高校時代に傑作だと思った同級生の映画と、その原作・ガルシンの『あかい花』

 10月にあった高校の同窓会後のクラス会で話題になった自主製作映画『あかい花』(監督・小川邦弘)を思いだし、その映画が素晴らしかった印象があるので、本棚から原作本を探し出して、先日再読しました。
 ガルシンの『紅い花』です。ぼくが持っているのは旧バージョンでタイトルは平仮名になっていて『あかい花』です。岩波文庫で、字が小さい! でも、老眼鏡なしで読めますぞ。もちろん老眼にはなってますが、進行が遅いようです。
 小川くんが撮った『あかい花』は、クラスメートの女子が主役を演じていたのですが、この女子Sさんが不思議ちゃんで、しかも可愛いのです。Sさんの彼氏は上級生で、小川くんの自宅で彼に映写して見せたら感極まって涙したとか。自分の彼女が実に可愛く魅力的に描かれていたので感激したのでしょうね。
 この作品の主人公は精神病院に入院した男で、庭に咲いたあかい花を悪魔の化身だと思い込んで滅ぼそうとします。小川くんは大胆にも、この役を女子のSさんに演じさせました。原作を読んでも、その映画を細かくは思いだせません。Sさんと小説の男がまったくダブらないのです。スタイリッシュでセンスのよい綺麗な映像を断片的に思いだせるだけです。
 ぜひ、映画をもう一度観たいのですが、フィルムを後輩に貸したままになっていて、その後輩とは連絡がとれないようです。というわけで、もう観られないかもしれません。じつに残念なことです。
b0122645_23495737.jpg
 これ↓は「あかい花」のつぎに掲載されている「四日間」という瀕死状態の従軍兵士の話です。
b0122645_23500512.jpg
 10年ちょっと前に高校の同期会があって、クラスメートたちと再会したのですが、そのなかに不思議ちゃんだったSさんもいました。普通の女性になってました。


# by ashikawa_junichi | 2017-12-11 23:58 | 映画・演劇 | Comments(0)

久し振りの外呑みと『大海赫ワンダーランド』!

 9日土曜日の夜は、久し振りの外呑みをしました。正確にいうと、かみさんと義弟と近所で牛もつ鍋を囲んだことはあったのですが、家族以外の人と外で呑んだのは、6週間ぶりのことです。
 早めの時間にダー松さんと板橋『北海』の前で待ち合わせ、開店と同時に突入。いつもの刺身三点盛りと煮込みなどを食べたあと、ふぐ鍋へ。刺身は、大好物の赤貝がたくさんあって嬉しかったですよ♪
b0122645_23493733.jpg
 お腹いっぱいになって、カフェ百日紅へ。
 開催中の展示は『大海赫ワンダーランド~トラウマ童話作家の画業(約)50周年記念個展~』です。
 長年、多くのファンに愛されつづけている童話作家・大海赫(おおうみあかし)さんの50年の業績を振り返る個展です。(25日まで開催。15時から23時まで。火曜水曜は休み。展覧は無料ですが、喫茶店なので飲み物など注文してください)
 小さいころに大海さんの童話に救われ、長じてのちに初めて対面したときは涙がとまらなかったというジュエドル(R)・まりスティーヌ。さんがプロデュースに参加しています。
 実は、われわれが店にいく前には、大海さんの紙芝居などのイベントがあり大盛況で、かなりのお客さんが残っていて、興奮の名残も漂っていました。そして、われわれが百日紅に向かっている途中、杖をついて恰幅がよく、どことなく飄々とした雰囲気のご老人が何人もの人たちに囲まれて歩いてきたのですが、このかたが大海赫さん、その人だったようです。
 展示されている絵は、独特な魅力のあるプリミティブな画風で、一枚いちまいから強烈な物語が香ってくるようです。
b0122645_00135181.jpg
b0122645_00141203.jpg
b0122645_00495346.jpg
b0122645_00143498.jpg
 早くから呑んだので、帰宅後は録画してある日本代表VS北朝鮮戦を見ました。(E-1サッカー選手権)  結果を知らないで見て、最後の井手口の劇的なゴールに歓喜しました♪ 昨日は、なでしこVS韓国で、岩渕っちゃんの決勝ゴールが見られました。自分のことはなんにも進展していませんが、ラッキーな気分です。

# by ashikawa_junichi | 2017-12-10 00:27 | 音楽・アート | Comments(0)

この1カ月のこと(不義理の弁明)

