カテゴリ:スポーツ( 146 )

Viva! 鹿島アントラーズ!

 2日経ちました。鹿島アントラーズがレアル・マドリードと90分戦い、決着つかずに延長戦になり、そして敗れた試合から。
 テレビ観戦ですが、興奮しましたねえ。1-1で折り返し、後半がはじまってからは、もう座っていられず立って見てました。勝ち越したときは驚喜! このままいけーと思ったのですがねえ……。

 まあ、結果は残念ですが、最後は地力の差が出てしまった感じでした。でも、90分で引き分けの戦いをしたのですから、これは快挙です。素晴らしいです。

 心配なのは、海外からオファーがきて、柴崎や昌子などが移籍してしまうことです。せっかく若手が育って、これからというときですからねえ……。

 ツイートしたのと、まったく同じこと書いてますが、もう一度書きたかったんです(^o^;)


by ashikawa_junichi | 2016-12-21 00:32 | スポーツ | Comments(0)

鹿島は年間3位だ。新潟はなんとか残留。そして……

 1週間のご無沙汰です。
 この1週間のあいだで、サッカーと野球の2大スポーツで優勝が決まりましたね。
 まあ、サッカーはセカンドステージの優勝で、年間を通じてのチャンピオンシップはまだですが。

 しかし、日ハムが優勝したので、セールがあるかと思いきや、北海道でのセールだけでした。シャウエッセンが安く買えると思ったのに!

 名古屋は残念。しかし、降格がないと昇格がないわけで……まあ、しかたありません。

 時の過ぎるのが、ものすごく速く感じます。歳のせいですねえ……。
 よしなしごとを書きつらねて、はいさようなら。(またね!)

 犬は見ていた……の図。
b0122645_18273671.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-11-03 18:28 | スポーツ | Comments(0)

祝ボルトがル!

 一昨日の夜(昨日の未明)、ユーロ選手権の決勝を途中まで観て、あとは録画して寝ました。クリスティアーノ・ロナウドが負傷退場するまでです。
 昨日起きてからスポーツニュースを見ることなく、結果を知らずして録画を見ることができました!
 な、なんと! エースを欠いたポルトガルが1-0で優勝していたではないですか!
 判官贔屓か、なんとなくポルトガルを応援していたので、よかった♪
 フランスは、ポルトガルに比べて休みが一日少なく、疲れが後半から出てきたようです。そして、プレッシャーからの焦りもあったでしょうか。

 しかし、ユーロ選手権のゴールシーンを見るだけでも、技術の凄さを実感します。Jリーグも、このくらいのレベルにならないものでしょうかしらん……。というか、もっとお金を使って、旬の素晴らしい選手を連れてきてもらいたいものです。

b0122645_1953580.jpg


 安倍は、改憲をまったく語らずに選挙にのぞみ、終わったあとに、改憲をすすめるといいました。
 なんとセコイことでしょう。
 まあ、これからみっちり議論して、最後は国民投票でノーをつきつければよいのだ!
 ポルトガルだって、グループリーグではまったく勝てずに3位通過だったんだ。それが大逆転! 関係ないけど、あやかりたいものです♪
by ashikawa_junichi | 2016-07-12 19:07 | スポーツ | Comments(0)

トマソンとイチローのピート・ローズに対する反論

 わたしは、野球に興味がないのですが、トマソンの名前は知ってました。
 そのトマソンの名前を、今日の天声人語のなかで見つけました。
 天声人語は、ピート・ローズがイチローの日本での記録を大リーグの記録に加算することがおかしいとケチをつけたことに関するものでした。そのなかで、豪快な空振りが多くて「扇風機」といわれたトマソンのことも引き合いに出されていたのです。(ローズは、日本の野球はレベルが低いという理由に、日本で活躍したアメリカの選手は大リーグでは駄目だったということをあげているが、逆に日本で活躍出来なかった大リーガーも多くいて、トマソンもそうだというもの)
 なぜ、トマソンの名前を知っていたのかとういと、まずは赤瀬川源平の「超芸術トマソン」です。美しく保存された無用の長物……だとか。
 そして、伊藤つかさです。彼女が「好きな野球選手は?」と訊かれて「トマソン」と応えたことを鮮明に覚えているからです。その「トマソン」という口調が可愛かったんですねえ。

