<   2016年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

横溝正史と怪しい人物

 横溝正史が忘れられていた時代を知ってます! 松本清張などの社会派が席巻していた時代です。
 たしか中学時代(1966年ごろ)春陽堂文庫で『本陣殺人事件』を見つけて、読んだのを覚えています。まわりで横溝正史を読んでいた人はいませんでしたよ。
 いやなに、NHKBSプレミアムの『J ミステリーはここから始まる-これが日本の本格探偵小説だ!横溝正史「八つ墓村」』を見たから、思い出したのです。
 1970年代に角川春樹氏が、横溝作品に光を当ててから、物凄いブームが到来しましたよね。あのときは、ビックリしたものです。
 本陣以外の横溝作品は、そのとき以降に読みました。それまでは、古本屋巡りでもしないかぎり、手に入りませんでしたから。

 写真は、エレベーターの中の怪しい人物。

b0122645_195288.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-01-29 19:05 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

気功の会

 原稿が遅れているのですが、昨夜は気功の会へ。
 気功って、触らずに人を倒したりするやつではありませんよ。いや、あれも気功ですが、とんでもない達人でなくてはできない技です。
 わたしのやっているのは、気功の呼吸法で身体を動かす健康のためのエクササイズです。
 リフレッシュできます。身体の調子がよくなるんですよね。腰痛も、気功のおかげで、ほとんどありません♪

 さて。
 昨日はメモ用紙について書きましたが、横山光輝展で買ったメモ用紙(一枚だけとって綴じてあるものと並べてみました)と、東郷青児美術館のメモ用紙(昨日のは別バージョン)の写真をアップします。

b0122645_19361135.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-01-26 19:37 | 四方山話 | Comments(0)

市販のメモ用紙が買えない使えない

 どうでもよい話を少し。

 文房具屋へいくと、洒落たメモ用紙を売ってますよね。つい買いたくなるのですが、我慢します。
 なぜか?
 大量の反故紙があって、それを利用しているからです。原稿をプリントアウトした紙やら、出版社からの再校ゲラなどです。
 プリントアウトした紙は、裏が白いからまた利用すればいいようなものですが、裏と表が紛らわしくなってしまうし、そもそも印刷するコピー用紙は安いときてます。
 さらに、出版社から送られてきた再校ゲラ。これが大量にたまってます。再校ともなると、直す部分が少ないので、メールやファックスなどで送り返しますから、残ってしまうわけです。
 さらに、最近、25年前に書いた原稿のプリントアウト用紙がでてきました。これは感熱紙といって、いまはインクを使ってますが、裏を利用するにもインクがのりにくいのです。
 みんなA4サイズなのですが、これを半分に切ってメモ用紙にします。切るのが面倒なんですが、捨てるのは惜しいのです。貧乏性ですね。

 というわけで、洒落たメモ用紙を買えません。使えません。

 でも!
 つい買ってしまうメモ用紙があるのですよ。文房具屋ではなく、美術館で売っているやつです。そのときの展示に関連したグッズの中に、あるんですよ、ステキなメモ用紙が。これが使うのが惜しいし、使おうとしても、けっこう使いにくかったりするので、けっきょく、たまってしまいます。いつ使うことになるんでしょう。いや、記念にとっておくものなのかな……。

 これは、そんなメモ用紙の一部です。

b0122645_1694354.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-01-25 16:11 | 四方山話 | Comments(2)

これからはじまるあなたの物語

 金曜昼間のNACK5は、小林克也の『FUNKY FRIDAY』ですが、絢香の『にじいろ』が流れてきました。
 ちょうどそのときに新聞を読んでいたのですが、それは1週間ほど前のスキーバス事故で亡くなった若者たちの記事でした。
 彼らには『にじいろ』の ♪ これからはじまるあなたの物語♪ が、もうないのだなと思うと切なくて……。
 もうこのような惨事は二度と起こらないようにしてもらいたいです。

 事故で亡くなった人たちだけではなく……
 世界では、内線やテロで多くの子どもたちが殺されています。
 日本でも、虐待で小さい子どもたちが死んでいます。

 あえてこの曲をアップします。
 長くつづく道が、すべての人たちの(特に若い人たちの)前にありますように♪


by ashikawa_junichi | 2016-01-22 16:13 | 人生 | Comments(0)

『的を得る正統論を滅ぼすためのブログ』!

