カテゴリ:音楽・アート( 204 )

カフェ百日紅と北海で充実した宵

 昨日27日日曜日は、夕方にカフェ百日紅へいきました。『Ambivalent Creature~憧憬と憎悪の怪物~』の展示がはじまっています。
b0122645_18262158.jpg
 黒井ゆりさんブレンドの期間限定ハーブティー『Mary Shelley』をいただきました。夏から秋へ移ろう季節を感じました♪ ホットもありますよ。
b0122645_17594538.jpg
 如月悠帆さんの鋭い論考も、わたしの掌篇集と同じく無料で持ち帰りができます。
b0122645_18123014.jpg
 カフェ百日紅から『北海』へいき、宴会となったのですが、ご一緒したエル・ボンデージさんとダーティ・松本さんのコミケで発売した冊子です♪ すでにダー松さんからもらっていましたが、いまさらながら紹介します。カフェ百日紅に置いてあります。(2つ並んでいますが、両面表紙の一冊です)。このほかにもお二人の同人誌があります。
b0122645_18234614.jpg
 ダーティさんのファンでもあるみ~みさんご夫妻もご一緒したのですが、み~みさん製作の『さらにどうなっちゃうの?山田線』もいただきました! これもコミケで販売していたものです。三陸の鉄道について詳細に調べた労作です!
b0122645_18255182.jpg
 参加したかたがたの年齢が近かったせいか、ずいぶんと盛り上がった宴会でした♪ 実に楽しかったです。

by ashikawa_junichi | 2017-08-28 18:28 | 音楽・アート | Comments(0)

『不染鉄』展! 『月岡芳年 妖怪百物語』展!

 24日、25日と、2つの美術展にいってきました。どちらも27日(日曜)が最終日です。
 木曜24日は、東京ステーションギャラリーの『不染鉄 没後40年幻の画家』展へ。
 独特の画風ですが、たしかに日本の原風景が息づいています。そして、その中には作者・不染鉄の姿も。
 絵葉書も感動的です。村山塊多が亡くなって40年も経ってからの哀切な葉書が泣けます。
b0122645_20511350.jpg
 25日金曜は、原宿の太田記念美術館へ。『月岡芳年 妖怪百物語』展です。
 怖いものあり、笑ってしまう妖怪ありで、楽しめました!
 ガラス越しの鑑賞ですが、証明のせいで自分の姿や衣服の柄がガラスに映ってしまい、少々見づらいのが難点でした。照明で少しは違うのではないかと思うのですが、どうなんでしょう……。
 9月1日からは『月岡芳年 月百姿』がという特別展が開かれるようです。これも楽しみです。
b0122645_21102359.jpg
 疲れたので、帰りに珈琲を飲もうと思って、よいところはないかと表参道を歩きながら物色していたら、老舗っぽい珈琲店があったので入りました。(『珈琲茶館 集』)
 ほぼ満席で、駄目かなと思ったから、奥の広いスペースへ通されました。わたしひとり。どうせ相席になるだろうと思っていたのですが、出るまでひとりでしたよ。ラッキーというべきでしょうね。
 珈琲はとても美味しかったですが、つい注文してしまったマンゴーとあんずのシフォンケーキもなかなかのものでした♪
b0122645_21131633.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-08-26 21:15 | 音楽・アート | Comments(0)

『Ambivalent Creature~憧憬と憎悪の怪物~』展、開催中!

 24日木曜日から、カフェ百日紅にて『Ambivalent Creature~憧憬と憎悪の怪物』展が始まりました!
 簡単にいえば、フランケンシュタインをテーマにしたグループ作品展です。
 期間は9月18日までで、火曜水曜はお休みです。営業時間は15時から23時まで! 観覧無料ですが、ワンドリンクは注文してください。
 ちなみに、黒井ゆりさん製作の期間限定ハーブティー「Mary Shelley」が飲めます。ペパーミントやクローブ等をブレンドしたクールで個性的なお茶だそうです。まだわたしは飲んでいないので、楽しみにしています♪ お茶の名前は『フランケンシュタイン』の作者からですね。
b0122645_00383550.jpg
 出品作家のプロフィールです。
 ここには掲載されていませんが、急遽、蟲川ギニョールさんも参加されています。
b0122645_00395038.jpg
 わたしは、絵のようなものと、掌篇2篇の載った小冊子で参加しています。小冊子は、お持ち帰り自由ですので、ぜひご自宅などでお読みください。
b0122645_00411284.jpg
 カフェ百日紅は、池袋からJRで1駅の板橋駅から徒歩で5分ほど、東上線で2駅の下板橋駅から徒歩で2分弱です。
 ダーティー・松本さん作成の地図です↓
b0122645_01031014.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-08-26 01:04 | 音楽・アート | Comments(0)

幻獣神話展Ⅳ! 西川伸司個展! 幻想芸術展!

