<   2008年 06月 ( 63 )   > この月の画像一覧

6月30日

 今日、6月30日は、僕らの結婚記念日でした。
 今日になるまで、お互いに忘れておりましたよ(^o^;)
 で、恒例のごとく、プレゼントもなにもなし。時間もないので食事にも出ませんでした。
 なにはともあれ、13年経ちました。いろいろありましたが……まあ、こんなもんでしょ。
 こんなもん……て、どんなもん? と質問されても、そんなものかなと答えるしかありませんが。
 
 さて。もう今年も半分終わりますね。
 7月です。
by ashikawa_junichi | 2008-06-30 23:58 | 四方山話 | Comments(2)

薬師寺涼子の怪奇事件簿ハンドブック

 2週間ほどまえに打ち合わせをしたときに、フリー編集者のTさんにいただいたのが、この本です!↓
『女王陛下のえんま帳』(光文社文庫・476円+税)
b0122645_1713281.jpg

 田中芳樹さんのベストセラーシリーズ『薬師寺涼子の怪奇事件簿』をより面白く読むためのハンドブックです。漫画家の垣野内成美さんとの対談や、特別編の漫画作品も収録してあります。
 実は、僕は雑誌に初登場したときの薬師寺さんを読んでます。
「面白いなあ……僕も、こんなの書きたいなあ」
 と、思ったものです。もう何年前になるのでしょう……。
 この作品、田中芳樹さんは、ストレス解消のために書かれたとか。肩の力を抜いて、小説世界で存分に遊んでらっしゃる感じでしたが、それが軽妙さを作品に加味して、わくわく感を増しています。
 僕が田中さんの読者であるとご存じのTさんがわざわざくださったので、ありがたいかぎりです。(僕は田中さんと面識はありません。雲の上の存在です)
 紹介するタイミングを失していたのですが、7月から『薬師寺涼子の事件簿』のアニメが放送されると知り、これはお礼がてら紹介せねばと思いました。
 TOKYO MX では、7月7日から放送開始で、実に楽しみです♪
 ちなみにチバテレビや埼玉テレビは6日から、tvkでは5日からで、サンテレビ、テレビ愛知、KBS京都でも放送するようです。
b0122645_17134261.jpg

 
by ashikawa_junichi | 2008-06-30 17:13 | Comments(2)

やった~!

 ついにスペインがユーロ選手権でチャンピオンに輝きました!
 スペイン・イケメンのフェルナンド・トーレスが、これまでの沈黙を破り、決勝点を入れました!
 44年ぶりの優勝だそうです!
 おめでとう、スペイン!ヾ(@^▽^@)ノ

 あら? 忙しいのに、観てしまいましたよ!(^ω^;)
by ashikawa_junichi | 2008-06-30 05:36 | スポーツ | Comments(0)

食べすぎて気持悪い

 夕食の時間は、午後7時半ごろだってのに、もう日付が変わってるつうのに、腹がパンパンのまま気持ち悪いです(^ω^;)
 息子は、友だちの家での勉強会の流れで、友だち家族と外食をしに行ったので、かみさんと二人の夕食。
 牛肉と豆と野菜のトマト煮込み、バジルソースのパスタ、チーズを乗せて焼いたナン(ナンの賞味期限が切れそうなので)がメニューでした。
 ナンは2枚ですが、あとの分量が多い。僕らは大食いの部類なので、かみさんも僕も多めに作る癖がついてます。
 分量を見て、多すぎるから、夜食にまわそうと思いました。
 ところが、これでおなか一杯だと、いったん食べるのを止めたあとに、また手を出してしまい、ついに二人で食べきってしまいました。
 かみさんが全部作ったのですが、これが美味しかったんですよ。ホント。
 こんなところでお世辞言っても始まらないし、かみさんはこのブログを読んでませんから。
 パスタもトマト煮込みも、四人分ずつくらいありましたからね……食べ過ぎです(-o-;)
 
 写真撮っておけばよかったです。その多さが立証できます。……なにも嘘をつく必要がないので立証することもないのですが(^o^)
by ashikawa_junichi | 2008-06-30 00:33 | 食べ物 | Comments(0)

前の日記を間違えて削除

 内容はどうでもよいような、息子のドリンクバーカクテルの話だったんですが、消えたのが悔しいので、もう一度書き直します。

 昨日(6月28日)、買い物のあと、夕食を白山のジョナサンでとったのですが、そのとき、息子がドリンクバーを注文しました。
 ドリンクバーというのは、何杯でも好きな飲み物を飮めるファミレスのサービスのことです。
 息子は、友だちとよくやっているという、カクテルを作りました。
 コーラとカルピスソーダとオレンジジューのカクテルです。見た目はなぜか緑茶みたいですが、これが……美味くもなんともない! というのは僕の感想で、息子は美味しいと言って2杯も飲んでました。
 きっと舌がおかしいに違いありません(^ω^;)
b0122645_13564392.jpg

 ファミレスで、ドリンクバーだけ注文してダベっている中学生を見かけますが、息子もそうなってきたようです。
 ……「ダベっている」と書きましたが、これって今も使います?
by ashikawa_junichi | 2008-06-29 13:57 | 食べ物 | Comments(0)