 以前、ここに「的を得る」は間違いで「的を射る」といわなくちゃならない! と、書きましたが、三省堂国語辞典などでは「得る」でいいという見解でした。(もともとは間違いだと主張していたのを転向)

 わたしは、以前、亀田誠治氏に「的を得るというのは、間違いだ」とツイートして無視されました。(後に謝罪ツイート。これも無視されましたが、まあ、相手は有名人で格が違うし、忙しいのでしょうからしかたありません)

 今日は『ミヤネ屋』で、宮根誠治氏が「的を得る」といっているのを聞いて、やはり違和感を抱いてしまいました。

 言葉というものは変化するものだし、そのときどきで大勢の人が使っていれば、それでいいんじゃないのというのが、国語学者金田一先生などの見解です。
 いまでは、わたしもそうだろうと思いますし、わたし自身、ほかの言葉で間違ったいいかたや読み方をたくさんしていますので、もうこの問題はいいかなと思っていたのですが……。(三省堂は、変化したのではなく、もともと「得る」でよいという見解です)

 この問題で、戦いつづけているかたがおられます。
 広く世間に知らしめてほしいというメッセージをいただきましたので、ここに紹介させていただきます。
 そのかたは『スライム国』というかたですが、もちろん『イスラム国』を支持しているわけではなく、その逆のようです。(ポケモンが由来だそうです)
 ここ↓です。ぜひ、ご覧になってください。

的を得る正統論を滅ぼすためのブログ
by ashikawa_junichi | 2016-01-20 16:06 | 四方山話 | Comments(3)

指出し手袋 そしてグレン・フライ逝去

 いやはや寒くなりましたな。
 キーを打つ手がかじかんでしまうので、例年どおり指だけ出た手袋をはめて仕事をしております。
 でも、どうもなめらかに打てなくなるんですよ。手袋以外で、手だけ温めるなにかないですか?……ないですね。

 先日のデヴィッド・ボウイ氏につづいて、イーグルスのグレン・フライ氏が死去しました。
 なんですかねえ……イーグルスは熱心に聴いてはいませんでしたが、中学高校時代に一世を風靡したミュージシャンが鬼籍に入ると、いやでも自分が歳とったと感じてしまいます。
 合掌。

 じっと足元を見る。
b0122645_1821866.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-01-19 18:22 | 日常 | Comments(0)

飯島一次さんの新刊『消えたろくろっ首-室町小町謎解き帖』!

 飯島一次さんより新刊『消えたろくろっ首-室町小町謎解き帖』(双葉文庫・610円税込)をいただきました!
 日本橋の呉服商「三浦屋」の箱入り娘である十九歳のお雪は、室町小町と呼ばれるほどの美しい娘だが、いたって内気な引きこもりだった。
 そんなお雪が興味津々となる事件が勃発!
 両国の見世物小屋で「ろくろっ首」を演じていた女の首なし死体が見つかったのだ!
 家を抜け出したお雪は、見世物小屋でならず者に襲われてしまうのだが!?
 著者渾身の新シリーズ開幕です!
 ぜひ、新刊書店でお買い求めください♪

b0122645_17533552.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-01-18 17:54 | いただきもの | Comments(0)

福原俊彦さんの新刊『書物奉行、江戸を奔る! 行人坂大火の策謀』!

 福原俊彦さんより新刊『書物奉行、江戸を奔る! 行人坂大火の策謀』(朝日時代小説文庫・756円税込)をいただきました!
 江戸を襲った大火に、付け火の噂が!
 書物奉行でありながら、裏では田沼意次の密偵をつとめる篠山辰之丞は、友人の文二郎や火付盗賊改方・長谷川平蔵の助けを借りながら、真相を突き止めようとするが!?
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!

b0122645_16204378.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-01-17 16:20 | いただきもの | Comments(0)

聖龍人さんの新刊『ぼんくら同心と徳川の姫 雨あがりの恋』!

 聖龍人さんより新刊『ぼんくら同心と徳川の姫 雨あがりの恋』(コスミック・時代文庫・720円税込)をいただきました!
 徳川吉宗を父にもつお姫さまは、市井の暮らしを知りたいと一膳飯屋で女中働きをしていたが、そこに現れたのは、目立たぬ風貌の北町奉行所同心・末広喜十郎だった
 妻に先立たれ、娘と二人暮らしの喜十郎に、なんとお姫さまが恋をした!?
 聖さんの新境地・待望の新シリーズ開幕です!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪

b0122645_1901483.jpg
 
by ashikawa_junichi | 2016-01-15 19:01 | いただきもの | Comments(0)

コスミック新年会

 昨日はコスミック出版の新年会でした。
 久し振りにお会いする作家のかたがたと歓談しました。
 楠木誠一郎さんからは、花粉症を治したという興味深いお話をお聞きしましたよ。
 5年間、花粉症の時期に漢方薬の小青竜湯を飲みつづけていたら治ったそうです。
 わたしが今回の鼻風邪で飲んだ漢方薬も小青竜湯でした。ただ、高血圧、腎臓病などの病気のある人は、医師などの指導のもとに飲まねばならないと注意書きにあります。

 鼻風邪は、ほぼ治りましたが、イラストレーターの室谷雅子さんから、鼻の通りのよくなるガムをいただきました♪ 鼻炎持ちなので、ありがたや(^o^)

 毎年くださるコスミック出版のお土産です。ホームズ映画のDVD9枚組とぬりえのムックです。
 このDVDは、持っていなかったので、嬉しいです。

b0122645_2222852.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-01-13 22:22 | 日常 | Comments(0)