<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

風呂上がりに流血

 一昨日の夜、風呂から上がって身体を拭いていたら、タオルに血が!
 洗っているときに、どこかに傷をつけたのか!? と思って、まず頭皮、背中……と、点検していくと、左の股にべっとりと血がついていました。
 太股をひっかいたのかと思っていたら、そこに傷はなく、なんと玉袋から血が流れているではないですか!
 そういえば、玉袋がかゆくて、ごしごし洗ったのですが……。
 無意識に爪でひっかいて傷をつけたのでしょう。爪は、ヤスリを充分にかけていなかったので、尖っていました。
 玉袋の表面は細い血管がたくさんあるし、皮が薄いので血が流れやすいのですね。
 しばらくティッシュで押さえていたら、血が止まりました。
 思いだすのは、作家のOさんの話。
 露天風呂の岩で玉袋に傷をつけての流血騒ぎ。温まっていたし、外なので、下半身血まみれになったそうです。
 みなさん、玉袋をひっかいたりして、傷をつけないように用心しましょう(o^ з^o)v ひどいと玉がぽろんと落ちてしまいます。

 汗かきおちんこ君。(絵・ODA-SAN)タマ兄弟は離れています。
b0122645_17143356.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-04-29 17:18 | 健康 | Comments(0)

微妙な色違い(実はずいぶん違う)

 聖さんと川端康成の『掌(てのひら)の小説』の話になり、家に2冊あることを思いだしました。(よくある重複買いです)
 1冊を気功の師匠のhanaさんに進呈することになったのですが、2冊を並べてみると……。
 なぜか色が違うのです。両方とも平山郁夫画伯の絵なのですが、右(平成3年42刷)が青みがかっていて、左(平成20年の70刷)が緑がかっているでしょ?
 どうしてこうなったのでしょうか……。そして、どちらが本物の絵の色に近いのでしょうか?

b0122645_18281233.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-04-27 18:28 | 四方山話 | Comments(0)

わが家の娘と『老眼めがね博物館』

 わが家の娘というのは、チワワのまめです。

b0122645_211727.jpg


『老眼めがね博物館』は、池袋にあります。外壁が眼鏡だらけです。(おそらく中も) 博物館といっても、眼鏡屋さんです。先日、歩いていて見つけたので、撮影しました。
 実は、わたしはいくぶん老眼ですが、眼鏡をかけるほど進行してはいないのです。同年代の友人たちは、薄暗い店内だと、小さなメニューの文字が読めないのに、わたしは裸眼で読めます。えへん(^-^)

b0122645_22220.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-04-26 02:02 | 日常 | Comments(0)

花粉症クラス2(7年前)

 東京では雨が降ってますが、被災地はもっと激しい雨のようですね。これ以上、土砂崩れなど起きないことと、被災者のみなさんが風邪など召されぬよう、お祈りいたします。

 いまはヒノキの花粉がたくさん飛んで、ヒノキ花粉症の人は辛いでしょう。
 わたしは、7年前のアレルゲン検査で、ついにスギ花粉のアレルゲンが限界値をこえて、クラス2の判定を下されました。ヒノキは0です。
 ただ、スギ花粉症が発症したという自覚症状はなく、いまに至っています。鼻づまりは少しあるので、発症していても、超軽度なのでしょうか。
 アレルゲンは減少することもあるそうですから、そうであってほしいものです。
 画像は、7年前の検査結果です。3.50からクラス3だそうです。順調に(?)アレルゲンが増えていたら、いまは3なのかも(-o-;)

b0122645_044472.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-04-22 00:07 | 健康 | Comments(0)

絶不調

 熊本では、大きな揺れがつづていますね。こちらも、今日は少し揺れましたが、大きな揺れが毎日何度もつづくなんて、想像しただけで辛いです。頑張ってください、としかいえないのが歯がゆいです。揺れは、早くおさまらないものでしょうか……。
 
 地震とは、まったく関係ありませんが、わたしの不調状態(実はそうなんです。スランプともいいます)は、一度は脱したと思っていたのに、いまさらにひどいものになっています。困ったなあ……。

 それとは別に、文章を書くのではなく、絵を描かねばなりません。天使画家の岸田尚さんの肖像画です。いちおう遊びのようなものなんですが、肖像画を集めた展示会があります。そこに参加するかたがたが、もう偉い人ばかりなんで、いまさらながら断ればよかったと後悔しています。大丈夫なのか?

 こうしたとき、朝ドラ『とと姉ちゃん』のセリフ「どうしたもんじゃろのう」を使うといいのかな。おまじないみたいなもので、上手くいけるかな?

 お酒飲みたくなってきました。

b0122645_12667.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-04-21 01:27 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

福原俊彦さんの新刊『書物奉行、江戸を奔る! 徳川吉宗の機密書』!

 福原俊彦さんより新刊『書物奉行、江戸を奔る! 徳川吉宗の機密書』(朝日文庫・756円税込)をいただきました!
 書物奉行の篠山辰之丞は、裏では田沼意次の密偵として働いている。
 意次の命により、老旗本がつぎつぎと切り殺される事件を調べるうちに、徳川吉宗の過去との関わりがあらわになってくる!?
 そして因縁の敵、天狗面の男との決戦の時が迫る!
 シリーズ第三弾です。ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!

b0122645_165604.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-04-17 16:56 | いただきもの | Comments(0)

熊本地震

 14日夜に熊本に震度7の地震が起こりました。昨日深夜、日づけは今日ですが、また震度6強の地震が。こちらが本震のようですね。
 犠牲になったかたがたのご冥福をお祈りします。
 まだ余震がつづいていますので、九州のみなさん、くれぐれもお気をつけてください。

 熊本市内の友人に、14日夜にショートメールを送ったところ、すぐに返事がきました。今日も送りましたが、無事のようで、安心しました。

 災害があるたびに、人間は自然の猛威に無力なんだと痛感します。
 つねに災害に対しての準備をしなければと思うのですが、まだ大丈夫だろうという油断があっていけませんね。
 九州電力が川内原発を依然として操業しつづけているというのは、その油断の最たるものではないでしょうか。
by ashikawa_junichi | 2016-04-16 16:22 | 事件・天災 | Comments(0)

吃音と豊島公会堂と重版出来!

