<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ブログをやる理由

 先日、なんでブログをやっているのか、ということについて、数人の作家連中と語り合いました。
 HS氏は、自分の力不足が分かって自己嫌悪に陥るので、ブログもSNSもやめたと、よく分からないことをおっしゃってました。
 わたしは、ブログを始めた理由について語りました。それは、日々感じる怒りなどを吐きだす場が欲しかったからです。つまり、無灯火暴走自転車への怒りなどを公開の場で書きたかったのです。閲覧者は少なくても、公開の場なら、誰かは読んでくれますから。
 怒りなどの負の感情ばかりでなく、本や映画や音楽で感動したことも書けますし。
 でも、いまは、あらかた吐きだしてしまったし、怒りや感動を伝えたいと思ったらツイッターやフェイスブックで済ましてしまうことが多くなったので、ここはそうした場ではなくなっています。
 では、なぜつづけているのか……なんでですかね。惰性かも(^o^;)
 ただ、年賀状で大学時代の友人が「ブログ読んでるよ」と書いてくれていたのは、嬉しかったです。彼の近況は知らないけれど、わたしの近況は知っていてくれるわけです。できれば、彼のブログも読みたいですね。

 画像は、千葉県市原市郊外の光景。

b0122645_23204431.jpg


 前にも同じことを、もっと詳しく書いていました。ここです→
                                                                                           
by ashikawa_junichi | 2017-01-29 23:24 | 四方山話 | Comments(0)

聖龍人さんの新刊『ぼんくら同心と徳川の姫-明かせぬ秘密』!

 聖龍人さんより新刊『ぼんくら同心と徳川の姫-明かせぬ秘密』(コスミック・時代文庫・702円税込)をいただきました♪
 中年同心しが恋したのは、身分を隠して一膳飯屋で働く徳川の姫!
 姫は、謎の刺客たちに命を狙われるのだが!? そして、2人の恋の行方は!?
 大人気シリーズの第4弾!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪

b0122645_20191723.jpg
 
                                                                                                                                        
by ashikawa_junichi | 2017-01-28 20:19 | いただきもの | Comments(0)

昭和のスター

 昨夜は、新宿の昭和歌謡の店へいきました。店の名前を紹介するのも写真撮影も禁止なので、詳しくは書けませんが、初対面のサラリーマンのかたがたと盛り上がりました♪

 松方弘樹が亡くなりましたね。まず思いだしたのは、小学校のときに見た実写版『伊賀の影丸』です。若かりし松方弘樹が主役の影丸役で、敵役(かたきやく)として山城新伍も出ていました。そのあとの活躍は目覚ましかったですね。昭和の大スターがまたひとりいなくなり、淋しいです。

b0122645_0185111.jpg




 
by ashikawa_junichi | 2017-01-26 00:20 | 日常 | Comments(0)

榎本秋さんの新刊『戦国「境界大名」16家』!

 榎本秋さんより新刊『戦国「境界大名」16家』(洋泉社新書・972円税込)をいただきました!
 群雄割拠の戦国時代を、有力大名の国に挟まれた小領主たちはどうやって生き抜いたのか!? 真田は井伊は、はたまた柳生は!?
 出版界で八面六臂の活躍を見せる榎本さんの久し振りの新書新刊です!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪

b0122645_231317.jpg

                                                                                            
by ashikawa_junichi | 2017-01-23 23:01 | いただきもの | Comments(0)

時代作家Hさんの悪夢

 時代作家のHSさんが、ずっと悪夢を見ているとボヤいていました。
 それは現実が充実しているからでしょう。悪夢は、その現実がずっとつづくか不安なので見てしまうのだと思います。

 逆に、素晴らしくよい夢を見ているときは、現実が悲惨なのだと思います。ずいぶん前、大変つらい目にあったとき、そのことばかりが頭に充満して、ほかのことを考えることすらできなかったのですが、唯一睡眠中だけは、そのことを忘れられました。まったく関係ない楽しい夢を見ていたのです。ただ、楽しい夢のおかげで穏やかな気分で目が覚めたのはよいのですが、すぐに苛酷な現実がワーッと襲いかかってきて、叫びそうになったことを思いだします。
 やがて、現実のつらさがようやく薄らいできたころに、そのつらいことが夢に現れたのです。関係のない悪夢も見始めました。
 人間の脳は、そうやってバランスをとっているのだと思います。

 ですから!
 Hさん! 悪夢を見るのは、けっして悪いことではないのですぞ♪

 そして、官能作家のKさん、わたしの虫のよい楽しい夢は、現実が充実していないから見たのです。けっして、自信過剰のゆえではありません(^o^;)