 それはともかく、イチローはさりげなくローズに反論していましたね。あまりニュースで取り上げられていないのが不思議です。
「日本で野球をつづけていて、この安打記録を塗り替える選手が出てきたらスゴイですよ。こっちでやるより、大変だから」(記憶に基づいているので、言葉は正確ではありません)
 といっていたのです。つまり、大リーグでよりも、日本でプレイしながら記録を塗り替えるほうが難しいといったのです。「日本での安打記録にケチをつけるなんて、勘違いもはなはだしいぜ!」ということですね。

b0122645_23502488.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-06-16 23:51 | スポーツ | Comments(0)

モハメド・アリ追悼

 モハメド・アリが亡くなりましたね。享年74。
 アリといえば、カシアス・クレイ時代にソニー・リストンを敗って、ヘビー級の王座についたのですが、これは記憶にありません。まだ小学生でしたでしょうか。
 記憶にあるのは、徴兵拒否のために王座を剥奪されあと、復帰戦でジョー・フレイジャーと闘った試合です。中学のころ、テレビで見てましたが、フレージャーの細かいパンチに手を焼いて負けてしまいました。
 このフレージャーをノックアウトしたジョージ・フォアマンと、1974年10月30日にキンシャサで闘うわけですが、大方の予想はフォアマン有利。テレビ中継でも、日本のアナウンサー、解説者(ジョー小泉さんでしたっけ)は、いつアリが倒れるかとばかり。ロープに押しこまれつづけて、あれだけ強烈なパンチをボディに受けていては、あとでダメージがひどくなると、小泉氏がいっていたような記憶があります。
 ところが、疲れてしまったのはフォアマンのほうで、明らかに打ち疲れでした。
 鮮やかなノックアウトで、アリの勝利! ぼくは驚き、歓喜したものです。(アリを応援していました。見ていた人は、ほとんどがそうではなかったでしょうか)
 アリはあとで、ロープに押しこまれて、わざと打たせる戦法を「ロープ・ア・ドープ」と命名していましたね。
 ところで、のちになって、会社勤めのときの後輩・壬生くんに、
「アメリカの実況中継では、日本と違って、アリが圧倒的にやられているという実況ではなかったのですよ」
 と、教えられました。
 あとでアメリカの実況中継つきの映像を見たら(どこで見たのか忘れましたが)、そのとおりでした。フォアマンのパンチ力をアリが削いでいると……。
 いま、YuTubeにアップされている実況中継でご確認ください。
 でも、日本の中継のほうが、逆転した驚きが大きいものになって楽しめたのかもしれません♪

 しかし、フォアマンがあっという間に倒したフレージャーは、アリとは、互角の闘いを何度もつづけました。分からないものですねえ……。

 モハメド・アリは、類まれなボクサーであり、エンタティナーであり、博愛主義者であり、反骨の人であり、良心的なイスラム教徒でした。
 合掌。

by ashikawa_junichi | 2016-06-04 23:04 | スポーツ | Comments(2)

WOWOWさん、ごめんm(_ _)m

 以前WOWOWに加入していた人は、また加入すれば4月いっぱい無料サービスが受けられるというので、いちおう加入しました。(そのあとは解約してもいいというし)
 そして、懐かしい番組を見たのです。
『エキサイトマッチ』です! 10年ぶりでしょうか。(WOWOWには、数年前まで加入していたのですが、忙しくて10年前から見なくなってました)
 アナウンサーは、前と同じくいつも焦っている口調。実況中継が全然上手くなってない。額がずいぶんと禿げ上がってました。
 元チャンピオンの浜田氏は、前と同じく熱い解説を、まわらない舌で一所懸命に語ってます。
 ジョー・小泉氏は、前と同じく博学な知識でボクシングの魅力を伝えてくれますが、ちょっと声が小さくなって、前ほどの元気がないような気が。歳でしょうか……心配。
 試合は3試合。前座の2試合は適当に見て、メインイベントは『マニー・パッキャオVSティモシー・ブラッドリー』! 6階級を制覇した、とんでもないポクサー・パッキャオの引退試合でもあります。
 パッキャオも37歳ですから、以前のような破壊力はありません。ブラッドリーがカウンターに徹してしまったせいか、テクニックを見せ合う玄人好みのボクシングになったようです。(と、小泉氏と浜田氏がいってました)
 KOはなかったけれども、まあまあ面白い試合でしたよ。
 この引退試合を3-0の判定で勝ったパッキャオは、オリンピック出場の噂がありますが、出たら金メダル間違いなしですね。

