カテゴリ:音楽・アート( 208 )

諸口あきらさんのラジオ番組の思い出

 諸口あきら氏が10日の未明に亡くなってから一週間ほど経ちました。
 氏が東京でオールナイトニッポンをやっていたころ、ぼくは大学生でした。(70年代です) その後、氏は関西で主に活動し、東京ではほとんど名前を聞かなくなっていました。関西の友人に「こっちでは活躍しているよ」と聞いて、ああ元気なんだなと思っていたのですが……。
 オールナイトニッポンを聴いていた当時を思いだすと、まず『キーストンブルース』が頭に浮かびます。レース中に転んで足を折った競走馬キーストンに……いや、説明する必要はありせんね。下のYuTubeの曲を聴いてみてください。
 ぼくも、真似してギターを掻き鳴らして下手な歌を歌っていたものです。これは耳コピしたのか……友だちにしてもらったのか……覚えていませんが、まだ持っているノートに書いた歌詞とコードです。JASRUCがうるさいようなので、途中からぼかしました。
 ほかにもよい曲がいっぱいありました。『今宵恋に泣く』『川のほとり』『悲しみのディスクジョッキー』等々。
b0122645_17430342.jpg


 つぎに思いだすのが、
「旅で世話になったら、必ずまたいってお礼の挨拶をしよう」
 という言葉です。
 当時、3週間の九州旅行をして、いろいろな人たちにお世話になり、諸口氏のいう通りにしようと思ったものです。……思っただけで、いまだ実行しておりません(-o-;) 
 さらに思いだすのは、氏がギターを伴奏に唄う都々逸(どどいつ)です。ちなみに、都々逸というのは江戸時代には存在せず、明治になってからのものですが……。
 ♪おまえ~死んでも寺へはやらぬ~焼いて粉(こ)にして~酒で呑む~♪
 この都々逸をいまでも覚えています♪
 下のYuTubeページにあります。

 享年81。
 諸口あきらさんのご冥福を心からお祈りいたします。合掌。

 やはり、この曲もアップしたくなりました。


by ashikawa_junichi | 2017-09-18 17:53 | 音楽・アート | Comments(0)

カフェ百日紅で緊縛病棟ライブ半分と「北海」で飲み会!

 台風をものともせずに、夕方に板橋のカフェ百日紅へ。わたしの参加している『Ambivalent Creature~憧憬と憎悪の怪物~』展も月曜日まで。そのせいか、雨なのに店内は満員。待ち合わせていたダー松さん、霧原一輝さん、早見俊さんも先にきていました。
 ノイズミュージックの緊縛病棟が、終日ライブ中。本格的ライブは夜19時半から。その前に、われわれは場所を『北海』へ移して飲み会へ。緊縛病棟さんには悪いけれど、この日は、ずいぶん前に一緒に仕事をしたダー松さんと霧原さんの再会飲み会なのでした。 
 ライブ中の緊縛病棟・MERRYSUN!
b0122645_00051777.jpg
 緊縛病棟のニューアルバム『みなごろしらんど』は絶賛発売中です! わたしも購入しました♪
b0122645_00440445.jpg


by ashikawa_junichi | 2017-09-18 00:07 | 音楽・アート | Comments(0)

温かいハーブティーとシャツに潜む怪物(カフェ百日紅)

 カフェ百日紅で期間限定ハーブティー『Mary Shelley』ですが、昨日は涼しかったので温かいものを飲みました。
 すると! 冷たいものよりも香りが立って、さらに美味しかったです♪ 涼しいうちにお飲みになることをお薦めいたします。
 そして、紹介しそびれたインスタレーションが。
 絵葉書屋長崎堂さんの怪物が潜んでいるシャツです。怪物は、フランケンシュタインが花嫁を造ってくれるのを待ちながら、姿を見せずに見張っていました。そのイメージ通り、店内に吊られたシャツの中で貴方を見つめておりますよ♪
b0122645_18334216.jpg
 ひとつ書き忘れました。
 サッカーW杯の最終予選のオーストラリア戦! いやあ、快勝でしたねえ。よかったよかった。これで、落ち着いてサウジアラビア戦を見ることができます♪
 ハリルホジッチ、ありがとう♪(o'∀'o)ノ

by ashikawa_junichi | 2017-09-02 18:38 | 音楽・アート | Comments(0)

『ベルギー奇想の系譜展』! カフェ百日紅・新展示作品! 蕎麦とくるみ汁!

