<   2011年 03月 ( 46 )   > この月の画像一覧

一カ月でたったの70ページ

 ようやっと、一カ月かかって文庫本の4分の1を書き終えました!
 4分の1って、70ページ強ですよ。それが一話分。たったそんだけ。嗚呼002.gif
 3月の上旬までは、ゲラ読みで時間を取られ、さあこれからというときに大地震。もう駄目。駄目駄目。
 それでも、少しずつ書きつづけて、やっといま第一話終了。
 このペースだと、一冊書くのにあと3カ月かかることに! それはいかんです。これから猛ダッシュせねばなりません!047.gif070.gif071.gif


by ashikawa_junichi | 2011-03-31 03:47 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

ようやく納豆ゲット! トイレットペーパーも!

 近所のスーパーやコンビニでは払底していた納豆とトイレットペーパーなんですが、ようやく手に入れました♪ 納豆なんて制限がないので2パックも!(それ以上は自重しました)
「都内は、納豆もトイレットペーパーも品不足ではないぞ」という声を聞いていたんですが、どうも近所は違うようなのです。
 で、少し足を延ばして、山手線をまたぎ内側に入ってみれば……なんと! あるではないですか!
 うちは山手線の外側なんですよ。スーパーもコンビニもガランとしているのに、今日行った内側のスーパーは以前と変わりありません。たったひとつ変わったことは、ペットボトルの水が「お一人さま一本かぎり」と書いてあったことだけ。その水もけっこうありましたよ。
 なんなんでしょうね、この違い! うちの近所だけ流通の経路から外れてるの? あるいは、山手線の外側と内側では、流通の待遇が違うの?

 しかし、物流の滞っている被災地のかたがたには、申し訳ない気持ちです。
 仙台のち~ぼさん、すまんです。納豆を味わって食べますね♪ 一日も早く、ち~ぼさんも納豆を食べられるようになることを祈ってます。


by ashikawa_junichi | 2011-03-29 18:04 | 事件・天災 | Comments(9)

『気功の会』で勇気づけられる!

 さきほど、気功の会と、そのあとの食事会を終えて帰宅しました。
 気功を始める前に、師匠の*hana*さん以下、みんなで震災で犠牲になったかたがたへ黙祷をしました。

 食事会で、早見俊さんが、素晴らしい決意を述べておられました。
「僕らがやれることをやるしかない。僕らはエンターテインメントの作家だから、面白い小説をたくさん書くしかありませんよ。それを読んでもらって、気分を晴らしてもらうことしかないんです」
 うむ、そのとおりですよねえ。
 震災からこっち、なんだか鬱症状で、書けないでいる私が、なんと情けなく思えたことか!

 開田あやさんからは、
「時代小説は、こうしたときにこそ必要ですよ。人々の心を温め、スカッとさせる時代小説が求めらるんじゃないですか」
 と、仰ってくださいました。
 元気が出ますね!


 ただ、ひとつだけ暗い話が。
 福井県敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」で、去年、炉内中継装置を落とした事故があって、いまだ解決していないのですが、かかわっていた人がひとり自殺してしまったとか。
 自殺の理由は分かりませんが、なんだか嫌な雰囲気ですよね。


by ashikawa_junichi | 2011-03-29 01:24 | 小説・本・仕事 | Comments(6)

『放射能は、微量だからこそ恐ろしい』

 池端洋介さんのブログ『湘南どこ吹く風』に、興味深く、そしてゾッとする記事がありました。

放射能は、微量だからこそ恐ろしい』です。

 池端さんは、いたずらに不安を煽ろうとしているのではありません。いまの事故への追及を徹底することと、将来に渡って、第三者の手で(出来れば外国の組織で)検証すべきだと提言しているのです。
 でなければ、政財界と電力会社の根強い原発推進パワーに、いつしか事故の記憶は風化し、さらにひどい事態になってしまいそうだからです。


by ashikawa_junichi | 2011-03-28 15:47 | 事件・天災 | Comments(4)

納豆とトイレットペーパー

 日曜日のスーパーに納豆はありませんでした。トイレットペーパーも。納豆は工場がやられたからという理由もありますが、トイレットペーパーもなの? やっぱり買い占め?
 カップ麺もほとんどなかったですが、これも買い占めですか。放射能物質のために、家から出られなくなったときのため?
 パンが若干ありましたが、買いませんでした。
 このところ、夕方にスーパーに行って、見物してますが、午前中に行かなくては買い占めの現場は見られないのでしょうね。

 まあ、納豆が食べられなくても、トイレットペーパーがなくなっても文句は言いますまい。被災地の物資不足に比べれば、なんということもないのですから。
 そういえば、仙台にいるち~ぼさんは、お風呂に入れないけど、シャワートイレがあるので、お尻の穴が体の中でいちばんきれいだとツイートしてました。


by ashikawa_junichi | 2011-03-28 02:20 | 事件・天災 | Comments(2)

