<   2008年 11月 ( 58 )   > この月の画像一覧

まめが引き止める

 仕事の締め切りを過ぎているので、馬車馬のように書かねばなりません!
 夕食が済み、では仕事部屋へ行こうとすると、その気配を察して、まめが盛んにまとわりついてきます。
 なかなか仕事部屋へ行かせてもらえないんですよねえ(^ω^;)
 息子が食後のデザートを食べ始め、そちらのほうに気を取られている隙に、あわてて離れてきました。
 ふう……ヽ(´ー`)ノ
b0122645_22182852.jpg

by ashikawa_junichi | 2008-11-30 22:18 | ペット | Comments(0)

11月最終日

 あと2時間で11月も終わりですね。
 明日から12月ですね。師走ですね。一年過ぎるのが早いですわ……まだ一カ月ありますが。
 今年1月に、義父がなくなったので、年賀状欠礼の葉書を出します。
 あと2カ月と少しで、義父の命日なんでねえ……。
 なんでしょうねえ、今日のこの日記は。
 早く届かないかなあ、角川書店の『江戸語大辞典』……。
 コーヒーの電動ミルも注文しちゃいました。手挽きは疲れるし……。澤井珈琲というところの。
 なんか特別価格の福袋ってえやつで、安いんですよ。anriananさんから教えてもらいました。ブログ(Anriの日記)に書いてありますよ。
by ashikawa_junichi | 2008-11-30 22:02 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

駅風呂

 このエキサイトブログのことを『駅風呂』って書いたりする人がいるんですね。

 駅の風呂って……天橋立の駅に風呂があったような。いや、すぐ近くにあるってだけでしたっけ……。ともかく安い風呂があって、列車が到着するまでのんびり湯につかっていた思い出があります。

 駅風呂という言葉は、このブログがメンテナンスのときに、それについての日記を書いておられる方のブログを覗いたときに見つけました。
 いろんな当て字を考えるものですね。
by ashikawa_junichi | 2008-11-30 18:33 | 四方山話 | Comments(0)

やったあ!

 アントラーズvsジュビロですが、ついつい気になって観ましたが、良かった。
 終了間際の岩政のヘッドが、一度ディフェンダーの頭に当たり、跳ね返ってきたボールがまた岩政の頭に! 瞬時の出来事でした。(スロー再生しないと分かりません)
 ボールはゴールに吸い込まれていきました!
 あれが、ディフェンダーに当たらなかったら、まっすぐ飛んだボールを川口がセーブしていた可能性が大ですね。角度が瞬時に変わって、ゴールの右へ飛びましたから。
 ジュビロの選手とサポーターはさぞ落胆していることでしょうが、まあ残留しそうだから、我慢してね。
 オリベイラ監督が泣いてましたよ。そのくらいの激戦で、大事な勝ち点3でした。
by ashikawa_junichi | 2008-11-29 16:12 | スポーツ | Comments(0)

洗濯籠の中のまめ

 気にいったみたいです。
 ピンボケのため画像を縮小しました。クリックしても大きくなりません。
b0122645_28456.jpg

by ashikawa_junichi | 2008-11-29 02:06 | ペット | Comments(2)

靴下を噛むまめ2

 保険会社の担当が代わったのでした。
 書類にサインして終わり。
 ピングーのタオルをもらいました。時代小説好きの家族がいるというので『若竹ざむらい』を差し上げました。
b0122645_15223773.jpg

by ashikawa_junichi | 2008-11-28 15:36 | ペット | Comments(0)

靴下を噛むまめ

 仕事しなくちゃならぬのに、保険会社の人が来ます。
 なんかの書き換えだとか。
b0122645_14374577.jpg

by ashikawa_junichi | 2008-11-28 14:37 | ペット | Comments(0)

ヒゲ、どうでしょう?

