カテゴリ:音楽・アート( 191 )

投票と岸田尚肖像画展最終日

 昨日10日日曜は、かみさんと息子と一緒に投票所へいって投票してきました。
 たかが一票、されど一票。20歳の息子にとっては、はじめての投票です。いかなる実感がわいたか……。
 HKTの宮脇咲良さん(18歳)は「……私の一票では何も変わらないかもしれないですが…私自身が変わるきっかけになれたと感じました。(中略)等身大で日本の未来を考えないといけない、人任せではいけないんだと気付きました。……」と、Google+で書いていました。息子もそうであってほしいと切に願います。

 投票のあとは、地下鉄で銀座へ。
 わたしも拙作を展示していただいている岸田尚肖像画展へ。日曜で最終日だからか、ギャラリーの中は人でいっぱいです。

b0122645_18595272.jpg


 岸田尚さん、睦月影郎さん、中野耕一さんたちと写真撮影。金髪のかたは、新宿ゴールデン街のお店のオーナーさん。

b0122645_1905239.jpg


 17時で終了し、岸田尚さんの挨拶がありました。

b0122645_1924084.jpg


 打ち上げは少人数で新橋で。どくろ顔はダーティ・松本さんです。

b0122645_1915348.jpg


 楽しい一日でした。おつきあいくださったみなさん、ありがとうございます♪m(*^ω^*)m

 ところで、嬉しいことに、わたしの絵を買ってくださったかたがいらっしゃいます。実は知人なのですが(^o^;)
 それにしても嬉しいことです♪

 帰って、嬉しくないニュースが。与党が3分の2を制しそうだとか。うーむむ……。
 野党は改憲を争点にしすぎたのか!? 国民の関心は経済ばかりに向かっていたのか!?
 憲法改悪への道は開かれてしまいましたが、まだまだ阻止できます。諦めてはいけないです。

 さらに嬉しくないことが。
 ユーロ選手権決勝で、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドが、激しいタックルを受け足を故障。前半途中で離脱してしまいました。ポルトガルもフランスも応援しているわけではありませんが、スターには、最後までピッチでプレイしてもらいたかったです。残念。
by ashikawa_junichi | 2016-07-11 19:08 | 音楽・アート | Comments(0)

塙興子さんの個展『さかしま』!

 昨日は夕方に板橋の『カフェ百日紅』へいき、塙興子さんの個展さかしま』を観てきました。
 前回の塙さんの個展では、幻想的で緻密な絵を堪能させていただいたのですが、今回はお若いときにマニア氏や新聞連載の官能小説のために描いたイラストが展示されています。
 エロティックですが、かわいらしさも感じられる絵ばかりです。
 来週の月曜まで。

 塙さんと、ご学友のかたと記念に写真を撮りました。塙さんは学生時代から、先生の面白い似顔絵を描いてクラスメイトを楽しませていたそうです。

b0122645_1851265.jpg


b0122645_1852428.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-07-09 18:06 | 音楽・アート | Comments(0)

岸田尚さんの肖像画を描きました(^o^;)

 7月5日から10日まで開かれる『岸田尚 肖像画展4』に、なぜか参加することになったので、恥ずかしい出来ですが、なんかと描きあげました。
 縮小すれば、少しはましに見えるかも……。どうかなあ……。

b0122645_1757334.jpg

 
『岸田尚 肖像画展4』のDMです。

b0122645_175892.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-06-16 17:59 | 音楽・アート | Comments(0)

クトゥルーあみぐるみ♪

 一昨日の朝松健さんのイベントでお目にかかった『るるい宴』さんのおひとり・青木淳さんのとても可愛らしいクトゥルーのあみぐるみです。許可を得て撮影させていただきました♪
『るるい宴』のもうおひとりは、イラストレーター&漫画家の鷹木骰子さんです。
 お二人は御夫婦です♪

b0122645_1861310.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-06-14 18:11 | 音楽・アート | Comments(0)

カフェ『百日紅』で妖しい世界に迷いこむ

 今日は、夕方に板橋の『カフェ百日紅』へ。車で、いろいろと買い出しの用があったので、その途中に寄りました。
 開催中の催しは『play house~ CordlssTrapeze番外編~』で、いろいろなものを展示、販売していました。妖しい魅力が満開で、わたしがいるのは場違いな気がしつつ、しばし時を過ごしました。
 参加作家さんは9人でしょうか。

b0122645_23213894.jpg


 寫眞館ゼラチンさんがいらしたのですが、このかたの写真が、日本でいて日本でない世界、どこか別の世界を描いているような魅力がありました。展示されているのは、別の世界の住人でしょうか。エロティックで妖艶な青年がいます。ゆっくり見られなかったので、また見たいです。

b0122645_2321545.jpg


b0122645_23235230.jpg


b0122645_232469.jpg


 期間限定のハーブティー『バッカスの後悔』と、オレンジのケーキを味わわせていただきました♪

b0122645_23245573.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-06-03 23:30 | 音楽・アート | Comments(0)