 この1カ月間、パーティや飲み会など、すべて断って、ブログの更新もたまにする程度になっていました。
 実は、先月11月の6日に妹が脳出血で倒れて、集中治療室に運ばれました。わりと意識が戻るのが早く、軽度で済んだと思ったのも束の間、10日後に脳が痙攣発作を起こし、不整脈も出て、一時は心停止して危篤状態になってしまいました。
 そこからなんとか無事に生還したのですが、いったん安心していたところに急変したので、どうにも気が抜けませんでした。集中治療室は面会時間もかぎられているので、時間はあるのですが、外に出る気が起きませんでした。
 妹は、その後は順調に回復し、昨日、やっとリハビリ病院へ転院しました。麻痺はありますが、さほど重篤ではなく、頑張ってリハビリをすれば、以前の生活に戻れそうです。まだ脳の痙攣やリハビリ中の転倒など、心配なことはありますが、とりあえずひと安心といったところです。あとは、妹の夫である義弟にまかせて(これまでもすべてまかせていて、ぼくはただおろおろしていただけですが)わたしは以前の生活に戻ろうと思います。
 この1カ月、不義理をしたり、ご迷惑をおかけしたりしましたこと、お詫び申し上げます。

 さて。土曜日は久々に近所で飲みます。忘年会もいくつか参加する予定で、今年を楽しく締めくくろうと思っています。
 あ、滞っている仕事も頑張ります!
b0122645_20135571.jpg
※画像は、ネット友人の「にゃー」さん撮影のものです。


# by ashikawa_junichi | 2017-12-06 20:18 | 病気 | Comments(0)

♪明日はきっといい日になる♪ (コバソロ&えみい)

 テーマパークガールのえみいちゃん、歌うまいです! そして可愛い♪ (決して、わたしはロリコンではありません)
 KOBASOLOも凄いなあ。



# by ashikawa_junichi | 2017-12-01 01:50 | Comments(0)

OK! 君の勝ち!

 AKB48の新曲『11月のアンクレット』ですが、とてもいい曲です。そして、実につらい失恋の曲です。でもAKBの選抜メンバーは嬉しそうに歌ってますね。
 この歌詞の主体である『僕』は「僕よりやさしい人と出会えたのなら しょうがないって諦められるかな」とか「思い出はいつかどこかで片づけるつもり 彼の家までこのまま送ってくよ」とか、なんというオトナな心のひろいやつなんでしょう! 自分はこうはいかなかったなあと、青春時代を思いだしたりして。
 でも「OK! 君の勝ち!」とか「僕の負け!」とか「誰の勝ち?」とか……これってゲーム感覚なのでしょうか? だとすると、わたしの思っている失恋よりも、軽い感じなんでしょうか。
 いやいや、軽く言うことによって、つらさを紛らわしているのかもしれません。
 ともかく、この曲を最後に、まゆゆが卒業してしまいます。淋しいです。


ちなみに、わたしは咲良推しです。
そのつぎは、こじまこ、岡部麟。

# by ashikawa_junichi | 2017-11-27 23:31 | 音楽・アート | Comments(2)

カフェ百日紅で塙興子さんの『極私的道楽展』を見てきました!

 11月に入って、せわしなく過ごしているせいか、ブログの更新がずいぶんと間遠になっていました。
 外出することもあまりないなか、一昨日の金曜日、久し振りにカフェ百日紅へ。
塙興子個展 極私的道楽展』が開催中だからです。
 異常なまでの細密な幻想絵画のほか、官能小説の挿絵原画などが展示されています。
 原画や雑誌掲載挿画の切り抜きもスクラッププックにありますので、これまでの塙さんの仕事が一望できます。27日月曜、明日まで開催されていますよ♪
 黒井ゆりさんブレンドの期間限定ハーブティー「The Star」も美味しいです。
 店内を撮影するのを忘れてしまったので、購入したポストカードの写真をアップします。
b0122645_17565265.jpg

# by ashikawa_junichi | 2017-11-26 17:59 | 音楽・アート | Comments(0)

細谷正充さん編集の新刊『あやかし<妖怪>時代小説傑作選』!