 昨日は、新月9ドラマ『ラヴソング』を途中から観ました。
 福山雅治は、ちょっと太ったですか? 新婚幸せ太り? それともウエイトトレーニングをしているそうだから、そうした人特有の一時太り?
 藤原さくらは、吃音少女を上手に演じていたけれど、このまま本当に吃音が癖にならないか心配になりました。真似すると、本当に吃音になるそうですからね。

 かくいうわたしも、吃音でした。ただ、比較的軽度のやつで、焦らず、落ち着いて話せば大丈夫というもの。
 小学生のときが一番吃音がひどかったのですが、学校の演劇には出ることができました。舞台に上がっても、あまり緊張しなかったのです。
 今年2月に閉館になった豊島公会堂で、もう50年以上前に、脇役ですが出演しました。閉館のニュースを聞いて、思いだしました。

 今日は『重版出来!』を観ました。漫画の編集部にいたのですが、このタイトルの言葉の読み方を間違えていました。新聞広告などで「重版出来」と書いてあると、ずっと出来(しゅったい)ではなく(でき)と読んでました。(しゅったい)だと、事件(悪いこと)が起きたという意味だと思っていましたが、それとは別によい意味もあるのですね。知らないで、恥ずかしいです。
 このドラマの編集長は阪神が負けると機嫌が悪いのですが、実際に、わたしが編集者だったころの編集長は巨人が負けると翌朝、たいへんに機嫌が悪かったです。
 ただ、阪神ファンの場合、あからさまに機嫌が悪くなるのはおかしい気がします。負け慣れていますから。(失礼かな)

b0122645_23525095.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-04-12 23:53 | 四方山話 | Comments(2)

WOWOWさん、ごめんm(_ _)m

 以前WOWOWに加入していた人は、また加入すれば4月いっぱい無料サービスが受けられるというので、いちおう加入しました。(そのあとは解約してもいいというし)
 そして、懐かしい番組を見たのです。
『エキサイトマッチ』です! 10年ぶりでしょうか。(WOWOWには、数年前まで加入していたのですが、忙しくて10年前から見なくなってました)
 アナウンサーは、前と同じくいつも焦っている口調。実況中継が全然上手くなってない。額がずいぶんと禿げ上がってました。
 元チャンピオンの浜田氏は、前と同じく熱い解説を、まわらない舌で一所懸命に語ってます。
 ジョー・小泉氏は、前と同じく博学な知識でボクシングの魅力を伝えてくれますが、ちょっと声が小さくなって、前ほどの元気がないような気が。歳でしょうか……心配。
 試合は3試合。前座の2試合は適当に見て、メインイベントは『マニー・パッキャオVSティモシー・ブラッドリー』! 6階級を制覇した、とんでもないポクサー・パッキャオの引退試合でもあります。
 パッキャオも37歳ですから、以前のような破壊力はありません。ブラッドリーがカウンターに徹してしまったせいか、テクニックを見せ合う玄人好みのボクシングになったようです。(と、小泉氏と浜田氏がいってました)
 KOはなかったけれども、まあまあ面白い試合でしたよ。
 この引退試合を3-0の判定で勝ったパッキャオは、オリンピック出場の噂がありますが、出たら金メダル間違いなしですね。

 この番組を見ていたころは、ヘビー級ボクサーにどのような選手がいるのかよく知っていましたが、いまはまったく知りません。誰がチャンピオンなのかも。まあ、さほど騒がれてもいないので、魅力的な選手がいないのでしょうか……。
 また見たくなってきましたが『エキサイトマッチ』だけのために、月々2千円以上払いたくはありません。リーガ・エスパニョーラも見られるし、映画もあるし、『ツインピークス』もやるし、独自製作の面白そうなドラマもありますが、見ている暇がありません。
 というわけで、無料の期間が終わったら、契約を解除するつもりです。ごめん、WOWOWさん。

b0122645_271882.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-04-11 02:08 | スポーツ | Comments(0)

新刊『旗本風来坊・助太刀始末』発売!

 去年後半から今年にかけて、調子上がらずに、新刊が出るのが遅くなってしまいました。
 やっと新刊が出ます!
旗本風来坊・助太刀始末』(コスミック・時代文庫・680円税込)です!
 許婚の由紀が、なんと献残屋の嫁になるというではないか!?(第一話・由紀の縁談)
 父親の仇を討つ少年の助太刀を頼まれた大作は、凄腕の剣客に挑むが……ことはすんなり運ばない!?(第二話・助太刀始末)
 娘をかどわかされ、訳の分からない要求をされた侍を、大作は助けようとするが!?(第三話・算盤ざむらい)
 てな、短編連作です。面白いですよお♪
 ぜひ、新刊書店などで、お買い求めください!
 アマゾンに表紙画像がないので、見本を撮影しました。

b0122645_16572974.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-04-08 16:58 | 小説・本・仕事 | Comments(2)