<   2014年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

探偵が吸っていた煙草

 NHKの『 ロング・グッドバイ 』とテレビ東京の『 リバースエッジ 大川端探偵社 』を見ていて、両方の探偵が同じ銘柄の煙草を吸っているのではないか!?……ということに気づきました。
 いや、ただ黄色いパッケージだというだけなので、違う銘柄なのかもしれません。
 銘柄はなんなのか興味がわきました。黄色いパッケージに茶色の線はなく、ということは「しんせい」ではありません。
『ロング・グッドバイ』のホームページに、煙草が写った画像がありましたが、そこに書いてある文字が読み取れません。どなたかご存じですか?
 原作で、マーロウはキャメルを吸ってましたが、増沢磐二の吸っているのはキャメルではなさそうです。NHKだから、既存のメーカー品は避けて架空の煙草にしたのかもしれませんが。
『リバースエッジ……』のほうは写真がないので、分かりませんが、黄色いパッケージなことはたしかです。
 オダギリ・ジョーがラブホテルの窓口で、ポケットからたくさん出す煙草のパッケージが黄色一色なのです。

 ドラマに出てきた煙草といえば、印象的なのが40年ほど前の連続ドラマ『追跡』で中村敦夫演じる記者が吸っていた「朝日」です。
 フィルター部分が空洞で、そこをねじってぶら下げて吸ってましたね。
 放送当時、早速買い求めて吸ってみましたが、まずかったのなんのって……。
 いや、愛飲していたかたには、失礼ですね。

 上に上げた2つのドラマと『MOZU』は、主役が煙草を吸いまくってます。それがまたカッコいいから、若者の喫煙率が上がるかもしれませんね( ̄□ ̄;)
by ashikawa_junichi | 2014-04-29 16:46 | 四方山話 | Comments(0)

スマホ奴隷の女子高生

 女子高生の一日のスマホや携帯電話を使っている時間が平均6.4時間ですと! 中には12時間以上の子も!(今朝の「天声人語」より)
 そのほとんどが、友だちとのメッセージのやりとりだとしたら、なんと無駄なことを……。
 と思うのは、わたしがおじさんだからでしょうが……「もうイヤ!」と思う子も多いはず。でもやめられないんでしょうね。やめたら、会話の輪に入っていけないし、ひどい場合はイジメられることに。
 学生たちには、生きにくい世の中ですね……。
 と思っていたら、思い出した。海上自衛隊のイジメられての自殺! しかも、隊員たちへのアンケートが隠蔽されていた事実!
 嫌ですねえ……。

 まあ、みなさん考えておられることでしょうが、つい書いてしまいました。「天声人語」からの引用なんて、あまりにベタすぎて恥ずかしい(-o-;)
 ほかに書きたい楽しい話があればよいのですが……。




 
by ashikawa_junichi | 2014-04-28 16:13 | 四方山話 | Comments(0)

『テルマエ・ロマエⅡ』の広告には驚いた

 4月から3カ月、朝日新聞をとっているのですが、今日の朝刊を読んでいてびっくりしました。
 今日は映画『テルマエ・ロマエⅡ』の封切り日で、その一面広告がたくさん入っていたからです。なんと10ページも!
 ほとんどほかの企業とのタイアップですが、半裸の阿部寛がどっかーんと真ん中にいるのは同じです。それぞれの企業に合わせて、ポーズなどはさまざまですが。(たとえばTOTOでは便器に座ってます)
 そして、テレビ欄の下にもケロリンとのタイアップ広告がありました。
 新聞をとっていない人もいるかと思って、書きました。実際に目にした人には、無用ですね。

 さて。アントラーズは、なんと広島に3-0で勝ちましたよ! これで1位に返り咲き。今期はタイトルをとってほしいなあ……。
by ashikawa_junichi | 2014-04-26 21:12 | 四方山話 | Comments(2)

