<   2015年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

美女と風景

 この女優は、AKB48・NGT48の柏木由紀か!?
 いえいえ、若き日の藤村志保です。『忍びの者 続・霧隠才蔵』より。

b0122645_17472241.jpg


 恋の告白は、勇気がいりますね。こんな美しい場所での告白をしてみたかった。
『Tamako love story』より。

b0122645_17391734.jpg


b0122645_17534639.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-09-30 17:45 | 映画・演劇 | Comments(0)

最近の写真

 いろいろ忙しく、ブログネタもないので、写真をアップします。
 まずは……まめの近影。

b0122645_119063.jpg


 浜町河岸。

b0122645_1191947.jpg


 昨夜(28日)のスーパームーン。スマホのカメラだと、このようにしか撮れませんでした。

b0122645_1194910.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-09-30 01:21 | 日常 | Comments(2)

安達瑶さんの新刊『悪女の囁き-七楽署刑事課長・一ノ瀬和郎』!

 安達瑶さんより新刊『悪女の囁き-七楽署刑事課長・一ノ瀬和郎』(角川文庫・734円税込)をいただきました♪
 地元密着型の七楽署(ならくしょ)刑事課長の一ノ瀬は「和を持って貴しとなす」がモットーだが、空気をまったく読まないキャリア警視・榊原が過剰な正義を振りかざす!
 老舗デパートの社長が殺害され、一ノ瀬は榊原とともに真相解明に乗り出すが!?
 官能×警察小説の新境地であり、警察小説界に新風を吹きこむ新シリーズです!
 昨日発売されましたので、ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!

b0122645_1681889.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-09-26 16:09 | 小説・本・仕事 | Comments(1)

秋の大♢埋男展2

 カフェ百日紅(ひゃくじつこう)で開かれている『秋の大♢埋男展2』へ、先日いってきました。
 昨日、岸田尚さんの個展へいったことを書きましたが、その岸田尚さんのプロデュースです。
 何人ものクリエーターたちが、岸田さんのマスコット・豹の埋男を描いています。ダーティ・松本さんの埋男もありますよ♪

b0122645_2321061.jpg


b0122645_2321929.jpg


b0122645_2323356.jpg


 会期は来週の28日月曜日までです♪
by ashikawa_junichi | 2015-09-25 23:04 | 音楽・アート | Comments(0)

岸田尚さんの個展

 昨日24日は、新宿大京町のアートコンプレックスセンターで開かれている『岸田尚個展 振り向けば、君の声』を堪能してきました。
 アートコンプレックスセンターの入口ですが、気をつけないと通りすぎてしまうかも。27日の日曜日までです。

b0122645_15405538.jpg


 天使画家と呼ばれている岸田さんの天使画は優しく癒されます。天使猫の絵も素晴らしかったです。

b0122645_1541895.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-09-25 15:38 | 音楽・アート | Comments(0)

お彼岸の中日

 23日水曜は、お彼岸の中日で、法要があり、お寺へ墓参りにいってきました。
 義弟の車でいったので、わたしは助手席。
 普段は撮れない写真を撮ることができました。
 帰りの車中から、東池袋の高速出口から撮影。トヨタの元ショールーム・アムラックスビルです。(いまは閉館しています)

b0122645_28341.jpg


 高速から降りて、乙女ロードを左手に見て右折。普段の休日よりも、ずいぶんと人が少ないです。シルバーウィークの最中なので、遠出をしていたり故郷に帰っている人が多いからでしょうか。

b0122645_29880.jpg


 前後しますが、池上本門寺のお堂から撮影。7月の新盆に比べて、人が少ないです。

b0122645_211445.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-09-24 02:13 | 日常 | Comments(0)

民主主義とは

 ついに安保関連法案が可決されてしまいました。
 自民党の内部で造反する人が一人もいなかったのが暗澹たる気持ちにさせてくれます。
 でも、これからですね。まずは来年の参院選です。野党に結集することをお願いしたい。
 今日は時間がないので、以下の高橋源一郎氏の言葉をリンクします。
 民主主義とはなにか、について、的確に述べていらっしゃいます。

