カテゴリ:音楽・アート( 191 )

『長沢節展』からつくね&静岡おでん挟んで『催涙雨展』!!

 昨日9日金曜日はダー松さんとバスに乗って弥生美術館へ。
 ファッション画で一時代を築き、セツ・モードセミナーを主催して数多くのクリエーターを生み出した長沢節の生涯を辿る企画展『生誕100年 長沢節展』を見てきました。
 ファッション画のカッコよさに圧倒され、人体のパーツに関するこだわりなどは、実に興味深かったです。
b0122645_21215930.jpg
b0122645_21331543.jpg

 カタログにセツ・モードセミナーでの写真が掲載されているのですが、70年代にセミナーの生徒だったわたしの友人らしい姿がチラッと写っていたのには驚きました。本人にメールでたしかめたら、自分かもしれないという返事が。

 弥生美術館では、同時に高畠華宵展も開かれていて、レトロな少女気分(?)になれるとともに、少年画の妖しい色気も堪能できます。
 常設の夢二美術館も見たあと、夢二カフェへ。
 毎度おなじみ、企画展とコラボの絵文字カプチーノ。(今回は文字のみ)
b0122645_21221372.jpg


 根津の『とり小町』で、さまざまなつくねと静岡おでんなどでビールやハイボールを飲んでから、板橋へ移動して『カフェ百日紅』へ。
催涙雨~雨の七夕展』が開かれています。
 複数のアーティストさんたちが、水気のしたたる作品を競作しています。
 明後日の月曜までですが、梅雨だというのに、それまで雨が降りそうもないのが残念ですね。でも、店内は雨模様なのだからよいと思います♪
b0122645_21324566.jpg
b0122645_21444764.jpg
b0122645_21461495.jpg



                                                                                           
by ashikawa_junichi | 2017-06-10 21:41 | 音楽・アート | Comments(0)

19世紀パリ時間旅行-失われた街を求めて-

 もう一週間前のことですが、書き忘れてしまっていたのと、会期が4日日曜までなので、報告いたします♪
 練馬区立美術館で開かれている『19世紀パリ時間旅行-失われた街を求めて-』を先週見てまいりました。
 19世紀に大改造されたパリですが、大改造以前の街並みを描いた絵画や銅版画、衣裳が展示されており、往年のパリの風景を味わうことができました。
 ビクトル・ユーゴーやバルザックの世界です。いまのバリは、彼らの文学に描写されるパリとは似て非なるものです。
 改造後のパリは、印象派の画家によって沢山描かれ、さらには、アルセーヌ・ルパンが活躍した街です。
 いまは消滅した改造前の風景は実に興味深かかったです。
 いろいろ想像をたくましくして見ていると実に楽しいです。そして時間を忘れます。そのせいか、立ち止まっている時間が長くなり、普段の美術館鑑賞よりも足が疲れてしまいました。
b0122645_1742256.jpg


 美術館前の公園入口です。
b0122645_175027.jpg


 なんだか後ろ姿がセクシーな白い象さんもいます。
b0122645_1752315.jpg

                                                                                           
by ashikawa_junichi | 2017-06-02 17:07 | 音楽・アート | Comments(0)

『久住友理展』と『八美神展』!

 昨日29日月曜は、銀座へ2つの展示会を見にいってきました。
 まず、教文館・エレンカイムギャラリーへ。従兄の日本画家・久住三郎の妻・友理さんの『久住友理展~愛する植物世界』が開催されています。(31日まで)
 ほのぼのとした草花の絵からは、ほっこりとした暖かさが漂ってきます。優しいお人柄がそのまま出ているのでしょうか。ほっとする絵画空間です。
 途中、画風の違いにおやっ?と思ったら、三郎氏の銅版画も展示されていました。小品ながら、植物を通して生命の奥深さを感じさせます。
 そして、ニューヨーク在住の、お二人の次女の作品も数点。ユーモラスな動物たちが可愛らしかったです。

b0122645_1662592.jpg
b0122645_1664493.jpg


 展示会場で、画家の戸田みどりさんを紹介されて、ご自身の作品についていろいろとお話しいただきました。この話は、のちほど書きます。
 
 つぎに、銀座gfalleryG2の『八美神展-8人の女性作家達-』(30日まで)へ。
 フェイスブックで岡本真実さんから誘われていました。会場には、田中いずみさんがいらっしゃり、刀根千賀子さんを紹介していただきました。
 展示されている絵は、8人がすべて作風が違って、実に面白かったです。

b0122645_1611627.jpg

b0122645_16111582.jpg


 銀座で開催されていた、岸田尚さん参加の『墨彩展』が前日に終了していて、いけなかったのが残念でした。
                                                                                           
by ashikawa_junichi | 2017-05-30 16:16 | 音楽・アート | Comments(0)