 8月最後の日31日木曜日は、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで『ベルギー奇想の系譜展』を鑑賞してきました!
 ヒエロニムス・ボスからブリューゲル、さらにデルボーやマグリットなどなど、ベルギーに妖しく咲いた奇想の画家たちの偉業であり異業を堪能してきました♪
 さまざまな怪物は、いつまで見ていても飽きません。そして、細かいので目が疲れます(^o^;)
b0122645_21594418.jpg
 例によってカタログのほかにも買ってきました。写真のクリアファイルや一筆箋以外にトートバッグも。
b0122645_22042635.jpg
 そして今日は、わたしの『源内異形録』が残りわずかなので、補充しにカフェ百日紅(ひゃくじつこう)へ。
 蟲川ギニョールさんの作品が新たに展示されていました!
 短い製作期間で、素晴らしいクオリティです♪
b0122645_22060392.jpg
 大作の掲示されているスペースです。ダーティ・松本さんの作品は、迫力満点です♪ ドル・ロッフォさん、キャリー・エンパイアさんの作品は、ロマンチックかつ渋い魅力で迫ってきます♪ 
b0122645_22090399.jpg
 百日紅を出てから、美味しいと評判の手打ちそば店『うさぎ庵』へ。
 北の野菜てんぷらせいろを注文。野菜がたくさんで、しかも旨い! これはお得です。(1300円)
太い田舎蕎麦を注文したのですが、一般的なつけ汁と、さらにくるみ汁がついてきます。このくるみ汁が旨かったです!
 食べている途中、これは写真に撮らねばと思ったので、蕎麦にわさびがついていたり、野菜てんぷらが減っていたりですみません(^-^;
 おつまみメニューも充実しているので、つぎは呑みにいって、〆で蕎麦を食べてくるのもいいかも♪
b0122645_22145297.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-09-01 22:15 | 音楽・アート | Comments(0)

カフェ百日紅と北海で充実した宵

 昨日27日日曜日は、夕方にカフェ百日紅へいきました。『Ambivalent Creature~憧憬と憎悪の怪物~』の展示がはじまっています。
b0122645_18262158.jpg
 黒井ゆりさんブレンドの期間限定ハーブティー『Mary Shelley』をいただきました。夏から秋へ移ろう季節を感じました♪ ホットもありますよ。
b0122645_17594538.jpg
 如月悠帆さんの鋭い論考も、わたしの掌篇集と同じく無料で持ち帰りができます。
b0122645_18123014.jpg
 カフェ百日紅から『北海』へいき、宴会となったのですが、ご一緒したエル・ボンデージさんとダーティ・松本さんのコミケで発売した冊子です♪ すでにダー松さんからもらっていましたが、いまさらながら紹介します。カフェ百日紅に置いてあります。(2つ並んでいますが、両面表紙の一冊です)。このほかにもお二人の同人誌があります。
b0122645_18234614.jpg
 ダーティさんのファンでもあるみ~みさんご夫妻もご一緒したのですが、み~みさん製作の『さらにどうなっちゃうの?山田線』もいただきました! これもコミケで販売していたものです。三陸の鉄道について詳細に調べた労作です!
b0122645_18255182.jpg
 参加したかたがたの年齢が近かったせいか、ずいぶんと盛り上がった宴会でした♪ 実に楽しかったです。

by ashikawa_junichi | 2017-08-28 18:28 | 音楽・アート | Comments(0)

『不染鉄』展! 『月岡芳年 妖怪百物語』展!

 24日、25日と、2つの美術展にいってきました。どちらも27日(日曜)が最終日です。
 木曜24日は、東京ステーションギャラリーの『不染鉄 没後40年幻の画家』展へ。
 独特の画風ですが、たしかに日本の原風景が息づいています。そして、その中には作者・不染鉄の姿も。
 絵葉書も感動的です。村山塊多が亡くなって40年も経ってからの哀切な葉書が泣けます。
b0122645_20511350.jpg
 25日金曜は、原宿の太田記念美術館へ。『月岡芳年 妖怪百物語』展です。
 怖いものあり、笑ってしまう妖怪ありで、楽しめました!
 ガラス越しの鑑賞ですが、証明のせいで自分の姿や衣服の柄がガラスに映ってしまい、少々見づらいのが難点でした。照明で少しは違うのではないかと思うのですが、どうなんでしょう……。
 9月1日からは『月岡芳年 月百姿』がという特別展が開かれるようです。これも楽しみです。
b0122645_21102359.jpg
 疲れたので、帰りに珈琲を飲もうと思って、よいところはないかと表参道を歩きながら物色していたら、老舗っぽい珈琲店があったので入りました。(『珈琲茶館 集』)
 ほぼ満席で、駄目かなと思ったから、奥の広いスペースへ通されました。わたしひとり。どうせ相席になるだろうと思っていたのですが、出るまでひとりでしたよ。ラッキーというべきでしょうね。
 珈琲はとても美味しかったですが、つい注文してしまったマンゴーとあんずのシフォンケーキもなかなかのものでした♪
b0122645_21131633.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-08-26 21:15 | 音楽・アート | Comments(0)

『Ambivalent Creature~憧憬と憎悪の怪物~』展、開催中!