 「若者」なぜ立ち上がる

b0122645_15112163.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-09-19 14:55 | 日常 | Comments(27)

最近起こったことや読んだ本のことなど

 10日に鬼怒川の堤防が決壊し、茨城県常総市が大変なことになりました。亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに、避難されたかたがたが一日も早く日常を取り戻せるよう祈ります。
 参院で安保法案が強行採決されるかいなやという大事のときを迎えています。
 強行採決されても、安倍政権への異議申し立てはこれからもつづきます。
 全国的に盛り上がっているデモには、選挙で自民党や公明党に投票した人たちも参加していたはず。(実際、学会の人たちがいたし) 集団的自衛権は公約の下の下、200番以下に書かれていたのだったし、みんな経済がよくなると期待して(集団的自衛権は争点にしていなかったから)投票していたのでしょうからね。

 校條剛氏の『作家という病』を読みました。氏の文章を少しだけ紹介します。
<作家という職業人に共通のものがあるとすれば、「過剰さ」ということになるかもしれない>
 都筑道夫の原稿が遅かったことに関して、
<原稿が遅い、早いは天性の資質だというのは、遠藤周作説だが、夕方から酒を外で飲みたい、友人と遊びたい、芝居やコンサートに行きたいという趣味の多いタイプは概して原稿が早い。都筑の趣味はほとんど自室で行えるものだったので、原稿を急ぐ理由がなかったこともあるだろう>
 などなど、なるほどなあと唸る言葉がたくさんあります。
 この本に書かれている黒岩重吾の言葉を紹介しましょう。
<作家には本人にしか分からない鬼がいて、その鬼が原稿に向かわせるのだ>(『私の履歴書 生きてきた道』より)

b0122645_1173414.jpg


 鯨統一郎氏の『作家で十年いきのびる方法』も読みました。
 以前に上梓された『努力しないで作家になる方法』と同じく、奥さんが素晴らしすぎて感動的ですが、最後に「フィクションです」と断ってありますね。本当はどうなのか?
 それにしても、書きたいことはたくさんあって、死ぬまで書き切れるかどうか分からないそうで、しかも十年、順風に書きつづけられていて、波瀾万丈の作家人生ではないところが、物足りないというか、うらやましいというか……。

b0122645_1193063.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-09-17 01:21 | 四方山話 | Comments(0)

飯島一次さんの新刊『縛られた若殿様-阿弥陀小僧七変化』!

 飯島一次さんより新刊『縛られた若殿様-阿弥陀小僧七変化』(双葉文庫・660円税込)をいただきました♪
 豪商駿河屋に、阿弥陀小僧の御札が貼られた。阿弥陀小僧の狙っているお宝を一目見たいと訪れた若殿がいたが、その若殿が立ち去ったあとに、お宝が忽然と消えていた!
 役者見習いの中村捨蔵は、事件の真相を探り始める。そして、ついに阿弥陀小僧の正体が明らかに!?
 好評シリーズ第3弾です! ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!

b0122645_1732222.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-09-15 17:34 | いただきもの | Comments(0)

ましまろの『ガランとしてる』

 蒸し暑いですね。でも、エアコンをつけるほどではないので、窓を開けて風をいれてしのいでます。
 仕事はねえ……なんかエンジンがかからないんです。あまりの暑さに呆然としていたのは、もう一か月も前のことで、いまは蒸すとはいえ、大好きな秋に入ってきてますもんね。
 はい、がんばります!

 昨夜、NHKのMJに『ましまろ』というバンドが出てきて、なかなかいいなと思いました。ベテラン3人による『ましまろ』のデビュー曲『ガランとしてる』を、お暇ならどうぞ♪


by ashikawa_junichi | 2015-09-14 16:33 | 音楽・アート | Comments(0)