<   2016年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

気功の会・納涼屋形船

 昨日28日は、気功のあと、毎年恒例の屋形船に乗りました。
 運よく梅雨が明け、快晴とはいきませんでしたが、その分、暑さはそれほどではなく、屋上に上がってのひとときは心地よかったです。

b0122645_23152338.jpg


b0122645_23154877.jpg


b0122645_2316497.jpg


b0122645_23165350.jpg


 お世話になった三浦屋さんは、刺身も天ぷらも実に美味しかったです♪
by ashikawa_junichi | 2016-07-29 23:19 | 旅行・行楽 | Comments(0)

シャルンです!

 歌手の井上苑子さんが『MelodeX』という番組で、
「『シャルンです』にハマってるんです。……というと、それは(読み方が)違うといわれるんですけど、ぜったい『シャルンです』なんです!」
 と豪語されていました。
『シャルンです』って富士フィルムの『写ルンです』のことでした。
 なにいってんの?と思う人は、けっこうな歳の人ですね。そう、これは「うつるんです」という商品名なのです。
 若い人たちのあいだで『写ルンです』のフィルムの色味、風合いなどが新鮮に感じられるようで、流行っているのだとか。
 なぜ『シャルンです』と読むかというと『シャメ』という言葉に親しんでいるからだそうです。
 いまは言葉が使われ得というのか、間違っていてもそれがたちまちのうちに定着してしまいますから、これも『シャルンです』」が定着して、商品名も変わってしまうのかも(^o^;)

b0122645_15161881.jpg


 ところで井上苑子ちゃん、高校を卒業して制服姿じゃなくなると同時に化粧も変えましたね。目のあたり、まゆゆに似ているなと思うのはわたしだけ? この写真は最近のではないですが。

b0122645_1518032.jpg


 もともと似てるのかな……。
by ashikawa_junichi | 2016-07-26 15:18 | 四方山話 | Comments(0)

ロッキード事件と1976年の思い出

 3つのpartで構成された『NHKスペシャル- ロッキード事件の真実』は、見応えがありましたね。
 ロッキード事件は、民間機トライスターではなく、本当は軍用機P3Cの売りこみに関する収賄だったという真実!
「田中角栄逮捕という熱狂の陰で埋もれていった軍事と金という巨大な闇。そこから浮かび上がってきたのは、真実を覆い隠してゆく国家の姿だった
 という言葉は重いです。

 田中角栄が逮捕されたのは、1976年7月27日。当時、わたしは23歳でした。新聞も読んでいましたしテレビのニュースも見ていたので、ロッキード事件については知っていました。
 ですが、その記憶に、濃い霧というかモヤがかかっているのです。年月のせいではありません。そのころ、世間の出来事が……戦後最大の疑獄事件といわれたロッキード事件でさえも、濃いモヤの向こうで起こっているような、そんな感覚だったのです。
 なぜかというと、そのころ、わたしはひどい失恋の真っ最中で、奈落の底の泥沼のなかの暗黒の深淵(どんな比喩だ)に沈みきっていたからです。1年間はそんな状態がつづいていたでしょうか……。

 世間で起こったことを思いだすと、そのころ、自分はなにをしていたのかと考えてしまいますね。





 
by ashikawa_junichi | 2016-07-25 00:30 | 事件・天災 | Comments(0)

ゴスペルトレイン15周年コンサート!

 ゴスペルを歌う団体としては、千葉県でもっとも歴史のあるというゴスペルトレインの15周年記念コンサートへいってきました。
 場所は美浜文化ホール。
 亀淵友香さんのワークショップに参加した人たちが始めたそうで、亀淵さんは定期的に指導されているそうです。
 ふだんは、プロの歌手・のはらヒロコさんが指導されています。
 
 高校時代のクラスメートの女性が代表なので、わたしは誘われたのですが、いやあ迫力がありました。とても、楽しいコンサートでした。
 
b0122645_0294632.jpg


 涼しい日でよかったです。このまま秋にならないかな……いや、夏も好きにならないと。
 コンサートのあとは、クラスメート3人と検見川浜駅前のガストでくつろぎました。
 女性2人は、すでに子育てを終えて、悠々として落ち着き、貫祿がありましたねえ。
by ashikawa_junichi | 2016-07-24 00:34 | 音楽・アート | Comments(0)

スマホカバーをはずしました

 スマホのカバーを外しました。外してビックリ。スマホが熱い! これまでカバー越しに触っていたので、手に感じる熱さが軽減されていたのですね。ということは、熱がスマホとカバーの間にこもってしまっていたということ!?
 そして、薄い! カバーは決して分厚いわけではないのですが、ほんの数ミリのカバーでも、なくなると本体の薄さに驚きます。
 なぜ、カバーを外そうとしたかというと、おサイフ携帯の反応が悪かったからです。
 実は、機種が大きいので、おサイフ携帯が反応する場所をピンポイントでかざせばよく、これまで大雑把にかざしていただけのようなのですが、それを検索して知る前にカバーを外してしまったのです。
 いったん外したら、もうつける気がなくなってしまいました。カラフルで気に入っていたカバーなのですがね。
 ただ、手から滑りやすくなったのが玉に瑕。

 しばらくししたら、またカバーをしている可能性もないわけではないです(^o^;)

b0122645_17254823.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-07-22 17:25 | 日常 | Comments(0)

ダーさんの『スモウ キャッツ』!Kindle版発売!