 今日18日金曜、有楽町の交通会館へいき、3つの展示会を楽しんできました♪
 まずは『幻獣神話展Ⅳ 遙かなる憧憬との対峙』!!!
 例年よりも作品の数が多く、それだけ充実感も半端ないです。
 カタログを購入すると、居合わせた作家さんたちがサインをしてくださいます。7人のかたにサインしていただきました!
 明日は最終日なので、もっと作家さんたちが在廊していると思います。でも、普段より早く17時までですので、お早めに。
b0122645_21021878.jpg
 開田裕治さん描く表紙のカタログです。
b0122645_21030406.jpg
 すぐ隣では『西川伸司個展』をやってました。在廊していた西川さんは『幻獣神話展Ⅳ』にも展示されているので、快くサインしていただけました。
 怖いゴジラ、可愛いゴジラなど、さまざまなゴジラ絵のほか、冒険への憧れを感じる絵が楽しめます♪
b0122645_21054039.jpg
 そして最後は『幻想芸術展 東京 2017』へ。
 これも凄いです。幻想世界に入りきってしまいました♪ 会場で製作されている作家さんもいます。こちらも明日までです。15時までと、少し早めです。
b0122645_21182773.jpg
『幻獣神話展Ⅳ』のときにチラッと背の高いミニのセーラー服姿が見えました。そのときは腰から足しか見なかったので分からなかったのですが、同じ人が『幻想芸術展』へやってきました。白髪たなびかせたセーラー服おじさんでした。なんかラッキー♪


by ashikawa_junichi | 2017-08-18 21:21 | 音楽・アート | Comments(0)

アニメとゲームの音楽コンサート♪

b0122645_23411720.jpg
 16日水曜日の夜は、お誘いがあったので、池袋西口の東京芸術劇場のコンサートホールへいってきました。
『ANIME & GAME SYNPHONY JAPAN 2017』というコンサートです。
 田中公平と伊藤健治という二人の音楽家をフィーチャーしており、彼らの音楽だけでなく、カバー曲もやってました。
 あまりアニメやゲームの音楽を知らないのですが、それでも音響はよいし、演奏も凄いので、楽しく2時間半を過ごしました♪
b0122645_23444772.jpg
 大エスカレーターから。
b0122645_23452132.jpg
 終了後は、板橋の『北海』で美味しい肴とお酒を♪

by ashikawa_junichi | 2017-08-17 23:46 | 音楽・アート | Comments(0)

目玉堂さんの缶バッジをつけてみた♪

 カフェ百日紅で『TH(ドーキングヘッズ)No.71』を買うと、百日紅主人の目玉堂さん作成の缶バッジがもらえます。現在、開催中のグループ展『レプレカントの視る夢』をモチーフにしたものです。
 早速、バッグにつけてみると、いままで持っている缶バッジもつけてみたくなりました。
 30年以上前のマッドネスの缶バッジ!(となりはマッドネスのサックス吹き) 表には貼りづらいものをポケットの裏側に。ローリングストーンズのは、あまりにベターだからです。もうひとつは、松田優作主演のテレビドラマ『探偵物語』!
b0122645_2128507.jpg

b0122645_21294367.jpg

 ほかにも『スケバン刑事』(南野陽子主演)や、ますむらひろしのもありますが、缶バッジだらけになるのもどうかと……。
                                                                                             
by ashikawa_junichi | 2017-08-02 21:35 | 音楽・アート | Comments(0)

お台場夢大陸でhanaさんのステージを見た!