『聖』と『推理作家の家』

 昨夜は人形町で日本酒を呑みました。旨かったです。「聖」など。
 帰りの電車の中で、酔っぱらって通路の中央で大の字になって眠っている酔っぱらいのおじさんを見ました。
 座席で横倒れになって眠っているのはよく見ますが、通路での大の字は珍しいです。

 寝る前に『推理作家の家』を読み終わりました。ちょこっとずつ読んでいたのですか、高名な作家の執筆スタイルは見ているだけで刺激を受けます。

 この本の中に書いてある印象的なエピソードをひとつ紹介します。
 ジョルジュ・シムノンが日本のメグレ警部シリーズの俳優の写真を持っていて、
「このメグレ夫人を演じている女優は誰じゃ? 市原悦子? そうか、彼女はいいな。これまでに見たメグレ夫人のなかで、彼女が一番イメージに合っておる」
 といったそうです。そして、
「男優のほう? うーん、ぱっとしないな……」
 には、笑ってしまいました。まあ、キンキンもいい味出してますが、イメージはちょっと違うかも。
 ちなみに、ジャン・ギャバンも、メグレのタイプではないといっていたそうです。ちょっと渋すぎますもんね。

b0122645_22404569.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-04-25 22:40 | 小説・本・仕事 | Comments(2)

奥野ビル

『俺のダンディズム』の店のロケ地は奥野ビルですね。
 ダー松さんに奥野ビルの名前と、紹介されているURLを教えていただきました。
 手動式エレベーターもありますね。
 ただし、店の内部はテレビ局のセットでしょうけれど。

 緑の大文字をクリックすると、奥野ビルの写真に飛びます。
by ashikawa_junichi | 2014-04-25 01:34 | 四方山話 | Comments(0)

昨日の『俺のダンディズム』は万年筆だった

 テレビ東京の『俺のダンディズム』は、昨夜2回目だった。
 扱ったのは万年筆だった。
 うーむ、30年ほど前に買ったモンブラン、15年ほど前に買ったウォーターマン、そして去年買ったLAMYなど、けっこう持っているが、もっと欲しくなってしまったではないか!
 しかも、高級品は持っていない! それは金がなかったから。そして、いまも買えない! だから、我慢する!
 ドラマに出ていたペリカンのやつ、ほしいなあ……。

 ところで、この蘊蓄ドラマに出てくる店があるビルだが、ダーティ松本さんが以前に日記で書かれていた銀座の小さなアートギャラリーが詰まっているビルに似ているなあ……なにやらギャラリーの名前が見えたし……ひょっとしたら、そこなのかも?
 いまは検証する余裕がない。これから出かけるのだ。
by ashikawa_junichi | 2014-04-24 16:35 | 四方山話 | Comments(2)

『ハルナガニ』のパンフレットで、初めて知ったこと!

 一昨日観劇した『ハルナガニ』のパンフレットで、初めて知ったことが二つありました。

 まず、この題名ですが「春永」は、日の長い春の季節を表す言葉で、「春永に」というと「いずれ暇なときに」とか「ゆっくりと」という意味になるそうです。
 三島由紀夫が手紙の結びとして好んで使ったそうです。
 うーむ、勉強になりました。というか知らなかった自分が恥ずかしいです(-o-;)

 さて。もうひとつは。
 手巻き寿司のことです。
 なんと、手巻き寿司の誕生は1971年 だそうです。ずいぶん最近のことではないですか!
 東京の築地玉壽司が元祖だそうで「元祖末廣手巻き」という名称で、いまも客に提供しているそうです。
 そして、毎月第三土曜日は「家族ふれあい手巻き寿司の日」と全国魚連のり事業推進協議会が定めているそうですが……まあ、これはどうでもよいことかな。

b0122645_16114197.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-04-23 16:11 | 四方山話 | Comments(0)