 息子が、まめのヒゲは切らないほうがよいというので、そのまま伸ばしています。
 かみさんは切りたいようです。
 僕は……どっちがよいのか分かりません(^ω^;)
b0122645_22473293.jpg

by ashikawa_junichi | 2008-11-27 22:47 | ペット | Comments(4)

コミケデビュー!&流出画像

 12月30日、ついにコミケデビューです!
 といっても、ある同人誌の中の漫画の、そのまた原作という立場ですが。
 同人誌は『新つれづれ草』といい、何十年も前に同人のみなさんが活動されていたそうです。
 そして、それが復刊するにあたり、妙な縁から僕も参加することになったのです。
 漫画のタイトルは『汗かきおちんこ君』!
 MIXIというSNSで、僕が日記で「汗かきおちんこ君」を登場させ(フレーズだけです)、漫画家のOさんがすぐに2次元化し、さらに脇のキャラも作られたのです。
 Oさんは『新つれづれ草』の同人で、Oさんに依頼され、僕は原作を書きました。(Oさんの正体は、右の欄のリンクから推測してください)
 すでに絵も出来上がりつつあるようです。このたび、漫画家Oさんのサイトに流出した画像を、こちらにも流出してしまいます!
 描いてあるのは、おちんこ君のお父さんである「ちちんこパパ」です。剥けてます。
b0122645_222291.jpg

 
by ashikawa_junichi | 2008-11-26 22:29 | 漫画 | Comments(2)

ちょいと告白

 なんでも、このエキサイトブログが、午前零時から明日の正午までメンテナンスのためにサービスが一時停止するらしいです。
 最近、ちょっと重いと感じていたので、サクサク軽くなるといいんですが。

 さて。ちょいとした告白をします。
 仕事が忙しいので、死霊……じゃなくて資料のほかは、あまり本を読めずにいるんですが、購入欲は衰えることなく、でも本屋へは行けず(行ったらけっこう居すわってしまうので)もっぱらネット書店のアマゾンで購入しています。
 それがどんどん到着して、積ん読本が増えつづけております。
 さきほど到着したのが、マーケットプレイス(古本屋さん)で購入した『続 江戸職人綺譚』(佐江衆一・新潮文庫)です。
 正編もこのあいだマーケットプレイスで購入したのですが、新品がないんですよ。
 つまり品切れ。重版未定。中山義秀文学賞を受賞した名作なんですが……。
 でも、東京新聞で評論家の縄田氏が絶賛されていたので、重版されるかもしれませんね♪

 さて、今日はあと『すれすれ』が届くはずです。吉行淳之介の楽しい作品ですよ。未読なので、断言は出来ませんが、ぜったいに面白そう。でも、これも絶版なんですよねえ……。

 実は僕のペンネームですが「芦川淳之介」になっていたかもしれないんです。時代小説を書き始めたころ、ある出版社の編集さんが、もっと時代小説家らしい名前にしろと言ったから、では淳之介にしようかしらん……なんて思ってました。まあ、事情があって、そこの出版社では仕事せずにきたので、改名せずにきてますが。

 なぜ「芦川」ってペンネームにしたかというと、子どもの小説を書いているときに、優しそうなスマートな名前にしたかったからです。
 あ、それはそうなんですが「芦川」はもっと前からです。レディスコミックの原作を書いていたときからです。
 僕の永遠のアイドル「芦川いづみ」さんの名前を拝借してしまったのでした! 当時は「芦川泉」としてました。これなら女性か男性か分からないでしょ?(なんたってレディスコミックですから)
 で、芦川という名前に愛着を感じ、子ども小説を書くにあたっても「芦川淳一」にしたのでした。
優しそうでスマートですしね。(淳一は本名です)

 いまは「芦川淳吉」なんていうのが良かったかなあと思ってます。以前「淳吉」というニックネームで呼ばれていた時代があったんですよ。懐かしいなあ……。
by ashikawa_junichi | 2008-11-25 16:22 | 小説・本・仕事 | Comments(4)