<   2011年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ブログについて

 ブログは、市民菜園のようなものだという考え方があるようです。
 写真を掲載したり、自分の工夫したレシピを紹介してみたり、美味しいお店の情報を載せたりするブログは多いですよね。
 そうしたブログに、なんだそのレシピは! とか、そんなお店、不味いよ! と思っていても、ことさらに書くのは無粋だと思います。
 そんなことは、わたしもしません。(よほどのことがないかぎり)
 ただ、政治の問題や、原発への意見などが書かれていれば、もうそれは市民菜園的なブログではないでしょう。ほかの部分はともかく、その記事は。

 わたしはこう思う!と自分の意見を余所で書いて、割を食ったことはあります。
 実際、大御所の作家に睨まれてる気がしますもんねえ(-o-;)
 そうしたことはせずに、こつこつと小説だけ書いていればいいのに……と、思ったりします。いや、ですから、あまりしませんよ。これは黙ってられない!と思ったときだけです。(それも自重したほうがいいでしょうね。もともとノンポリに近いんだから)
by ashikawa_junichi | 2011-05-31 12:06 | 四方山話 | Comments(5)

強気ですが……

 ハードなスケジュールなんですが、今日は強気で「出来ます!」と豪語してしまいました。
 本当に出来るのか!? ちょっと心配……。いや、かなり心配。
 でも、やらねば! やるならやらねば! ウッチャンナンチャンのテレビ番組に、こんなのありましたね。とんねるずが休むんで、その穴埋め番組をまかされたんでしたよね。
 あれは、だれかがやらねば! でしたっけ? そのあとに、やるなら……か。
 エポの曲がオープニングで、エンディングは平松愛理さんだったかな。
 わたしは、とんねるずより、ウッチャンナンチャンのほうが好きです。ダウンタウンよりも。ハマちゃんの頭をたたくのがどうもダメ。
 ちなみに、タケシよりタモリね。

(追記)エポは『オレたちひょうきん族』のエンディングテーマでしたね。
by ashikawa_junichi | 2011-05-30 16:24 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

石原都政について(Iさんに反論)

 作家Iさんのブログに、「暴君石原都知事がまた快挙」という文章があるのですが、どうにも違和感があり、コメントしたくなりました。
 でも、Iさんのブログは、コメントをつける機能を外されているので、ここで書かせていただきます。
 まず、石原慎太郎を「つぶせ、落とせ、止めろ」(Iさんのブログより)という声はありますが、全体的には少数です。マスコミも、石原慎太郎を批判する空気は、あまりありません。そのせいかどうか、当選してしまいました。
 どちらかというと、Iさんの仰っている「石原暴君」に賛同する人が多いせいだと思います。

 JRを叱ったのはよかったと思いますよ。石原慎太郎でもよいことはします。ディーゼルエンジンの排ガス規制はよかったです。パチンコ規制もよいかも。
 ただ、石原都政は、そうしたプラスの面を評価しても、それ以上にマイナスが多いと思うのです。
「毒をもって毒を制す」というのは分かります。でも、その石原慎太郎の「毒」が強すぎて有害なのです。

 わたしが一番気になるのは、福祉予算の縮小です。「なにが贅沢かといえば、まず福祉」と言って、99年から04年までに661億円もの福祉予算を削ったそうです。
 削減の内訳は……シルバーパス(敬老パス)の全面有料化、寝たきり高齢者への老人福祉手当の段階的廃止、障害者医療費助成の対象を縮小、特別養護老人ホームへの補助を4年間で181億円(85%)削減、難病医療費助成の対象から慢性肝炎を除外、盲導犬の飼育代・盲ろう者のための通訳者養成講座の廃止などです。(数字などウィキペディアによる)
 これで浮かび上がってくるのは、弱者切り捨てです。
 お金のない老人に厳しいです。老人は金持ってなきゃいけない……そう思っているに違いないです。さらに、障害者にも厳しい。社会的マイノリティにも厳しい。××思想があるんじゃないかと思うくらいです。「世の中には、俺のような優秀で五○○全な人間しか必要ないんだよ!」と思っているような気がします。

