<   2014年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

聖龍人さんの新刊『牝狐の夏-夜逃げ若殿 捕物噺11』!

 聖龍人さんより新刊『牝狐の夏-夜逃げ若殿 捕物噺11』(二見時代小説文庫・700円税込)をいただきました!
 帯には「謎が謎を呼ぶ怪事件! 若殿と姫と弥市親分、絡まる糸に天手古舞!」と♪
 三万三千石の藩の若殿である千太郎は、夜逃げして、さらに許嫁である田安家ゆかりの由布姫と一緒に、怪事件を解決するために奔走する!
 毎度痛快なシリーズも11弾! 今度は、単純な立てこもりだと思われた事件が思わぬ展開に!?
 ぜひ、新刊書店かネットでお買い求めください!

b0122645_1634423.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-06-30 16:36 | いただきもの | Comments(0)

やっと3万キロ

 いま乗っている購入してから15年は経っているのですが、28日の土曜に走行距離が、やっと30000キロを超えました!
 15年ですから、一年2000キロ!
 それじゃあ必要ないじゃないかといわれそうですが、なんやかやと便利に使っております。
 新車に買い換えたいところですが、もう2年ほどは頑張ってもらいたいと思ってます。

b0122645_0571627.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-06-29 00:57 | 日常 | Comments(0)

日本vsコロンビアを見て思ったこと

 日本代表は、コロンビアに負けてしまいましたねえ。
 ふと思い出したのが、1994年のアメリカ大会。
 あのとき、バルデラマ中心のコロンビアは優勝候補の最右翼といわれて前評判はバツグンだったと記憶しています。
 ところが、自分たちの持ち前のパスサッカーにこだわりつづけて、1次リーグで敗退しました。
 対戦チームに徹底的に研究されて穴をつかれたのです。
 センタリングなどなく、常に真ん中を細かいパスでつないで攻めていくというサッカーでしたが、ディフェンスの網にかかって、ボールを失い、カウンターで失点を繰り返していました。
 日本はサイドからのセンタリングもしますし、ロングパスも多用するので、当時のコロンビアとは違いますが、ゴール前の短いパス交換でボールを再三失うシーンは、当時のコロンビアとダブッて見えました。
 だからなんだって話ですが、相手がコロンビアだったので、なんだか妙な気分がしたのです。
 コロンビアは、当時のパス(ばかり)サッカーとは違って、パワーが増した気がしますね。

 さて、日本はどうすればよいのか。
 技術を磨いてパスサッカーに磨きをかけるのはもちろんですが、ほかに武器がほしいですね。あと、試合の駆け引きの上手さも。
 まあ、そうしたことは、サッカー協会におまかせして、4年後を期待しましょう!
 そして、しばらくすると、いよいよ決勝リーグですな。楽しみ楽しみ♪

 おっと、あとひとつ、日本にメッシやネイマールやロッベンのような天才的なプレーヤーが出てこないものでしょうか。とくに点取り屋が必要ですが……。
 出る杭は打たれる、横並び意識の強い日本では無理なのでしょうか……???
by ashikawa_junichi | 2014-06-25 17:48 | スポーツ | Comments(0)

FIFA公式アンセム!についての話

 FIFA公式の行進曲を新たにしようと誰かエラい人がいったとか……。
 いま使われているのは、ドイツの作曲家フランツ・ランベルトの作曲した『WORLD FOOTBALL ANTHEM(ワールド・フットボール・アンセム)』ですが、初めて使われたのは1994年のアメリカ大会です。
 そう! ドーハの悲劇で日本代表が土壇場で出場を逃した大会です。
 悔しさをかみしめながら、全試合を見ていた、あの暑い夏(放送は夜中から朝方でしたね)この行進曲が毎試合前に流れて、ここに日本代表がいたらいいのになあとため息をついていました。