 7月30日(日曜)は、お台場のフジテレビ前で、ある音楽学校のライブを見ました。わたしの気功師匠であるhanaさんの単独ステージもあり、hanaさんは大黒摩季の『ら・ら・ら』を披露されていました。観客は手拍子して盛り上がっていましたよ♪
 ずっと曇っていたのに、ライヴのときだけ快晴♪ hanaさんパワーかな。
b0122645_23245883.jpg

b0122645_23261088.jpg

b0122645_23262873.jpg

 ライヴのあとは、会場にきた新人官能作家の佳那伊織さんと美女とで板橋へ移動。
 カフェ百日紅へ。
 グループ展『レプリカントの視る夢』の期間限定のハーブティー「レプリカントの視る夢」をまたまた飲みました♪
b0122645_23313014.jpg

 店で待ち合わせていたダーティー・松本さんと合流して、4人で「北海」へ。
 美味しい刺身や海鞘(ホヤ)やクジラを食べて、飲んで、お喋りして、楽しい時間を過ごしました♪

 フジテレビの本社社屋と空。
b0122645_23334298.jpg

b0122645_23335530.jpg

                                                                                           
by ashikawa_junichi | 2017-08-01 23:37 | 音楽・アート | Comments(0)

『レプリカントの視る夢』の展示作家たち

 いまカフェ百日紅で開催中の『レプリカントの視る夢』展、さらには、8月24日から開催される『Ambivalent Creature~憧憬と憎悪の怪物~』の展示作家さんたちの簡単な紹介が、フライヤーの裏面にあります。それをここにアップします。
 わたしのは、去年、岸田尚さんの肖像画展に出品した絵の一部分です。
b0122645_2310139.jpg

                                                                                             
by ashikawa_junichi | 2017-07-23 23:11 | 音楽・アート | Comments(0)

カフェ百日紅で『レプリカントの視る夢』展開始!

 本日よりカフェ百日紅で『レプリカントの視る夢』が始まりました!
 昨夜は、展示作品と閲覧掌篇を持って、定休日の百日紅へいき、展示作業をしてきました。初対面の日隈愛香さんと徳野雅仁さんに挨拶。
 終わったあとは、ダーティ・松本さんと早見純さんと『北海』へ。グビグビ呑んでパクパク食べて、もう一度百日紅へ。ほぼ展示が終わっていて、音楽担当のMERRYSUNがいました。
 みなさんの展示作品は、素晴らしいのひとこと!
 わたしの作品が雑でみっともないので、恥ずかしいかぎり。絵と文章の両方でひとつということで、ごめんなさい。
 百日紅は午後3時から午後11時まで営業しています。定休日は火曜日と水曜日。
 ぜひ、百日紅ヘいって現物を堪能してください!
 ハーバルセラピスト・黒井ゆりさんのプロデュースしたオリジナルブレンドハーブティーも限定80杯で提供されます。
 美味しい珈琲も、大好評のフローズンヨーグルトもありますよ♪
 写真は展示作品のほんの一部です。
b0122645_17223519.jpg

 わたしの11ページの掌篇です。2部あって、百日紅店内で読んでいただけます。……なんだか高校の、いや中学の文化祭に出品された同人誌みたいですね(-o-;)
b0122645_1728286.jpg


 カフェ百日紅は池袋からJRで1駅の板橋駅から、あるいは東上線で2駅の下板橋駅からいけます。下板橋からが一番近いです。(徒歩1分)
b0122645_174434100.jpg

                                                                                           
by ashikawa_junichi | 2017-07-20 17:25 | 音楽・アート | Comments(0)

暑い! そして来週木曜から『レプリカントの視る夢』!

 毎日暑いですねえ。今日、外出時にふと木を見上げたら、風に揺れる葉に光の粒がはじけていて、もう真夏じゃないかと思えるほどですねえ。
 梅雨はどこへいったのですか。

 ところで。
 共謀罪(改正組織犯罪処罰法)が施行されますね。恐れずに生きようと思います。ふんっ(ꐦ`•ω•´)!!

 さて。
 来週、20日木曜日から8月14日の月曜まで、カフェ百日紅で『レプリカントの視る夢』という企画グループ展があります。
 わたしも、絵と文の両方で参加します。
 カフェ百日紅は火曜水曜が定休日で、それ以外の日は午後3時から午後11時まで営業しています。
 ぜひ、美味しいハーブティー、珈琲などなどを味わいつつ、いっときの異界体験をどうぞ♪
b0122645_075258.jpg

 フライヤーのデザインは、百日紅の女給・目玉堂さんです。センスいいですよね♪

                                              
by ashikawa_junichi | 2017-07-11 00:04 | 音楽・アート | Comments(0)