百日紅の『100人のイラスト展』から居酒屋『北海』へ

 昨日、土曜日の夕方にカフェ百日紅へ。
 蟲川ギニョールさんの『100のイラスト展』を鑑賞しながら、待ち合わせていたダーティ・松本さんと、居合わせた女性お二人、そして百日紅の主人兼女給・目玉堂さんと楽しくお喋りしました。
 ギニョピさんのキャラクターは、とても可愛らしいけれど、残酷で怖い絵もあります。ですが、今回、そういうのは少なめで、ほのぼのとした絵が多かったです。
b0122645_2142283.jpg

b0122645_21431982.jpg


 とはいっても、少しはこわ~い(?)絵も。
b0122645_21435873.jpg

b0122645_21441621.jpg


 2時間半ちかく百日紅にいて、そのあとはダー松さんと『北海』へ。
 ほや酢やくじらの刺身や、あれやこれや、たらふく食べて呑んで帰宅は10時半。
by ashikawa_junichi | 2017-05-28 21:48 | 音楽・アート | Comments(0)

白羽玲子『ラブレター』

 先日の気功の会のあとの飲み会で、キックの鬼・沢村忠の話になり、彼の娘・白羽玲子が10年くらい前に歌手として活動していたことを思いだしました。
 2曲リリースしているようですが、デビュー曲はブルーハーツのカバー曲『ラブレター』! これがいいんですよねえ。情感たっぷりに歌ってます。
『匿名係長只野仁』の第1シーズンのエンディングテーマでした。
 当時、購入したCDです。……前にも、このブログで書きましたね(^o^;)

b0122645_1741265.jpg


 YuTubeにありました。


by ashikawa_junichi | 2017-05-13 17:45 | 音楽・アート | Comments(0)

『ミュシャ展』と『la Princesse』!

 昨日月曜日は、腹筋痛がまだあるのと、ちょいとした打ち合わせがあるので、昼間にある気功塾は欠席しました。
 ところが打ち合わせは延期。そこで、かねてより行きたかった国立新美術館でやっている『ミュシャ展』を見てきました!
 けっこう混んでいましたが、今回の目玉であるスラヴ叙事詩の作品群は、なにせ作品が大きいので、余裕で鑑賞できます。スラヴ民族に対するミュシャの想いがひしひしと伝わってくる作品群です。
 同じく国立新美術館でいる『草間彌生展』と同じく、一室のみ撮影してよいことになっています。

b0122645_18383674.jpg


 今日はニコニコ生放送で、イラストレーターの中村佑介氏がこの『ミュシャ展』を訪れて感想を述べてましたね。放送があるのを忘れていて、3分の2以上観られなかったのが残念。今日は休館日なので、それに合わせての放送です。ガラガラの会場で鑑賞できる中村氏がうらやましかったです。

 画像は「スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い」(未完成)
b0122645_18412492.jpg


 画像は「スラヴ民族の賛歌」
b0122645_1841365.jpg


 ミュシャといえば、フランスでサラ・ベルナールを描いた劇場のポスターなどが有名ですが、そうした作品もあって、ミュシャの全体像を把握できます。
 濃い企画展です。満腹♪

 帰宅して夕食をとったあと、思い立って板橋のカフェ百日紅へ。火曜水曜と休みなので、いま開催中の展示会にいついけるかわかりません。いまのうちにと車で向かいました。
 住宅街にある深夜のカフェは妖しいですねえ。

b0122645_18454375.jpg


 Fragrance Salon AbixsさんとSAKIZOさんのコラボ展『 ~香りとアートで紡ぐおとぎ話~la Princesse』が開催中です。
 作品の下に、かぐわしい香りを放つプレートか飾られています。優雅な絵画と馥郁たる香りのコラボレーションです。連休中は女性ファンが殺到していたようです。

b0122645_1846513.jpg


 常連さんたちと会話を楽しんでから、23時すぎに店を出ました。一日中、アートに浸った日でした。満腹♪
by ashikawa_junichi | 2017-05-09 18:50 | 音楽・アート | Comments(2)