 そうやって予算を削って新銀行東京なんて作って失敗し、多額の借財を都に背負わせ、さらにオリンピック誘致なんて、支持されてもいない運動に多額の金をつぎ込んでます。
 築地市場を有害な土地に移転させようとしたり、首都機能を移転させないように……まあ、書けば書くほど嫌になるんですが。

 青少年有害図書規制(都青少年健全育成条例改正)については、本人が作家なのに、表現規制を簡単に許してしまうのが問題です。

 なんであんなに多くの暴言を発しているのに支持されてるんでしょう。
 やはりIさんの仰るように「暴君」としての行動にスカッとするんでしょうか。
 わけが分からないのは、切り捨てられようとしている老人たちに支持者が多いことです。「カッコいいわ♪」なんておばあさんが声をかけていたのをテレビで見ました。そうした老人たちに、福祉予算削減のことなどを、マスコミが知らしめようとしないせいじゃないでしょうか。

 あるいは老人になっても貧しいのは「自己責任」だから、福祉なんかあてにするなって、みんな思っているんでしょうか?

 そして、やはり日本人には、アジア人差別の心が根強くあって、石原慎太郎の暴言に快哉しているのかもしれません。(そうは思いたくないのですが)

 これほどマイノリティに厳しく、いや嫌っていることを公言している政治家は、ほかにいませんよね。だから人気があるのでしょうか。本音を代弁してくれるから?(そうは思いたくないのですが)

 いくら指導力や行動力があっても、それだけで支持してはまずいのではないでしょうか。いや、だからこそ、支持してはいけないのではないでしょうか。

 つけ加えておくと、都知事選で、原発推進を主張していたのは、石原慎太郎だけのようです。



 最後に石原慎太郎の問題発言集を。

●女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です。

●子供だけじゃなくて、テレビなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている。

●大きな出版社までが何を被害妄想かなんか知らんけどね、アニメフェアやったらね『あんなとこ行かない。おれたちは幕張でやる』って言ったらね、震災が来てね両方ともパーになった。ざまあみろってんだよ。

●犯罪者予備軍の支那、朝鮮人をこれ以上増やすなどあってはなりません。

●日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う。(東日本大震災のとき。あとでいちおう謝罪)

●平和憲法は見直しではなく、廃棄すればいい。

●前頭葉の退化した六十、七十の老人に政治を任せる時代は終わったんじゃないですか。(おっと、これは珍しく正論だ)

●日本は堂々と新しい兵器を作ってどんどん売ったらいい。

●銅を取って狂喜する、こんな馬鹿な国はないよ。(男子フィギュアで高橋選手が銅メダルを取って)

●不法入国した多くの“三国人”、外国人が凶悪な犯罪を繰り返しており、大きな災害が起きた時には騒擾(そうじょう)すら想定される。

 まだまだたくさんあります。ここに並べてあります。

 発言を読んでいれば、自ずとどんなかたか分かるというものです。
by ashikawa_junichi | 2011-05-29 17:36 | 四方山話 | Comments(12)

バルサの快勝を見たかったけど

 昨日は更新せずに終わってしまいました(^o^;)
 夜型生活から昼型になって、残念なことは……昨夜、というか未明に放送していたUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦をリアルタイムで見られなかったことです。
 バルサの快勝だったようで、めでたし! 3-1かな。メッシも2点目を入れたようですね。2年前は優勝の立役者だったのに、たしか決勝戦は出られなかったんですもんねえ……そのリベンジを果たした恰好です♪
 残念ではありますが、昼型を変えるつもりはありません。出きれば朝型にもっていきたいと虎視眈々と狙っております。(不自然な文章ですが、気分はこれ)
by ashikawa_junichi | 2011-05-29 14:49 | 日常 | Comments(0)

集中力がほしい!