 細谷正充さんより細谷さん編集の新刊『あやかし<妖怪>時代小説傑作選』(PHP文芸文庫・886円税込)をいただきました!
 実力と人気を兼ね備えた当代一流の女性時代作家たちが書いた江戸の怪異譚の傑作選です。
 作家陣は、畠中恵、木内昇、霜島ケイ、小松エメル、折口真喜子、宮部みゆき! こわいだけでなく、哀しみや切なさも加味された作品群を楽しめます♪
 これ以上、なにも書く必要はありませんね。
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_00175019.jpg
 

# by ashikawa_junichi | 2017-11-15 00:20 | いただきもの | Comments(0)

『ブレードランナー2049』

 新宿TOHOシネマズで『ブレードランナー2049』を見てきました。
 座席を予約する前に、IMAX 3Dにするか、 MX4D 3Dにするか、 DOLVY ATMOS にするかで迷いました。
 迷った末に、DOLVY ATMOS にしました。上映時間が長いので疲れず、じっくり鑑賞するためには、これがいいという判断です。結果、これでよかったと思います。
 さて。肝腎の映画の内容はというと、満足のいくものでした。レプリカントに奇跡があったのです! その奇跡を巡る物語でした。
 レイチェルが昔のまま出てきたときは驚きました。顔だけCGだそうで、1年かけて作ったそうですね。
 惜しいなと思ったのは、無国籍の街に前作の混沌とした猥雑さが、少し薄れたように感じたことです。なぜなのか……ちょっと空間が広々としていたからなのか……。
 それはともかく、お薦めです♪
b0122645_22230342.jpg

 



# by ashikawa_junichi | 2017-11-02 22:23 | 映画・演劇 | Comments(2)

藤野千夜ゲストのラジオトークショー

 昨夜(10月31日月曜)は、新宿ライブワイヤーで行われた文芸評論家・杉江松恋さん主催のBOOKAHOLICラジオショー公開録音5に、かみさんと一緒に行ってきました。
 前半は杉江さんと川出正樹さんの、海外ミステリー10月のお薦め3作品(二人合わせて6作品)の紹介。
 後半が杉江さんと藤野千夜さんとのトークショーでした。主に藤野さんの新刊『編集ども集まれ!』(双葉社)についてのトークが展開。
 作品背景当時の漫画界、神保町界隈の書店などに杉江さんが詳しく、藤野さんと盛り上がっていました。
 藤野さんの親友である通称・イナヒゲ社長から、手作りの包装紙を巻いたメントスをいただきました。包装紙を外して伸ばしてノートに保存しましたよ。
b0122645_23143268.jpg
 杉江さんと川出さんの海外ミステリーの話も実に面白く、6作品とも興味をそそられましたが、なかでもすぐに読みたくなった1冊を今日ゲットしました。
 杉江さんお薦めのステファン・グラビンスキ『火の書』です。奇妙奇天烈な短編ばかりだそうで、読むのが楽しみです♪
b0122645_23155752.jpg

# by ashikawa_junichi | 2017-11-01 23:20 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

嵐の中を新宿のライブハウスへ

 29日、日曜の夜は、風邪の熱は下がっていたのと、調子は悪くなかったので、台風22号の雨風の激しいなか、東新宿にあるライブハウス『グラムシュタイン』へいってきました。
 気功の師匠・hanaさん(歌手名はえり華さん)が参加している team ROSE のライブです。2部構成になっていて、1部はオリジナルや懐かしい歌、2部はハロウィーンにちなんで、歌い手のみなさん全員がディズニーアニメの仮装をして歌ってました。
b0122645_23584534.jpg
 第1部で、えり華さんは幡ヶ谷姉妹というユニットを組んで出演し、ギターを弾きながら歌ってました。相方はRumikoさん。歌と、鍵盤ハーモニカの演奏。
 聖龍人さんもRyuという名前で登場し、ギターでサポート。
 曲は『あの素晴らしい愛をもう一度』でした。
b0122645_00011326.jpg
b0122645_00015585.jpg
 第2部はえり華さんとRyuさんで『塔の上のラプンツェル』から『I see the light』♪
 えり華さんの仮装は、もちろんラプンツェルです。ですから、裸足で歌ってました。
b0122645_00020731.jpg
 えり華さんは、ピアノでほかのメンバーのサポートも。オリジナル曲は2曲あって、えり華さんが作曲。歌詞はみんなでつけたそうです。
b0122645_00103285.jpg
 ライブは15分の休憩を挟んで2時間でしたが、あっというまで楽しかったです♪ 
 終了後、外に出たら、台風は過ぎていて、風は強かったですが、雨はすっかりやんでいました。

# by ashikawa_junichi | 2017-10-31 00:23 | 音楽・アート | Comments(0)