 ダーさんの『スモウ キャッツ』が100ページの長尺で楽しめるKindle版(700円)が出ております!
 早速ダウンロードしました。これから楽しみます♪(^_^)/
 みなさんも、どうぞ!
 しかし、ダーさんとはいったい誰!?

 表紙などちょっと紹介。キンドルHDの画面を撮影しました。

b0122645_122295.jpg

b0122645_1236100.jpg

b0122645_125295.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-07-20 01:03 | 漫画 | Comments(2)

曾孫より若い子ども(やるなあミック)

 ミック・ジュガー73歳。恋人のアメリカ人バレリーナを妊娠させたとか。ミックには曾孫がいますから、生まれれば、その曾孫よりも若い子どもができるわけです!
 すごいなあ……。

 イチローですが、もう少しでダイリーグ3000本安打達成ですね。
 この前、書き忘れましたが、
「大リーグだけで、ピート・ローズの記録を破る選手に出てきてほしいですか」
 と訊かれて、
「もちろん。ただし、人格者にね」
 と応えてました。ローズに対する強烈な皮肉ではないですか! これがあまり報道で取り上げられていないのが気になりますね。
 このあとに、日本のリーグだけで記録を塗り替えるのは、もっと大変だといったわけです。
 両方とも、日本のマスコミのインタヴューだったからいえたのでしょうか……。

b0122645_2254966.jpg


 
by ashikawa_junichi | 2016-07-17 22:06 | その他 | Comments(0)

真夜中に1万歩

 昨夜(深夜)は、久し振りに新宿から西巣鴨の自宅まで、主に明治通りを歩いて帰りました。
 涼しくて気持ちよかったので、少し歩こうとしたら、すいすいと早稲田通りまできたので、このまま歩いてやるかと思ったのですが……汗がダラダラで気持ち悪くなってきました。あとはなぜか根性を出してしまい、歩ききりました。池袋の手前からがきつかったですね。もう少しだと思ったけれど、けっこう距離がありましたから。
 正味1時間30分かかりました。20代後半から30代にかけては、なんども歩いて帰ったものですが、時間はほぼ同じです。
 スマホの歩数は1万歩には足らずに、9867歩でした。(タイトルは切りがよいので一万歩としましたが)

 ただ、若いときと違って、疲れがどよーんと、今日になっても残ってます。
 歳を考えないといけません(^o^;)

 画像は、昨夜のことと関係なく、丸の内マリオンの周囲に鏡がはられているエスカレーターからの一枚。

b0122645_18341530.jpg



 
by ashikawa_junichi | 2016-07-15 18:35 | 日常 | Comments(0)

祝ボルトがル!

 一昨日の夜(昨日の未明)、ユーロ選手権の決勝を途中まで観て、あとは録画して寝ました。クリスティアーノ・ロナウドが負傷退場するまでです。
 昨日起きてからスポーツニュースを見ることなく、結果を知らずして録画を見ることができました!
 な、なんと! エースを欠いたポルトガルが1-0で優勝していたではないですか!
 判官贔屓か、なんとなくポルトガルを応援していたので、よかった♪
 フランスは、ポルトガルに比べて休みが一日少なく、疲れが後半から出てきたようです。そして、プレッシャーからの焦りもあったでしょうか。

 しかし、ユーロ選手権のゴールシーンを見るだけでも、技術の凄さを実感します。Jリーグも、このくらいのレベルにならないものでしょうかしらん……。というか、もっとお金を使って、旬の素晴らしい選手を連れてきてもらいたいものです。

b0122645_1953580.jpg


 安倍は、改憲をまったく語らずに選挙にのぞみ、終わったあとに、改憲をすすめるといいました。
 なんとセコイことでしょう。
 まあ、これからみっちり議論して、最後は国民投票でノーをつきつければよいのだ!
 ポルトガルだって、グループリーグではまったく勝てずに3位通過だったんだ。それが大逆転! 関係ないけど、あやかりたいものです♪
by ashikawa_junichi | 2016-07-12 19:07 | スポーツ | Comments(0)

『避暑地の恋』より『夏の日の恋』

 小学校のときに、たまに日曜日に親父に連れられて喫茶店にいきました。なんでわたしを連れていったのか定かではありません。母も妹もおらず、父親とわたしだけでした。
 親父は新聞を読んでいて、わたしはやることもなくジュースをちびちびと飲んでいたのですが、店内ではよく映画音楽がかかっていました。
 そのなかでも、もっとも印象に残っているのが『夏の日の恋』です。映画『避暑地の恋』(原題・SUMMER PLACE)のメインテーマです。(パーシーフェイス・オーケストラ♪)
 映画の出来はさほどでもないので、名画の誉れ高い『エデンの東』などのように映画と音楽がセットで後世に残るということはありませんでしたが、たまーにラジオでバックグラウンドミュージックとして流れているのを耳にします。
 主役は、当時のイケメン俳優トロイ・ドナヒュー!



 ロマンチックですねえ♪
by ashikawa_junichi | 2016-07-12 00:35 | 音楽・アート | Comments(0)