 そして、日本代表は、ついにフランス大会でW杯に初出場!
 この行進曲が流れる中を、日本代表がピッチに現れたとき、テレビを前にしてジーンとして視界がぼやけたものです(T_T)
 なんだかわくわくする曲ですよね。まあ、アメリカ大会から20年、親善試合にも流れていましたから、飽きたかたもおられるんでしょうね。
 ぼくは、まだまだこの曲を試合前に聴きたいです♪



 実は、恥ずかしい話ですが、ぼくはこの行進曲の作曲はヴァンゲリスがしたと思い込み、ひとにも話していたのです。ヴァンゲリスは、日韓大会のときの公式アンセムでしたね。
 でも、思い込んでいたのは、日韓大会よりもずいぶんと前、アメリカ大会のときからなんですよ。なぜ勘違いしたんでしょう……。


by ashikawa_junichi | 2014-06-24 21:24 | スポーツ | Comments(0)

鈴木都議の記者会見を見て思ったこと

 鈴木章浩自民党都が、性差別ヤジをいったと認めましたが、苦しいいいわけばかりですね。
 なぜ、もっと正直に心情を吐露しないのか……それは、自らの心を省みていないからでしょう。つまり、なんとか切り抜けようとしているだけ。本当に反省なんかしちゃいない。
 記者会見は、あまりに見苦しかったです。
 本当に反省しているのなら、

「私の中に、女性差別の心があることを、このたびのことで思い知りました。女性は家にいて子作りと子育てに励めばよい。働きたいなんて贅沢だ。早く結婚して子を産め!
もし、働かないと暮らしていけないのなら、そんな貧乏な家庭のことなんか、知ったこっちゃない……
というような尊大な気持ちが多少なりともあったせいで、あのようなヤジをいってしまいました。
そのような気持ちと正面から向き合い、差別感情をなくしていくことを、これから胆に銘じていくことを誓います」

 とかなんとかいってくれたら、見直したのに。
by ashikawa_junichi | 2014-06-23 16:44 | 人生 | Comments(0)

これはスパムですよね

 ひとつ前のブログ記事に、このようなコメントがありました。

えっとこちらのブログすごいびっくりして…
なんだか自分のことを言い当てられてる気がするくらい、思わずブックマークしちゃいました!
共感もしたし、本当にウチの中で大切なことが書き込まれてるブログだと思ったんです。こんなにも素敵なブログを書く方ってどんなひとなんだろう?って思って
興味津々で初めて書き込みさせてもらいました!
なのでできれば直接お話ししたいと思って、名前の部分にウチの連絡を入れておいたのでよかったら連絡してくださいね。待っていますです!
※もし面倒ならこの書き込みも抹消しちゃって構わないので気にせずにお願いします。
いっぱいお話ししたいことだらけです!

 なんとも判断しかねます。
 非公開コメントならよいのですが、このかたのアドレスはほかの人にもアクセスできます。
 もし、これがスパムだとしたらいけないので、削除させていただきました。
 わたしから連絡をとることもありません。
by ashikawa_junichi | 2014-06-23 16:22 | ネット | Comments(4)

W杯とイラク兵士の処刑写真

 W杯の試合、楽しいですねえ♪
 スペインがオランダにボロ負けしたり、イランがナイジェリアと引き分けたり……いやはや、面白いですねえ♪
 日本がコートジボワールに負けたのは、残念ですが……残る2試合、がんばってください!
 それにしても、毎日3試合もあるので、見るのに忙しいであります。

