ヘバーデン結節がまだ痛い

b0122645_18113062.jpg
 いくつかの指の第一関節が膨らんで痛くなり、ヘバーデン結節だと診断されたのは、もう8年ほど前のことになります。絵はちと大袈裟に描きました。
 中年以降の女性に多い症状で、原因は特定できないのですが、女性ホルモンの異常ではないかという説が有力のようです。
 おまけに、親指シフトキーボードを強くたたいていたせいで、親指の第二関節が痛くなり、最近は加齢のせいで親指の根元までも痛くなってきました。親指の根元は誰でも痛くなる可能性があるそうです。
 今日、急にギターが弾きたくなり、ちょっと弾いたのですが、左手の人差し指と小指がすぐに痛くなってきました。ジンジンするほどに。ヘバーデン結節は結節が固まると痛みがなくなってくるというのですが、いっこうにそうなりません。困ったもんです。
 気功の師匠が歌を唄い、先輩の作家がギターを弾くので、そのサポート(つまりはサイドギター?)をしてくれといわれていたのですが、そのときも久し振りに弾いてみて、この指の痛さでは無理だと、先日やむなく断りました。残念です。(今回は、そのときよりも痛いです。進行しているのだとしたら嫌ですねえ……)
 しかし、プロのギタリストやピアニストなど、ヘバーデン結節になったら、大変でしょうね。いや、演奏家だけでなく、指圧師やマッサージ師、エステティシャンなど、ほかに指を使う職業の人もいますよね。そうしたかたがたはどうしてるんでしょう? 我慢して演奏しているのか、手術するのか……。
 いや、ヘバーデン結節だけでなく、腱鞘炎にかかる人もいますよね。そういう人も苦労してるんでしょうねえ。そういや、何年か前、いつも髪を切ってもらっていた理容師がやめたのですが、腱鞘炎でハサミが持てなくなったからだそうです。いまはなにをしているのでしょう?
 なんか、長くなってしまいました(^o^;)


# by ashikawa_junichi | 2017-10-18 18:12 | 健康 | Comments(1)

千野隆司さんの新刊『おれは一万石-塩の道』(双葉文庫・660円税込)!

 千野隆司さんより『おれは一万石 塩の道』(双葉文庫・660円税込)をいただきました!
 前作『おれは一万石』につづいて2カ月連続刊行ですが、『おれは一万石』はすでに3刷です。しかも3刷目は大増刷だとか! 凄いです。勢いが半端ではないです。
 千野さんは『入り婿侍商い帖』(角川文庫)も絶好調で、家族やかかわる人たとの人情もさることながら、財政に関する波瀾万丈の物語がいまゾーンに入っているといってよいでしょうか。新たな得意分野を切り開いています。
 今作で、主人公・竹腰正紀は、藩の財政を上向かせた活躍を快く思わない藩内外の者たちから執拗な妨害を受けることになります。そして、新たなる障害が!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_23284193.jpg


# by ashikawa_junichi | 2017-10-17 23:32 | いただきもの | Comments(0)

天地真理のファンクラブって凄いですね

 旧知の装幀家・イナヒゲ社長(女性)からいただいた70年~80年代アイドルのシングルコレクションを聴いていて、天地真理の『ひとりじゃないの』をもっともリピートしました。
 好きだった歌手はキャンディーズ、太田裕美、などなど沢山いたのに、真理ちゃんの歌声は格別ですね。声楽をやっていたせいか、声が大空に突き抜けていきます。いま改めて実感した次第。あともうひとり特別なのが松田聖子です。こっちはセクシー。
 いま真理ちゃんはどうしているのか検索してみたら……60歳すぎてから老人ホームで暮らしていて、その費用は、なんと!ファンクラブのかたたちが負担しているとか!
 真理ちゃんは浪費癖ゆえにお金を残せなかったようですが、ここまでしてくれる熱い気持ちのファンが根強く残っていたのですねえ……。
 コンサートも定期的にやられているようで、それもファンのかたがたの力によるものなんですね。
 わたしは、アイドル歌手好きですが、どんどん目移りしていっていまはHKTのさくちゃんイチオシなんですが……ずっとずーっと一人のアイドル歌手を応援しつづけているということに感動しました!
 天地真理オフィシャルサイト(ファンクラブ運営のようです)のURLは→ここです。
b0122645_22022718.jpg