まめinキャリーバッグ

 プールからの帰りに、ペットショップへ。そこで安いキャリーバッグを買いました。
 日曜に、かみさんと行ったときに、目星をつけていたのです。
 ネットでも、これほど安くてしっくりするものはなく、ほかの店でもなさそうなので、買うことにしました。
 アウトドア(メーカー名)の製品で、6千円しないんですよ。
 まめは、けっこう気に入ったみたいです。狭いところは安心するのかも。
b0122645_39754.jpg

by ashikawa_junichi | 2008-06-28 03:14 | ペット | Comments(0)

プールへ

 今日は、夕方、またプールへ行きました。(日付変わってるので、正確には昨日)
 週2~3回くらいのペースで行けたらよいです。仕事が押し詰まってしまうと無理かもしれませんが(^ω^;)

 ちょっと体が慣れてきたのか、1時間強、歩いて泳いでましたが、さほど疲れてないです。
 あ、クロールを少なめにしたからかな。クロールは、とにかく疲れますね。……いや、クロールが苦手なせいですか。
 泳ぎの練習なんて、中学以来してませんもんね。海へ行ったら平泳ぎばかりしているし。
 健康によいし、贅肉も取れるかもしれないし、さらに泳ぎも上手くなれるかもしれないので、プール通いはつづけたいと思います。
 それには、こつこつと仕事をしていかなくては。プールへ行く余裕を持つためにも。
by ashikawa_junichi | 2008-06-28 03:01 | 四方山話 | Comments(3)

ユーロ選手権も決勝を残すのみ

 今回のユーロ選手権は、すごく面白いんですが、余裕がなくてじっくりテレビ観戦できませんでした。
 番狂わせが多く、トルコとロシアの快進撃はその象徴ですが、ともに準決勝で力つきましたね。
 決勝はドイツとスペインですか。
 スペインに勝ってほしいなあ……。つねに期待外れに終わるスペインなので、今回はやるぞと力入りすぎて本来の動きが出ない、なんてことにならないようにね♪
by ashikawa_junichi | 2008-06-27 13:15 | スポーツ | Comments(0)

今日の用心棒

 毎回、悲惨な終わり方をする『俺は用心棒』ですが、第24回『拾った道』では、今までなら斬り殺されるに違いない人のよい老夫婦が無事で、逃げてきた美しい腰元も生き延びます。
 こりゃいったいどうした変化なんでしょ?
 おそらく、回を重ねるうちに、
「なんで毎回無理矢理のアンハッピーエンドなんだ!」
 というクレームが、視聴者かスポンサーあたりから出たに違いありません。
 ちょっと拍子抜けしましたが、面白いことに代わりはないです(^o^)

 こうして毎日観ていると、うっすらと覚えているシーンがあったりして、ドラマを楽しむとともに、懐かしさもこみあげてきて、感無量です♪

 親父が亡くなるちょっと前に、青年時代に見た映画を列挙して、手に入るなら手に入れてくれと頼んできました。
 半分は無理でした。今では、すべて手に入ります。便利な時代になったものです。
『俺は用心棒』も、また観られるなんて思ってもいませんでしたよ。
by ashikawa_junichi | 2008-06-27 01:55 | ドラマ | Comments(0)

俺は用心棒

 時代劇専門チャンネルで再放送中の『俺は用心棒』が今月で終了します。
 幕末、政治の大波は容赦なく世間に襲いかかり、常に割りを食って悲惨な目に遭うのは、つましく暮らす庶民である……この視点を強調するためか、毎回悲惨な終わり方で、中学生のときは、なんで~!?とがっかりしながらも、次回を楽しみにしていたものです。

 佐幕派も倒幕派も、主人公の仲間みたいな沖田総司をのぞけば、みんな悪者扱いですね。国家のためと言いながら、私利私欲に走る輩や、国家はそこに暮らす民あってこそなのに、そんなことを思いもしない武士たち……制作当時(1967年)のやけに暑かった政治の季節を揶揄しているようでもあります。
 原作脚本の結束信二の視点はゆるぎません。

 今日を入れてあと3回……名残惜しいですが、来月は同じく結束信二原作脚本の『待っていた用心棒』が始まります。これは観てないんですよ。
 主役は栗塚旭ではなく、伊藤雄之助です。
 そのあと、また栗塚旭主演で『帰ってきた用心棒』を放送してくれるのかも。これも未見なので、楽しみで仕方ありません。

 ところで、沖田総司ですが、本人が手紙で「沖田総二」と書いたことがあるように「そうじ」と読むのが正しいようです。(ウィキペディアよりの受け売り。間違ってる可能性あり)
 沖田を演じた島田順司の名前が「じゅんし」と末尾が濁らないことにかけてと、さらに「そうし」のほうが語感がよいからという理由から「そうし」にしたそうです。
 島田演じる沖田の人気が沸騰し、これ以降「そうし」と呼ぶほうが優勢になりました。
 えとう乱星さんの傑作『総司還らず』(廣済堂文庫&ワンツー時代小説文庫)も「そうし」とルビがあります。
 たしかに「そうじかえらず」と読むより「そうしかえらず」のほうが語感がよいですね。「そうし」は「壮士」に通じますし。
by ashikawa_junichi | 2008-06-26 15:19 | ドラマ | Comments(2)