昨日は5度目の深瀬綾個展へ。

 昨日は、板橋の『カフェ百日紅』へ。深瀬綾さんの個展最終日でした。
 深瀬さんの作品をはさんで、一緒に記念写真を撮っていただきました。
 今回の個展に足を運んだのは、都合5度目でした。
 ダー松さん、聖さん、そしてめめさん(女性)と。初めて来店しためめさんは、百日紅の常連さんになるそうです♪(^o^)

b0122645_21321759.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-05-31 21:36 | 音楽・アート | Comments(0)

能『杜若』の鑑賞、そして再び深瀬綾展!

 土曜日に、宝生能楽堂へいき、東川尚史さんがシテをつとめる『杜若』と狂言『附子』を見てきました。作家仲間の聖さんと一緒です。

b0122645_23265389.jpg


 幽玄の世界に浸ったあとは、板橋のカフェ『百日紅』へ。
 ふたたび『眼球霊體展~壹之巻-深瀬綾個展』を観賞しました。
 深瀬さんには、御札を作っていただきました♪

b0122645_2319869.jpg


 そのあとは新宿『T's Bar』へ。居合わせた美女2人としばし歓談。
 いろいろ楽しかった土曜日でした♪
by ashikawa_junichi | 2016-05-16 23:30 | 音楽・アート | Comments(0)

デヴィッド・ボウイ追悼ストアで買い物

 昨日(日づけ変わってますから、もう一昨日か)の観劇の前に、渋谷に寄り道してパルコpart3に特設された『デヴィッド・ボウイ追悼ストア』をのぞいてみました。
 2階にあるのですが、そこはレデースフロア。(下着ブランドの)ピーチ・ジョンの横を通っていかねばならず、ちょっと恥ずかしかった(^o^;)
 奥にある追悼ストアは、小さいスペースながら、ボウイだけでなく、ローリング・ストーンズ関連のものもありましたよ。
 ちょっと迷った末に、マグカップを2種類買いました。
 もっとスリムになっていたらTシャツを買うところだったのですが……。

b0122645_09238.jpg


 ストーンズのマークの入ったジッポにも惹かれましたが、煙草をやめてますから、使う機会がないってことでやめました。こうしたものは、ただ眺めているのではなく、使わなくちゃと思うのですよ。ということは、わたしはコレクターではありませんね。
by ashikawa_junichi | 2016-05-12 00:11 | 音楽・アート | Comments(0)

天龍寺曹源地庭園

 前々回だったかの『ブラタモリ』は、夢窓疎石が作った京都天龍寺の曹源地庭園が出てきましたね。
 今日の『日曜美術館』にも曹源地庭園が出てきました。
 でも、前者が地形の妙(庭園内の段差が、庭園の魅力に多く寄与していること)に終始していたのに、後者は禅の心からのアプローチでした。
 同じものでも、見方が変わればまったく違った感興があるものですねえ。
 前者はタモリたちが、騒がしく地形に関して話していたのに対して、後者は井浦新太が静かにひとり坐禅をしていました。
 両方とも面白かったです♪

b0122645_18175570.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-05-08 18:09 | 音楽・アート | Comments(0)

カフェ『百日紅』で『深瀬綾個展 眼球霊體展~壹之巻』!

 ふと思い立って、カフェ『百日紅(ひゃくじつこう)』へ、深瀬綾さんの『眼球霊體展~壹之巻』を観にいってまいりました。
 妖しげな、そして深遠なる世界へといざなう作品群が展示されていました。
 水子を描いておられるようです。そう思って見ると、優しい気分になりますね。
 ところが、じっくり観る暇なく、深瀬さんの話に惹きつけられてしまいました。深瀬さんは、現代美術家ですが、作家でもあり、陰陽師でもあります。
 車を長時間駐車できない場所に置いたので、長くいられませんでした。つぎは、じっくりと鑑賞するためにも、歩いていくか、長時間駐車できる場所に車を置くことにします。

b0122645_222917.jpg


b0122645_22291416.jpg




 
by ashikawa_junichi | 2016-05-06 22:35 | 音楽・アート | Comments(0)