『ハルナガニ』を観劇

 21日月曜日は、三軒茶屋のシアタートラムで、かみさんと『ハルナガニ』を観劇しました。
 原作は芥川賞作家・藤野千夜女史の『君のいた日々』です。
 演出は内藤裕敬氏、脚本は木皿泉氏。出演は、薬師丸ひろ子、渡辺いっけい、細田善彦、菅原大吉、菊池亜希子の各氏。
 原作とはずいぶんと趣が違っていましたが、家族とは? 人を思う心とは? 人の存在とは? という核心のテーマは同じでした。
 原作は涙涙でしたが、舞台は笑いがたくさんあった上に、最後はしみじみとしました。
 27日の日曜までシアタートラムで上演しています。また梅田芸術劇場で5月2日から4日まで短期間ですが上演しますよ。

b0122645_142441.jpg


 観劇後は(ぼくとかみさんとは旧知の仲の)藤野千夜女史と装幀家の稲葉さゆり女史、さゆり女史のおねえさん、漫画家・イラストレーターの風忍氏、そして画家で『君のいた日々』の表紙も描かれた北澤平祐氏と回転寿司屋へ。イザカヤ・トリビーのミカさんも合流して、楽しい時間を過ごしました。
 回転寿司屋といっても、大きな店なので、席はテーブルです。
 ぼくは、二つ年上の風忍氏と、昔のテレビ番組の話などで盛り上がりました。
 回転寿司屋を出たあと、風氏、ミカさんは帰り、残りのメンバーでカフェへ。
 夕方5時すぎに入ったのですが、出たのは11時でした。ずんぶん長く話していたのですが、あっという間でした。
by ashikawa_junichi | 2014-04-22 01:55 | 映画・演劇 | Comments(0)

筍と北島商店のメンチカツ

 昨夜は、妻の友人にいただいた筍を食べました。
 ホットプレートで柔らかい部分を焼いてお酒とともに。固いところは煮物にして。
 いやあ、旨かったです。
 一緒にはんぺんも焼いたのですが、甘くてこれも美味! はんぺんは煮るより焼いたほうがいいですな。
 それと鯖を焼いたのかご飯のおかず。息子はあまり筍を食べないので、北島商店の手作りのメンチカツを妻が買ってきておりました。息子は、
「すんげえ、旨い!」
 といって、北島商店メンチカツをぱくついておりましたよ。
 北島商店というのは、スイマー北島康介の実家です。

 さて。
 今日のブログは普段とは違います。ひとつだけ決定的に違います!
 どこでしょう?

※正解はコメント欄にあります。
by ashikawa_junichi | 2014-04-19 17:43 | 食べ物 | Comments(5)

なぜブログを書くのか

 ブログを始めたのが2008年の3月です。もう6年も経ちました。
 なぜブログを書くのか……。
 人によってさまざまな理由がありますよね。
 独り暮らしなので、生存証明のためとか。
 警察にいつ目をつけられるか分からないので、そのためにいつなにをしていたかを記録するためとか。
 などなど。

 わたしの場合は、最初は、たまった鬱憤を晴らすためでした。日ごろ、いらつくことがあったとき、発散する場所がほしかったのです。
 たとえば、無灯火で暴走する自転車に腹が立ってました。ケータイ見ながらの自転車乗りにも。
 2011年以後は、原発全廃炉を訴えました。

 それと、自作の宣伝もありますね。ホームページがないので、新作発売や、これまでどのような作品を書いてきたのかが、分かるようにと。
 それと友人作家のみなさんの新作の紹介もできます。

 ほかにも、日々の行動や雑感を書くことにより、読者のみなさんや、あまり会えない友人たちなどに、わたしの最近のことを知ってもらいたいということもあります。

 仕事がら、年中人に会うという生活ではないので、面白いことや珍しいことを、プログで書いて(もうご存じでなかったら)知ってもらいたいという気持ちもあります。

 なぜ、こんなことを書いているかというと、
「ブログなんか書く奴の気が知れねえぜ。ただの自己顕示欲じゃねえか」
 というかたがけっこういるようなので、なぜ書くかの説明をしようと思いました。
 もちろん、自己顕示欲もありますよ。
by ashikawa_junichi | 2014-04-17 17:42 | 日常 | Comments(4)