 この番組を見ていたころは、ヘビー級ボクサーにどのような選手がいるのかよく知っていましたが、いまはまったく知りません。誰がチャンピオンなのかも。まあ、さほど騒がれてもいないので、魅力的な選手がいないのでしょうか……。
 また見たくなってきましたが『エキサイトマッチ』だけのために、月々2千円以上払いたくはありません。リーガ・エスパニョーラも見られるし、映画もあるし、『ツインピークス』もやるし、独自製作の面白そうなドラマもありますが、見ている暇がありません。
 というわけで、無料の期間が終わったら、契約を解除するつもりです。ごめん、WOWOWさん。

b0122645_271882.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-04-11 02:08 | スポーツ | Comments(0)

サッカー日本代表試合の覚え書き

 W杯アジア2次予選のアフガニスタン戦は、録画で見ました。
 格下相手とはいえ、前半はGKの好プレイもあって、なかなかゴールをこじ開けられませんでしたね。
 ですが、さすが岡崎! 見事なターンで先制点! 後半、ハーフナー・マイクの長身を生かしたヘッドでのラストパスも見られて満足! 小林悠と香川、原口などにも点をとらせたかったですが。(贅沢かな)
 さて、昨夜は、U23の強化試合。前回王者のメキシコとの対戦!後半、2-0とリードしているところで、時間も遅いし、風呂に入ってしまいました。
 風呂から上がったら、試合は終わっていたのですが、後半は、メキシコの猛攻にあって、1点とられたようですね。なんとか追加点は与えずに勝ったようですが、後半を見てたら、ハラハラしたんでしょうねえ……録画しなくて残念。
by ashikawa_junichi | 2016-03-26 16:43 | スポーツ | Comments(0)

明と暗

 昨夜は、メインのテレビは、かみさんと息子に占領されているので、ワンセグテレビとスマホで、WBC世界バンタム級王者山中慎介の10回目の防衛戦と、サッカー日本女子の五輪予選中国戦を、途中から同時に観ていました。
 両方同時に観るのは、けっこう疲れますね。しかも、山中はリードして、タフな相手にダウンを奪うも、逆に二度もダウンさせられたし、中国には先に点をとられているしで……。
 結果は、見事10回目の防衛を果たした山中と、中国に負けて、五輪出場がほぼ絶望的になった日本女子代表と……明と暗に分かれてしまいましたね。
 中国は、以前はアメリカと肩を並べるほどの強豪でしたよね。また強さが戻っているのでしょうか。この分だと、オーストラリアと中国が五輪出場となりそうですが、まだ波乱があるかもしれませんね。北朝鮮がどうなのか……。

b0122645_374919.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-03-05 03:08 | スポーツ | Comments(0)

サッカーU23日本代表、アジア選手権優勝おめでとう!

 ドーハでの決勝戦、サッカー日本U23代表は凄かったですね♪
 わたしは、前半0-1は覚悟していました。そして後半、浅野が出てきて同点にできればと思っていたのですが……後半に入って0-2になってしまったのは予想外。
 こりゃあまずいぞと思っていたら、韓国の選手たちに疲れが。これもまた予想外。たいそうタフだと思っていたのですが、今回の大会では、足をつる選手がけっこういたそうですね。それを知らなかったので。
 そして、浅野投入後に大逆転! 絵に描いたような……という形容がぴったりの試合でした。歓喜に声を出してしまいましたが、韓国サポーターはがっかりでしょうねえ。あの負け方は、つらいでしょう。立場が逆だったらと想像すると、ゾッとします。

 リアルタイムでけっこうツイートしていたのですが、また書きたくなってしまいました。
by ashikawa_junichi | 2016-02-01 02:25 | スポーツ | Comments(0)

サンフレッチェ広島世界3位おめでとう♪

 サンフレッェ広島が広州恒大に勝って、クラブW杯第3位になったのは快挙でした!
 いやいや、嬉しかったですね♪ なにせ、相手は、潤沢な資金でチーム強化をして、Jリーグのチームが負けつづけきたアジアチャンピオンですから。
 決勝は、バルサの力を見せつけられましたねえ。

 仕事ばかりで話題がないので、昨日観たサッカーのことを書きました。
 さて。これから、下北沢のイベントをのぞいてきます。仕事が押しているのですが、これはいかないと。申し訳ない。

 画像は、またも夜の浜町公演。

b0122645_17175222.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-12-21 17:18 | スポーツ | Comments(0)