 24日木曜日から、カフェ百日紅にて『Ambivalent Creature~憧憬と憎悪の怪物』展が始まりました!
 簡単にいえば、フランケンシュタインをテーマにしたグループ作品展です。
 期間は9月18日までで、火曜水曜はお休みです。営業時間は15時から23時まで! 観覧無料ですが、ワンドリンクは注文してください。
 ちなみに、黒井ゆりさん製作の期間限定ハーブティー「Mary Shelley」が飲めます。ペパーミントやクローブ等をブレンドしたクールで個性的なお茶だそうです。まだわたしは飲んでいないので、楽しみにしています♪ お茶の名前は『フランケンシュタイン』の作者からですね。
b0122645_00383550.jpg
 出品作家のプロフィールです。
 ここには掲載されていませんが、急遽、蟲川ギニョールさんも参加されています。
b0122645_00395038.jpg
 わたしは、絵のようなものと、掌篇2篇の載った小冊子で参加しています。小冊子は、お持ち帰り自由ですので、ぜひご自宅などでお読みください。
b0122645_00411284.jpg
 カフェ百日紅は、池袋からJRで1駅の板橋駅から徒歩で5分ほど、東上線で2駅の下板橋駅から徒歩で2分弱です。
 ダーティー・松本さん作成の地図です↓
b0122645_01031014.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-08-26 01:04 | 音楽・アート | Comments(0)

幻獣神話展Ⅳ! 西川伸司個展! 幻想芸術展!

 今日18日金曜、有楽町の交通会館へいき、3つの展示会を楽しんできました♪
 まずは『幻獣神話展Ⅳ 遙かなる憧憬との対峙』!!!
 例年よりも作品の数が多く、それだけ充実感も半端ないです。
 カタログを購入すると、居合わせた作家さんたちがサインをしてくださいます。7人のかたにサインしていただきました!
 明日は最終日なので、もっと作家さんたちが在廊していると思います。でも、普段より早く17時までですので、お早めに。
b0122645_21021878.jpg
 開田裕治さん描く表紙のカタログです。
b0122645_21030406.jpg
 すぐ隣では『西川伸司個展』をやってました。在廊していた西川さんは『幻獣神話展Ⅳ』にも展示されているので、快くサインしていただけました。
 怖いゴジラ、可愛いゴジラなど、さまざまなゴジラ絵のほか、冒険への憧れを感じる絵が楽しめます♪
b0122645_21054039.jpg
 そして最後は『幻想芸術展 東京 2017』へ。
 これも凄いです。幻想世界に入りきってしまいました♪ 会場で製作されている作家さんもいます。こちらも明日までです。15時までと、少し早めです。
b0122645_21182773.jpg
『幻獣神話展Ⅳ』のときにチラッと背の高いミニのセーラー服姿が見えました。そのときは腰から足しか見なかったので分からなかったのですが、同じ人が『幻想芸術展』へやってきました。白髪たなびかせたセーラー服おじさんでした。なんかラッキー♪


by ashikawa_junichi | 2017-08-18 21:21 | 音楽・アート | Comments(0)

アニメとゲームの音楽コンサート♪

b0122645_23411720.jpg
 16日水曜日の夜は、お誘いがあったので、池袋西口の東京芸術劇場のコンサートホールへいってきました。
『ANIME & GAME SYNPHONY JAPAN 2017』というコンサートです。
 田中公平と伊藤健治という二人の音楽家をフィーチャーしており、彼らの音楽だけでなく、カバー曲もやってました。
 あまりアニメやゲームの音楽を知らないのですが、それでも音響はよいし、演奏も凄いので、楽しく2時間半を過ごしました♪
b0122645_23444772.jpg
 大エスカレーターから。
b0122645_23452132.jpg
 終了後は、板橋の『北海』で美味しい肴とお酒を♪

by ashikawa_junichi | 2017-08-17 23:46 | 音楽・アート | Comments(0)

目玉堂さんの缶バッジをつけてみた♪

 カフェ百日紅で『TH(ドーキングヘッズ)No.71』を買うと、百日紅主人の目玉堂さん作成の缶バッジがもらえます。現在、開催中のグループ展『レプレカントの視る夢』をモチーフにしたものです。
 早速、バッグにつけてみると、いままで持っている缶バッジもつけてみたくなりました。
 30年以上前のマッドネスの缶バッジ!(となりはマッドネスのサックス吹き) 表には貼りづらいものをポケットの裏側に。ローリングストーンズのは、あまりにベターだからです。もうひとつは、松田優作主演のテレビドラマ『探偵物語』!
b0122645_2128507.jpg

b0122645_21294367.jpg

 ほかにも『スケバン刑事』(南野陽子主演)や、ますむらひろしのもありますが、缶バッジだらけになるのもどうかと……。
                                                                                             
by ashikawa_junichi | 2017-08-02 21:35 | 音楽・アート | Comments(0)