 ところで、今日の朝日新聞の朝刊一面にAFPの写真が載ってましたが、これには衝撃と悲哀を感じました。
 イクラ北部において、アルカイダ系のイスラム武装組織が、政府軍の私服兵士(治安部隊の隊員)たちを後ろ手に縛って地面に寝かせている写真なのですが、その中にACミランのユニフォームのレプリカを着た兵士が二人いました。
 ひとりは、背番号11で「イブラヒモビッチ」の名前が入ってます。いまはパリ・サンジェルマンにいるスウェーデン人・イブラヒモビッチのミラン時代のユニフォームです。
 もうひとりは、誰のユニフォームだか分かりませんが、ミランのユニフォームなのは間違いありません。
 いままさにサッカーの世界的な祭典が行われているときに、サッカーファンの兵士たちが捕まって(おそらちく、ユニフォームを着ていなくても、サッカーが盛んな国なので、みんなサッカーファンに違いありません)、これから銃殺されようとしている……なんともいえない暗い気分になりました。
 世界に戦争のない日が早く訪れることを祈るほかはありません。日本は、安倍はそれに逆行しようとしています。戦争をおおっぴらにできる国に、日本をしようとしています。くそったれです……。

 写真は→ここ です。
by ashikawa_junichi | 2014-06-17 17:21 | スポーツ | Comments(0)

タバスコチョコ

 タバスコが発売しているチョコレートですが、これが甘いけれど、かなり辛いんですよ。
 口の中がピリピリ(^_^;

b0122645_15443877.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-06-15 13:53 | 食べ物 | Comments(0)

飯島一次さん、稲葉稔さん、聖龍人さんの新刊!

 立てつづけにいただいたので、今回は、まとめて紹介させていただきます。

 飯島一次さんの新刊はねずみ大明神-三十郎あやかし破り』(双葉文庫・660円税込)です!
「お化け長屋」という裏店に住む鏡三十郎は、身近な怪異を蘭学の知識と合理的な思考でつぎつぎと解決していき「魔性封じの先生」と評判に!
 三十郎の口癖は「世の中、ほんとに不思議なことなんてないんだよ」です。
 そんな三十郎に、大店の主人から奇妙な依頼が!? さて、魔性封じの先生のお手並み拝見!
 待望の新シリーズです!

b0122645_1645686.jpg
 

 稲葉稔さんの新刊は『ちょっと徳右衛門-幕府役人事情』(文春文庫・691円税込)です!
 偉くなるより家庭円満の無難な暮らしを望んでいる浜野徳右衛門だが、妻は出世を期待し、同僚や上司の目も厳しく、さらに息子が上司の子にイジメられ、さらには人情の絡む意外な事件に巻きこまれ!?
 マイホームの町奉行所与力が活躍する、新感覚時代小説の新シリーズ、開幕です!

b0122645_1648509.jpg


 聖龍人さんの新刊は『江戸の陰陽師-風流もののけ始末帖』(宝島社文庫・691円税込)です!
 安倍晴明の師匠・賀茂忠行を先祖に持つ陰陽師の末裔・賀茂柳太郎は、京から江戸へ一旗揚げにやってきた。
 人に取り憑く狸、心を病んだ女、千里眼の物の怪、女に懸想した貧乏神……数々の妖かしと対決する柳太郎の腕前は!?
 気学や呪術の研究家でもある聖さんの満を持した陰陽師小説の第一弾です!

b0122645_16512553.jpg


 ぜひ、新刊書店かネットでお買い求めの上、お読みください!


 
 
by ashikawa_junichi | 2014-06-14 17:04 | いただきもの | Comments(2)

気ぜわしく過ごすうちにW杯が始まってしまった!

 雑事多くして、気ぜわしい日々を送っていたら、もうブラジルW杯が始まってしまいまた!
 開幕試合は、録画したまままだ観てません。これから観ようかな……。
 今日は、眼科へ一年に一度の検査へ。視野欠損があるのですが、大きくはなっておらず、検査の結果も緑内障にはなってませんでした。安心ヽ(´・`)ノ
 夜は、歴史時代作家クラブの賞の贈呈式とパーティーがあるのですが、余裕がなくて欠席しました。
 もう運営に関わってないので、その点は楽です。

 当分、余裕がありませんので、他のいかなる組織のお役目も果せません。申し訳ありませんm(_ _)m
 仕事もまったくしてません。これから、エンジンをかけねば!

 
by ashikawa_junichi | 2014-06-13 21:42 | 日常 | Comments(0)