<   2016年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

新宿三丁目『NADNYE』(『どん底』の姉妹店)

 昨夜は、夜更けてから、聖さん、出口学さんと、新宿三丁目のbar『NADNYE(ナドニエ)』へ。『NADYYE』は、あの『どん底』の姉妹店です。店名はロシア語で「どん底」という意味だそうですが、ロシア語の表記ではありませんね。
 ほかのbarで、この店の代表のかたに出会って、呑みにいくと約束していたのですが、それを果せました。雰囲気のある落ち着いた店です。

b0122645_18202988.jpg


 トイレもお洒落。

b0122645_1821011.jpg


『どん底』と聞くと、以前に新宿にあった店『ドンガバチョ』を思いだします。こちらはずっと以前に閉店してしまいました。
by ashikawa_junichi | 2016-06-29 18:36 | 飲食 | Comments(0)

麦入りご飯復活!

 子どものころ、麦の入ったご飯を食べていました。
 それが、いつのころからか白米だけになったので、麦は入れないの?と母親に訊ねたところ、父親が嫌いなので、やめることにしたと。
 ぼくは、麦の入ったほうが好きだったので残念だったことを覚えています。

 そして、結婚したころに麦(押し麦)を入れたご飯を何十年ぶりかに復活させ、雑穀を入れたりもしました。
 やはり、ぼくは白米だけより、いろいろ入れたほうが好きです。とくに麦。
 ところが、小さい息子が白米だけのほうがよいといいだし、しかたなくそのように。

 それから十有余年、再び押し麦入りご飯を食べ始めています。
 やっぱり旨いです。麦、好き♪
 いや、麦だけっていうのはちょっと……あくまで、麦入りの白米ですよ。

 なぜ復活したのかというと……テレビ番組で、押し麦を入れたご飯は、高血圧や動脈硬化、憩室炎などによいといっていたから、また入れたいのだといってみたところ、なんと息子は、それでいいと。
「麦入りだと、とろろを食べたくなるよ」
 なんていってましたが、長芋や山芋を磨るのは厭いません。
 ただ、いまのところ毎日ではないのが、残念です。

 ちなみに、かみさんは雑穀入りのほうが好きみたいです。

b0122645_0553925.jpg





 
by ashikawa_junichi | 2016-06-25 00:52 | 食べ物 | Comments(2)

ストレスホルモンの怖さ!(キラーストレス)

 NHKスペシャル『キラーストレス』を見ましたか!?
 いやあ、怖いですね。忘れないように、メモがわりに放送内容をここに書いておきます。

 複数のストレスが重なると、多量のストレスホルモンが溜まって、心拍数が増加、血圧が異常に高くなり、ストレス反応の暴走が起こって、大動脈が破裂したり、脳出血が起こったりといったことで、突然死を招く恐れがあるとか!
 さらに、ストレスホルモンは、免疫細胞を不活性化させて、癌細胞の増殖を助けてしまうのだとか!
 さらにさらに、ストレスホルモンは血糖値も上げてしまうんだそうですよ!
 万病の元ではないですか!!!

 ストレスホルモンは、脳の扁桃体が副腎に指令を出すことによって出てくるそうです。全身の自律神経を働かせて血圧を上昇させ、血液を固まりやすくするのだとか。これが病気の原因になるのですが、太古の昔、外敵から身を守るために必要な機能だったんですねえ……。つまり、血圧上昇は素速く身体を動かすためで、血液が固まりやすくなるのは、出血してもすぐに血を止めるためだったのです。

 こうした身体のメカニズムは、実に面白くもあるんですよ。
 それはいいとして。問題は、どうやってストレスホルモンを出さないようにするかですよね。
 番組の第一夜は、これまで書いた身体のメカニズムについてで、対処方法が第二夜で紹介されていました。第二夜の再放送は、明日金曜夜、正確には土曜の未明、零時10分からです。見逃しているかたがたは、これを録画しましょう。(第一夜の再放送は終わってます。NHKオンデマンドで配信してますよ)

 ここでかいつまんで書いてしまいましょうか。
 まず、ストレスの原因をさぐる。笑う。サポートを得る。
 そして、運動とマインドフルネスです。
 運動は、週に3回ほど30分の有酸素運動を。ウォーキングや軽いジョギングなどがよいそうです。こうした運動をすると、扁桃体と自律神経をつなぐところにある延髄の突起が減ります。この突起が多ければ多いほど、扁桃体から自律神経に伝わるものが増えて、ストレスホルモンがたくさん出るのだとか。
 マインドフルネス(MEDITATE)とは、心のエクササイズです。それによって、ストレスを少なくするというもの。
 背筋を伸ばして椅子に座り、目を閉じ、自分の呼吸と身体に意識を集中する。雑念が押し寄せてくるが、それを押しやる。 
 これを1日10分。毎日つづけることによって、脳内制御の力が増してくるそうです。神経細胞をむしばむコルチゾールの分泌を抑えられるのだとか。
 瞑想に近いですね。気功では、横になって身体の部位に意識を集中させる功がありますが、これも同じ効果がありそうですね。

 もうひとつ、コーピングというものを紹介していました。
 気晴らしになるものを、なんでもいいから書きつらねる。出来れば100くらい。質より量だそうです。たとえば、コーヒーを飲む。映画を見る。大木に抱きつく。宝くじがあたると想像。イチローならどうすると考える……などなど。
 それを実際にすることによって、ストレスホルモンを抑えられるのだそうですよ。

 これでよかったのかな。間違っている箇所があったら、教えてください。

 ペットを可愛がるのもストレスホルモン軽減に役立つのかな……。

b0122645_1901357.jpg






 
 
by ashikawa_junichi | 2016-06-22 18:56 | 健康 | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『出世侍(三)-昨日の敵は今日も敵』!

