の友人TM君は、大きな企業の人事課にいますが、入社以来ずっと睡眠時間は3~4時間だと言ってました。いまもそうなのかなあ……体壊さないとよいけれど。

 一昨日のプール疲れが今日どっと出るかも!? と恐れていたのですが、いまのところ大丈夫の様な……まだ油断は出来ませんが(^ω^;)

 さて。
 今日、注文してあった石川セリの新譜『Re:SEXY』が届きましたよ♪
 不思議な感じの新曲に、これまでの代表作が新たな吹き込みで入ってます。
 ずいぶん活動休止時間が長かったですが、陽水旦那が居心地よくさせてたせいでしょうか?
 復帰コンサートは今日が最終日のようですが、また少しかすれた美しい声が頻繁に聴けるといいなと思ってます♪
b0122645_13174436.jpg


 セリさんを聴いて昼食をとったあとは、新作に向けて頑張りますぞお~!!!
by ashikawa_junichi | 2008-05-28 13:14 | 音楽・アート | Comments(0)

みんな夢でありました

 ダーティ・松本さんが、最近寝る前に、youtubeで森田童子を聴いてらっしゃるので、僕も影響されて聴いてます。
 今朝は、ダーティさんはジャズをお聴きのようでしたが、僕は昼になって森田童子を聴きました。世代的にはちょっと上なんですが……切ないですねえ……映像が懐かしい。

 みんな夢でありました
by ashikawa_junichi | 2008-05-10 12:18 | 音楽・アート | Comments(0)

YUI

 急に思い出したこと。
 クリス・ペプラーさん、うまいこと言いますね!
「YUIは、父性本能をもっとも刺激する歌手ですね」
 まったくそのとおりですよ。
 音程外しそうなとき、ハラハラして、がんばれ~!って、心の中で応援してしまうし!
 ちゃんと飯食ってんのかとか、悪い男にひっかかるなよとか、いろいろ気がかりになります。
by ashikawa_junichi | 2008-04-22 17:00 | 音楽・アート | Comments(4)

電気グルーヴ

 2人とも太りましたねえ。
 ピエール瀧見てると、自分を見ているような錯覚を覚えました(^o^;)

 あ、ピエールよりは、ちょっとだけスリムですけどね。

 昨日はつい『用心棒』を観てしまいましたが、今日はスペースシャワーTVで『電気グルーヴ』の特番を観てしまってます。
 仕事しないと!!!
by ashikawa_junichi | 2008-04-20 21:15 | 音楽・アート | Comments(0)

SONGS

 NHKの『SONGS』は、竹内まりやさんのデビュー30周年SPでしたね。
 アルバム『denim』の中の『人生の扉』を聴くと、毎回ボロボロと涙が止まらなくなってしまうのです(´;ω;`)
 そんなわけで、今日もボロボロ。うるうるずるずる鼻水が………汚くてすみません。

 後半に2000年のコンサートが出てきましたが、このバックバンドの中に、知り合いの難波弘之氏がいて、ピアノを弾いていました。
 難波氏のピアノは、三枝氏をはじめ、多くの音楽家が認める素晴らしい調べを奏でます。
 このコンサートでも、ピアノが利いてました。
 とくにラストの『駅』では、流麗なピアノの調べと、まりやさんの歌で始まり、徐々に楽器の音が増えて大きなうねりとなっていきます。
 いやあ、素晴らしかったです。

 難波さんの横姿のアップが2度ほどありましたね。

 難波さんとは、中学時代に、SFの同人誌に参加したのがきっかけで知り合いました。
 ところが、すぐに僕は脱退し、以来、何十年か経ったあと、3年ほど前の江戸川乱歩賞のパーティで、かねてより活躍を知っていた氏の姿を見かけて、思い切って声をかけたのです。
 なんと、すぐに僕の本名を思い出していただきました。嬉しかったです♪
by ashikawa_junichi | 2008-04-03 02:28 | 音楽・アート | Comments(0)