# by ashikawa_junichi | 2017-10-15 22:11 | 音楽・アート | Comments(0)

細谷正充さん編集の新刊『情に泣く-朝日文庫時代小説アンソロジー人情・市井編』!

 細谷正充さんより、細谷さん編集の『情に泣く-朝日文庫時代小説アンソロジー人情・市井編』(朝日新聞出版・778円税込)をいただきました!
 収録された作品の作家は、宇江佐真理、北原亞以子、杉本苑子、半村良、平岩弓枝、山本一力、山本周五郎という名手ぞろい。
 小説読み巧者の細谷さんが選んだ泣ける人情小説のアンソロジーです。心を深いところで揺さぶられることでしょう。
 うっかり電車の中で読むと……。そこが玉にきずかもしれません(^-^;
 ぜひ新刊書店などでお買い求めください♪
b0122645_18371257.jpg


# by ashikawa_junichi | 2017-10-14 18:38 | いただきもの | Comments(0)

『秘密のケンミンSHOW』を久し振りに観た

 昨夜は気功教室があって2時間半気功をしたあとに、スペインバルへ。
 気功のあとは1時間ほど飲食は控えたほうがよいそうなんですが、教室参加メンバーは頻繁に会うかたがたではないので、希望者たちで毎回食事会をしています。
 ハイピッチで飲んだので、ちょっと酔ってしまいました。
 家に帰ってしばしまどろんだあと、ゴミ出しの準備をしてから、録画してあった『秘密のケンミンSHOW』10周年記念3時間スペシャルを2時間分見ました。
 この番組を観るのは、ずいぶん久し振りです。
 3時間もの番組を録画したわけは、出演者に推しメンのHKT・宮脇咲良ちゃんがいたから。
 そんな理由で見ましたが、面白かったですよ♪
 山形県民は、おやつにサラミを毎日食べているとか、京都府民は日本一牛肉を食べているとか、等々……。(残りの1時間はこれから観ます)
 そして、以前はよく訪れていた大阪の新世界が、ずいぶん様変わりしているようですね。日本人観光客だけでなく外国人も多くなっているようです。星野リゾートが大きなホテルを建設中です。
 初めて訪れたのは40年以上前ですが、あのときは閑散として、昼間から酒を飲んでいる(それはいまも変わりないようですが)灰色や鼠色の服のオジサンばかりで、怖かったですよ。それが徐々にカラフルになってきて、女性も多くなってきたような気がしていました。
 さて、いまはどのように変わっているのか、実際にいってみて、肌で感じたいですねえ……。
b0122645_18052705.jpg

# by ashikawa_junichi | 2017-10-13 18:17 | テレビ | Comments(0)

伊豆のわさび畑

 伊豆の浄蓮の滝のすぐ近くに、わさび畑がありました。その写真をアップしわすれていたので、ここに♪
b0122645_23121409.jpg
 わさびのソフトクリームも食べました。美味しかった♪ 以前に、作家連中と旅行したときに食べて以来です。……いや、家族ときたときに食べたかな……もう記憶がわやくちゃです。(わやくちゃの使い方はこれでいいのでしょうか? 故谷岡ヤスジさんが「もうわやくちゃだ」と、よくいってました)

# by ashikawa_junichi | 2017-10-11 23:28 | 旅行・行楽 | Comments(0)

焼き肉と『秋の熟女まつり』!