 千野隆司さんより新刊『出世侍(三)-昨日の敵は今日も敵』(幻冬舎時代小説文庫・702円税込)をいただきました!
 百姓から旗本の家臣になった川端藤吉だが、その出世を快く思わない連中に嫌がらせを受ける。
 それが原因で若殿に怪我をさせてしまうのだが、その窮地を藤吉は切れ抜けることができるのか!?
 読んで爽快になれる人気シリーズの第三弾です!
 ぜひ新刊書店などでお買い求めください♪

b0122645_23491620.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-06-17 23:54 | いただきもの | Comments(0)

トマソンとイチローのピート・ローズに対する反論

 わたしは、野球に興味がないのですが、トマソンの名前は知ってました。
 そのトマソンの名前を、今日の天声人語のなかで見つけました。
 天声人語は、ピート・ローズがイチローの日本での記録を大リーグの記録に加算することがおかしいとケチをつけたことに関するものでした。そのなかで、豪快な空振りが多くて「扇風機」といわれたトマソンのことも引き合いに出されていたのです。(ローズは、日本の野球はレベルが低いという理由に、日本で活躍したアメリカの選手は大リーグでは駄目だったということをあげているが、逆に日本で活躍出来なかった大リーガーも多くいて、トマソンもそうだというもの)
 なぜ、トマソンの名前を知っていたのかとういと、まずは赤瀬川源平の「超芸術トマソン」です。美しく保存された無用の長物……だとか。
 そして、伊藤つかさです。彼女が「好きな野球選手は?」と訊かれて「トマソン」と応えたことを鮮明に覚えているからです。その「トマソン」という口調が可愛かったんですねえ。

 それはともかく、イチローはさりげなくローズに反論していましたね。あまりニュースで取り上げられていないのが不思議です。
「日本で野球をつづけていて、この安打記録を塗り替える選手が出てきたらスゴイですよ。こっちでやるより、大変だから」(記憶に基づいているので、言葉は正確ではありません)
 といっていたのです。つまり、大リーグでよりも、日本でプレイしながら記録を塗り替えるほうが難しいといったのです。「日本での安打記録にケチをつけるなんて、勘違いもはなはだしいぜ!」ということですね。

b0122645_23502488.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-06-16 23:51 | スポーツ | Comments(0)

岸田尚さんの肖像画を描きました(^o^;)

 7月5日から10日まで開かれる『岸田尚 肖像画展4』に、なぜか参加することになったので、恥ずかしい出来ですが、なんかと描きあげました。
 縮小すれば、少しはましに見えるかも……。どうかなあ……。

b0122645_1757334.jpg

 
『岸田尚 肖像画展4』のDMです。

b0122645_175892.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-06-16 17:59 | 音楽・アート | Comments(0)

クトゥルーあみぐるみ♪

 一昨日の朝松健さんのイベントでお目にかかった『るるい宴』さんのおひとり・青木淳さんのとても可愛らしいクトゥルーのあみぐるみです。許可を得て撮影させていただきました♪
『るるい宴』のもうおひとりは、イラストレーター&漫画家の鷹木骰子さんです。
 お二人は御夫婦です♪

b0122645_1861310.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-06-14 18:11 | 音楽・アート | Comments(0)

昨日は朝松健さん新刊『金閣寺の首』出版記念イベントへ!

 昨日は、朝松健さんの『金閣寺の首』(河出書房新社・2484円税込)出版を記念してのトークショーが、秋葉原の書泉ブックタワーで開かれました。
 トークは朝松健さんと井上雅彦さん、そして日下三蔵さんの司会で、日本ホラー黎明期の話を興味深く聞かせていただきました。
 とても楽しい1時間半。そのあとはサイン会。

b0122645_17113493.jpg


 さらに、2次会が行われ、わたしは3次会、4次会にも参加して、深夜まで呑んでいました。
 最後の場は、新宿の『サムライ』です。実に趣のある酒場です。ちょっと違いますが、池袋の『マダム・シルク』を彷彿とさせる雰囲気です。
 文芸評論家・笹川吉晴さんの行きつけの店で、小説家の霜島ケイさん、編集者のK女史と楽しいときを過ごしました。

b0122645_17134146.jpg

b0122645_1714664.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-06-13 17:15 | その他 | Comments(2)

安達瑶さんの新刊『悪徳探偵-お礼がしたいの』!

 安達瑶さんより新刊『悪徳探偵-お礼がしたいの』(実業之日本社文庫・640円税込)をいただきました!
 ブラック企業以上にブラックな探偵社で、ただ働きをしている飯倉良一は、美少女が身を隠すシェアハウスに潜入するが、そこには思いがけない事件と甘~い誘惑が!?
 童貞探偵と帯にはありますが、実は前作で童貞はめでたく(?)捨てております。ご安心を♪
 ブラックな探偵社・ブラックフィールド探偵社の魅力的な面々が活躍する人気沸騰シリーズの第2弾です!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!

b0122645_1825257.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-06-11 18:25 | いただきもの | Comments(0)

美容室帰りのまめ

 まめを久し振りに近所の犬の美容室へ。
 ずいぶんと短く毛を切ってもらったら、チワワではなく雑種っぽくなりました。
 なんだか、違う犬が我が家へやってきた感じがします(^o^)

b0122645_2227593.jpg


 美容室へいく数日前のまめです。必死にカップの底にへばりついたじゃがりこを舐めて取ろうとしています。(かみさんが、じゃがりこをマッシュドポテトのようにして食べたので、底にへばりついています)

b0122645_22291866.jpg


b0122645_22293137.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-06-08 22:30 | ペット | Comments(0)