 画像は拾い物です。
b0122645_23373527.jpg


 まあ、夢のメカニズムは、こんなに単純なものではないでしょうが、ひとつの傾向としては真実だと思うのです。
                                                                                            
by ashikawa_junichi | 2017-01-19 23:37 | 日常 | Comments(2)

『深夜の市長』

 日下三蔵氏の編集で海野十三の『深夜の市長』が創元推理文庫で出ています。
 このほど購入したのですが、桃源社版の海野十三集の中の『深夜の市長』も持っています。ただ、表題作以外の所収作品は違いますが。
 この桃源社版には、新青年掲載時の扉絵があります。これです↓

b0122645_2353539.jpg


 桃源社版の海野十三集は、30年ほど前に神保町の古本屋のワゴンセールで何冊も買いました。読まないうちに、当時、推理作家デビュー寸前だった同僚のYくんに、勉強になりそうだからと進呈したのですが、『深夜の市長』だけは、タイトルが魅力的なので手放すのが惜しく手許に残しました。あとで読んでとても面白かったので、残しておいてよかったと思ったものです。(「蝿男」も入っています) Yくんには悪かったですね(^o^;)

b0122645_2361188.jpg


 ほかの本、まだYくんの手許にあるのかな……今度訊いてみます。
by ashikawa_junichi | 2017-01-15 23:08 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

ドローンが当たった夜

 昨夜は、市ヶ谷で開かれたコスミック出版の新年会にいってきました。
 毎回ビンゴゲームがあるのですが、これまで当たったことはありません。ところが!
 今回は、何番目の景品だか覚えてませんが、小型のドローンが当たりました。室内で飛ばすのがよいというドローンのおもちゃのようなものすが、嬉しかったです。
 パーティーがお開きになり、そのまま帰ろうかと思っていたら、何人かで2次会へいくというので、加えていただきました。
 実にたのしい夜でした♪ 感謝m(*^ω^*)m

 写真は、飯島さんのカメラで早見俊さんが撮影したものです。

b0122645_2242074.jpg
 
                                                                                                                                          
by ashikawa_junichi | 2017-01-11 22:42 | その他 | Comments(0)

幸せな夢と怖い夢

 今年の初夢は、まったく覚えていません。いや、起きたときは覚えていたのですが、たいして印象に残るようなものじゃなかったので、すぐに忘れてしまいました。

 ところで、ずいぶん以前に、頻繁に見ていた夢が2つあり、いまでもはっきりと思いだすことができます。
 1つは、ものすごく多幸感のある夢です。
 暖かく光のまぶしい欧州の野原に、わたしはいます。座っているのか、腹這いになっているのか、あるいは子どもの背丈しかないのか、草がわたしの頭のあたりまで伸びてます。そして、すぐ近くに、北欧風の服を着た女性が、後ろ向きに立っています。ただこれだけの情景の夢です。わたしはとてつもなく心地よく、全身が幸せな気持ちで満たされています。素晴らしい夢なので、なんども見たいのですが、十年ほど前から、まったく見なくなってしまいました。

 もう1つは、たいそう怖い夢です。薄暗く冷たい場所で、白眼のない真っ黒な眼……底なしの淵のような漆黒の眼をした女が、わたしをじっと見ています。女からは、背筋が凍りつきそうな凄まじい妖気が漂ってきます。そのブラックホールのような眼に吸いこまれそうな恐怖を感じます。あるときは、髪が蛇になっていて、メドゥーサのようです。わたしは、逃げ出したいのに、漆黒の眼に射すくめられて、身体が硬直して動けません。そして、悪寒に震えて目が醒めます。これは、もう2度と見たくない夢ですが、幸いなことに十年ほど前から、まったく見なくなっています。

 これ以上ないほど多幸感のある夢と、ひどく怖い夢の両方とも、時期を同じくして見なくなりました。なにか、意味があるのでしょうか????

b0122645_0484056.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-01-07 00:53 | 日常 | Comments(0)

明けましておめでとうございます♪

 もう日づけは3日になってしまいましたが、明けましておめでとうございます♪
 元日には、鹿島アントラーズが川崎フロンターレを延長の末に敗って、見事に天皇杯で優勝しました! バンザイ!
 昨日、2日は、かみさんと近所の大塚天祖神社へ初詣にいきました。息子はバイトです。ちなみに、青学生ですが、箱根大学駅伝で青学が往路優勝したことに、関心はないみたいです(^o^;)
 昼間は長い行列ができていたと思われますが、日が暮れたあとだったので、行列は短かったです。

b0122645_0311263.jpg


 今年は、去年に運気がよいといわれた年なので、がんばります! 運気がよくなくても頑張らねばいけませんが。
 では、みなさま、今年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)mm(*^ω^*)mm(_ _)m
                                                                                              
by ashikawa_junichi | 2017-01-03 00:32 | 日常 | Comments(0)