 今日(9日)は暑かったです。明日はもっと暑くなるとか。10月なのに、いい加減にせい!
 夕方、板橋の焼き肉屋でダー松さんと牛肉を食い、ビールをがぶがぶ飲みました。ビール一杯290円なもので。たらふく食べて3000円ちょっと。安い!
 本当は、駅前の馬肉屋へいくつもりだったのですが、1時間待たねばならないというので、諦めた次第。
 そのあと、カフェ百日紅へ。
 いまの企画展示は『秋の熟女まつり』! 16日まで。
b0122645_00405099.jpg
 店内の一部の展示です。
b0122645_00151656.jpg
 期間中の特別メニューは、熟女セット! 黒井ゆりさんブレンドのハーブティー『追懐の女(ひと)』と貝殻のマドレーヌ。貝殻は、出展作家のひとり・マキエマキさんが貝殻を水着の代わりに身につけて写真を撮っていることから。どちらも実に美味しかったです♪
『追懐の女(ひと)』は、まずはそのまま。芳醇な味わい。少し冷めてきたら、ミルクを入れて飲みます。まったりした味が口中に広がります。
b0122645_00173240.jpg
『追懐の女(ひと)』を、出展作家のひとり・巡さんが紹介されています。これがが素晴らしいので、ここに転載します。目玉堂さんのツイートから拝借しました。
b0122645_00410919.jpg

# by ashikawa_junichi | 2017-10-10 00:39 | Comments(0)

ちょっと前の晩夏の空

 いまの空は、鰯雲がたなびく秋の空ですね。
 去っていった夏を懐かしんで、晩夏の空を。……というか雲を。
b0122645_23230436.jpg
b0122645_23233980.jpg

# by ashikawa_junichi | 2017-10-08 23:24 | 日常 | Comments(0)

『ボストン美術館の至宝展』

 今日は、上野の東京美術館へ。『ボストン美術館の至宝展』を鑑賞してきました。
 9日で終わるせいか、けっこうな混雑。そのぶん時間がかかりましたが、なんとか最後までじっくりと見ることができました。
 20何年ぶりに修復して展示が可能になったという英一蝶の『涅槃図』は、大変に面白いものでした♪
 そのほかも世界的な名品ぞろい。さまざまな美術を堪能しました。

 帰り道、公園噴水広場前で『東京江戸ウィーク』なる催しがあったので、覗いてみました。いろいろな江戸グッズをそろえた店や、日本各地の旨いものの屋台が並び、ステージでは浅草の剣戟団のパフォーマンスが。観客は外国の人が多かったです。
b0122645_23132325.jpg
 

# by ashikawa_junichi | 2017-10-05 23:21 | 音楽・アート | Comments(0)

『池田学展 THE PEN-凝縮の宇宙-』

 今日(4日。書いている時点で日付がかわってますね)、なにやら火事があったらしい日本橋へいってきました。火事は三越の近くらしかったのですが、わたしは高島屋へ。
池田学展 THE PEN-凝縮の宇宙-』を見にいってきたのです。
 一枚の絵をいつまでも見ていて飽きません。ですが、あまり長く一枚の前にいると、ほかの人に迷惑なので、ある程度の見切りをつけて離れねばなりませんでした。
 それほどに密度が高く、細密な絵なのです。そして、その細部にたくさんのストーリーが詰まっています。目眩がしそうでした。あのブリューゲルのバベルの塔を思いだしました。
 東北大震災に衝撃を受けて描いた絵もあり、死者たちへの鎮魂をこめた祈りが満ちています。犠牲者が巨大なクラゲの中で暮らしているという絵には救われる思いがしました。
 とにかく、見ていて驚き、わくわくしつつ、実に楽しい体験でした。9日までです。ぜひ、日本橋高島屋の8階へ!
 撮影許可の一角がありました。
b0122645_01113401.jpg
 池田学の子どものころからの絵も展示されています。これが実に上手い! 選ばれた人なんですねえ……。
 挿絵も水彩画も一級品です。

# by ashikawa_junichi | 2017-10-05 01:16 | 音楽・アート | Comments(0)