ポポポポ~ン♪

 いまだ納豆は買えず。その代わりに、昨夜はスーパーに納豆巻きが一パックあったので、それを食しましたよ。久しぶりの納豆は旨かったです♪
 今日はスーパーに行ってないけど、昨日は、まだトイレットペーパーがなかったです。午前中になくなってしまうのかな。……納豆も。

 さて、ACの「ポポポポ~ン♪」ですが、かみさんが「いただきマンモス」「ポポポポポ」(シャブでハイになってるのりピー)と、のりピーの真似をしやがりました。ぼくがのりピーのファンだったから、おちょくられたのかしらん(-o-;)
 まあ、それはどうでもいいとして……。
 こんなのを『雨あがり写真館』で見つけました。けっこう面白いので、こっちにもアップ!



 ポポポポ~ン♪ボタンもあります。


by ashikawa_junichi | 2011-03-27 18:46 | 事件・天災 | Comments(0)

奇しくも本日、二つの『隠密』が終了

 本日、ファミリー劇場で『隠密剣士』の第一部が終了しました。
 牧冬吉はアイヌの英雄を演じて存在感がありましたね。4月からは、第二部『隠密甲賀衆』を放送するそうです。
 そして、NHK土曜時代劇『隠密八百八町』は、地震があったので、最終回の放送が延び延びになってましたが、本日放送。
 奇しくも、二つの『隠密』時代劇が今日、終了してしまうわけです。
 土曜時代劇は本当に最後ですから、寂しいかぎりです。
 釈さんのおでこも見納めです。


by ashikawa_junichi | 2011-03-26 16:23 | ドラマ | Comments(0)

♪せまい日本のサマータイムブルース♪ヽ(`Д´#)ノ

 そして、極めつけはこれだ!




by ashikawa_junichi | 2011-03-24 17:34 | 事件・天災 | Comments(0)

♪核などいらねえ~♪長生きしてえな~♪

 The Timersの名曲(というか、曲はプレスリーですが)をどうぞ!
 途中、映像が乱れます。キヨシローのライヴでは、もっときれいな映像もあるんですが、やはりThe Timers がいいかなと思いました。





by ashikawa_junichi | 2011-03-24 17:25 | 事件・天災 | Comments(0)

原子力発電は止めよう!

 以前から、なんで原発でなく、代替エネルギーの開発に金を使わないのかと思っていたのですが……どうも、原発って金になるからのようですね。
 いまも一部代議士や官僚、電力業界、そして経済界の利権は強いようです。(具体的にはよく分からないのですが、それだけにもやもやと黒い靄がかかっているようです)
 これを打ち砕くには、よほどの決意がなくては出来ないかもしれません。

 だいたい電気の使い過ぎなんだから。
 IHだのオール電化だのと、電力会社とその周辺は、いままでやたらあおってましたよね。それで、電気が足りなくなるので、原発がなければ快適な生活が送れないとは、なんだか本末転倒です。

 水道局もです。マンション所有者に対して、屋上水槽はやめて、ポンプで各部屋へ水を直接吸い上げる方式への移行をしきりに薦めてますが、停電になったら、すぐ断水ですよ。屋上水槽なら、その水槽が空になるまでは水を使えます。停電をあらかじめ知っていたら、下の水槽から屋上水槽へ手動で水を吸い上げて満タンにしておけばいいのです。
 直接吸い上げる方式は、電気を余計に使います。
 なにか裏で取引しているようで嫌な感じですね。

 企業も冷暖房を弱くし(これまで夏は寒くて冬は暑いくらいですよ)照明も暗くして(明るすぎますよ)繁華街のネオンも自粛すれば(ギラギラしたのはもういいよ)かなりの節電になるはずです。それにプラスして各家庭が節電すれば、原発なんか要らないのでは……というのは甘い考えでしょうか。火力発電、風力発電、太陽光発電等々に、新たな発電方式を考案して、なんとかならんものでしょうか。
 不自由な生活になっても我慢しますよ。しますとも!

 23日の東京新聞朝刊では、福島原発の設計者のひとりが、原子力発電所を抱える全事業所の社長に宛てて「稼働中の原発を止めてほしい」とFAXで訴えたと報じられていました。
 設計段階で、M9の地震や、航空機が墜落して直撃する可能性まで想定するように進言したら「千年に一度とか、そんなことを想定してどうなる」と一笑に付されたそうです。まして、大津波はまったくの想定外だったようですね。
 その人は「(原発は)人間が扱えるものではない。一人でも多くの人に気づいてほしいんです」と言っていたそうです。
 まだ遅くない。原子力発電所をすべて停止して永久に休ませましょうよ。


by ashikawa_junichi | 2011-03-24 02:02 | 事件・天災 | Comments(13)