 わたしがほしいのは集中力!
 どうも集中が途切れてしまうのねん。こまったのねん。
 授業が始まっても、小学生はなかなか授業に集中出来ないそうですが、集中させるために、簡単な体操をさせたり、なんかさせると、集中してくれるようになると……。
 具体的にどうすればいいの? それを調べる集中力がない。
 
by ashikawa_junichi | 2011-05-27 23:58 | 小説・本・仕事 | Comments(6)

早見俊さんの新作『公家さま同心 飛鳥業平 踊る殿さま』

 早見俊さんから『公家さま同心 飛鳥業平 踊る殿さま』をいただきました!
 大好評シリーズの第2弾です!
 中納言の位の公家である飛鳥業平は、大名ですらひれ伏すやんごとなきお公家さま。そのお公家さまの護衛を命じられたのが定町廻り同心・和藤田三次郎。三次郎は、貴人のお守りなどという退屈な任務にしょげるが、お公家さまのほうでは、同心の仕事に興味を持ってしまった!
 飛鳥業平は明晰な頭脳と鞍馬流の秘剣で、さまざまな難事件を解決していく!
 着想がユニークですよね。どうにも止まらない早見俊さん、さらに加速してます!
 ぜひ、ご購入の上、お読みください!

b0122645_23103930.jpg

by ashikawa_junichi | 2011-05-26 23:10 | いただきもの | Comments(2)

昼型生活

 このところ、昼型生活をつづけています。寝るのが2時ごろで、起きるのが9時ぐらいだから、まだ朝型とはいえませんね。
 もうちょっと早めたいところ。

 あとは、起きてすぐに仕事をする体質に変えるべく努力します。

 反原発ですが、ようやくその機運が高まってきましたね。事故があった当初は、原発維持にまだ凝り固まってましたから。
 いまごろになって、その危険性が叫ばれてますが(50年遅いって)まあ、叫ばれないよりはよいでしょう。
by ashikawa_junichi | 2011-05-26 12:27 | 日常 | Comments(0)

行政監視委員会「原発事故……」

 昨日、参議院で行政監視委員会というものが開かれ「原発事故と行政監視の在り方」についての様々な提言がされたようです。
 それを知ったのは、ツイッターもありますが、えとう乱星さんのブログからでした。大手マスコミが報道しないんですよね。それで、知らないかたも多いと思われます。
 内容は、らんせさんのブログにリンクされたYuTubeで知りました。
 ここでも、その一部をリンクします。
 小出氏や後藤氏の意見に賛同していると「反原発プロ市民」とか「反原発カルト」とか言って誹謗する方がいます。利権もありますが、いったん推進したものを止めたくないという意識があるのでしょうか……。






by ashikawa_junichi | 2011-05-24 16:17 | 事件・天災 | Comments(9)

昨夜は気功の会

 昨日は日中仕事をして、夜は「気功の会」へ行ってきました。
 余裕はまったくないのですが、気功をしていないと調子がよくなり、腰が軽くなるので、行っておいたほうが結果的によいと、去年痛感しているのです。
 ただ、前半の呼吸法のとき、眠くて眠くて、なんどか落ちました。正味15分は眠っていたかも(^o^;)

 気功のあとは、サイゼリアで夕食。
 いろいろ楽しい会話が飛び交いました。
 早見さんの京都の土産話も楽しかったです。
 そういえば、加野厚志さんの実家は、京都の神社の宮司さんなんですよ。ご長男が跡をつぐそうで、こんどの歴史時代作家クラブの懇親会では、最初にご子息に御祓いをしてもらうことになっています。
by ashikawa_junichi | 2011-05-24 13:17 | 四方山話 | Comments(0)

古本買い取り

 ブックサプライからメールが来て、101点中廃棄処分が14点、残りの買い取り価格が1680円だと分かりました。
 自動買い取りにしたので、すでに振り込まれたとのこと。
 高いのかどうなのか……微妙です。
 新刊同様のコミック『HELLSING』の全7巻、『二十面相の娘』の全8巻プラス別巻2冊が入っていたので、けっこういくかと思ったのですが……。
 でも、ブックオフよりも高く買い取ってくれたと思います。ブックオフなら1000円にも満たなかったのではないかと。

 さて。
 6月に出る新刊の初校ゲラを終えました。二日半でやらねばならず、けっこう大変でした。
 これから、新作に戻ります。
by ashikawa_junichi | 2011-05-22 16:49 | 四方山話 | Comments(4)