『おっかね江戸』展! そして怪談会((;゜Д゜)

 昨夜はダーティ・松本さんを誘って、元麻布ギャラリーで開かれている『江戸を描く 其ノ弍 おっかね江戸』展へ。
 参加作家さんたちの力のこもった作品群を堪能しました!

b0122645_19424051.jpg


b0122645_19425956.jpg


 怪談会もありました。みなさん、いろいろ怖い体験をされているんですねえ((;゜Д゜)
 清めの塩もいただいたので、帰りの地下鉄ホームで身体に振りかけておきました。

b0122645_19431972.jpg


 麻布十番でいっぱいやりたいところだったのですが、安くて旨そうな店は満席で入れませんでした。
 しかたがないので、大塚に戻って『鳥忠』で焼き鳥や肉豆腐などを肴にビールをゴクゴク。モヒートも。
by ashikawa_junichi | 2017-04-16 19:49 | 音楽・アート | Comments(0)

絵葉書屋長崎堂 個展『春商い 二〇一七』!

 夕方に、食料の買い出しのついでに、板橋のカフェ百日紅へいきました。
 ちょうど絵葉書屋長崎堂さんの個展『春商い 二〇一七』の最中です。
 妖しくも優美な緊縛画の数々! 17日までです♪

b0122645_083619.jpg


b0122645_0965.jpg

                                                                                             
by ashikawa_junichi | 2017-04-11 00:12 | 音楽・アート | Comments(0)

『草間彌生展』『河鍋暁斎展』!

 昨日金曜日は、国立新美術館へ。『草間彌生 わが永遠の魂展』を鑑賞しました。(『ミュシャ展』は後日にしました)
 ちょっとくさくさしていたのですが、草間彌生の圧倒的なパワーを浴びてリフレッシュできました。こちらの受けとるパワーが不足していたせいか、帰宅後はぐったりしてしまいましたが(^o^;)
 この疲れは以前にもあったなあと記憶をさぐると、それは『伊藤彦造』展でした。その作品世界はまるで違うのですが、圧倒的なパワーという意味では同じです。
 2番目の広い展示スペースは撮影してよいとのことなので、何枚か撮ってきました。

b0122645_177851.jpg


b0122645_17213086.jpg


b0122645_1773772.jpg


b0122645_17253796.jpg


 庭園にもインスタレーションが。

b0122645_1782423.jpg


 桜見物もできました。

b0122645_178577.jpg


 ちょっと前ですがBunkamuraミュージアムで『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力展』へもいってきました。
 以前から、暁斎は好きなんです。本当に圧倒的な画力ですね。北斎に比しても負けないくらいに。

b0122645_1713421.jpg


b0122645_17135830.jpg


b0122645_17141418.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-04-08 17:16 | 音楽・アート | Comments(2)

デヴィッド・ボウイに会いにいってきた

 去年、告知されたときに、すぐさまオールタイムチケットを購入したのですが、やっといまになって行ってきました。天王洲寺田倉庫で開催中の『DAVID BOWIE is HERE』へ!
 いやあ、なんとも濃い展示!
 これは全部味わい尽くすには、一日では無理です。だから、どうしても駆け足になってしまいました。それでも3時間超かかりました。
 同じ時代に、この希有なミュージシャンでクリエーター、パフォーマーのボウイと出会えたことをなによりの幸せと感じました。

b0122645_22134133.jpg


 グッズもいっぱいあったのですが、いろいろ迷った末にこれだけにしました。
 ノートに、ボウイペン、ボウイフェスタオル。

b0122645_2215713.jpg


 ノートの中はこんな感じ。落ち着かないから買うのやめようかと迷いつつ、買わないと後悔しそうで……で、帰ってきて文字を書いてみると、これがなかなか刺激的でよいのです。

b0122645_2216167.jpg


(追記)ボウイが描いた三島由紀夫の肖像画が迫力ありましたよ。自室に飾っていたそうです。
                                                                                           
by ashikawa_junichi | 2017-03-16 22:21 | 音楽・アート | Comments(0)