背景デザイン④

 また背景、元に戻しました。
 ノートパッドは良かったのだけれど、愛想がないし、大きな画面のPCだと左に寄ってしまって……真ん中に設定し直すことも可能なんでしょうが、スキルがなくて出来ません。
 これ、右上の少年の絵が最初は気に入っていたのですが、こんなオヤジのブログにはマッチしてないと気になり始めたんですよ。
 このデザインを残して、絵だけカット出来ないかなあ……ともかくスキルが(^o^;)
 勉強すればいいのだけれど、その暇はないし。
 まあ、また当分このまま……なんていって、すぐに変えたりして_(^^;)

 こんなよしなしごと書いてるのは、原稿からの逃避なんじゃろか?
 いえいえ、そんなことはありません。
# by ashikawa_junichi | 2008-04-15 12:35 | その他 | Comments(0)

あっと言う間に時間が……

 思えば、義父の四十九日、息子の卒業式、春休み、入学式……と、この一カ月が過ぎて行っているのに、僕の仕事は遅々として進まず、大変マズイ状況に突入しております。
 いままで、いったいなにをしていたのか!? ナニはしておりません。
 ヒジョ~~にまずい状況です。死ぬ気でやります!
 死にはしませんが。(こう書いておかないと、自殺に見せかけて殺されるかもしれないので、いちおう断っておかないと)
 過労で死ぬほど弱ってはいないと思います。ですからご安心ください。(過労死を装って殺されるかもしれないので、いちおう断っておかないと)
# by ashikawa_junichi | 2008-04-15 00:48 | 小説・本・仕事 | Comments(2)

素敵な想像♪

 ネットで知り合った方とメッセージのやりとりをしていて、ふと気づいたことが!

 その方は、僕のジュニア小説の読者だったそうですが、当時(90年代初頭)、本の対象年齢である小学高学年&中学低学年ではなく、子どもを指導する若い年代だったようです。

 僕の数少ないジュニア小説(というか、子ども小説で少女探偵もの)を読んでくれていたのは、90年代初頭に10~13歳くらいの女の子たちでした。
 いまは、28~31くらいの年齢ってわけですね。
 ありゃりゃ、釈ちゃんと同年代だ!
 てえことは、釈ちゃんも、読んでくれた可能性があります。ほとんど0に近い可能性ですが。

 まあ、読んでくれてはいなかったでしょうが、ひょっとしてと想像すると楽しいです♪

※ファンレターをけっこうもらったのですが、釈ちゃんからはなかったです。
 珍しい名前ですから、もし来てたら覚えていることでしょう。(ちなみに本名だそうです)

 ああ、なんか莫迦でミーハーなこと書いてますねえ……歳を考えろよ、オヤジ!
# by ashikawa_junichi | 2008-04-14 13:14 | その他 | Comments(2)

足のサイズ

 このところ、義父の葬儀、四十九日の法要、息子卒業式&入学式と、革靴を着用する機会が増えていました。
 最近はまったく履いておらず、もう10年近く前に買ったディオールの革靴です。
 これがきつい。
 まあ、なんとか履いてられますし、革なので、徐々に足に慣れてきます。
 でも、さきほど見たら、足に革が合わせた結果、形が崩れてましたよ(^o^;)

 なぜきつくなり、形が崩れてしまったか……僕が太ったからですねえ。
 サイズは25.5から26だったのに、いまは26.5から27になってしまいました。太れば、足も大きくなるんだと、当たり前のことを実感した次第です。

 一昨年買ったスラックスのチャックが締まらないものなあ……。
# by ashikawa_junichi | 2008-04-14 13:01 | 四方山話 | Comments(0)

二十面相の娘

 今日は、仕事の合間を縫って、息子と池袋の東急ハンズへ行ってきました。
 先端がくるくる回って、芯の先が太くならないシャープペンシルというのを買いに。
 シャープペンシルの先が太くなるなんて記憶はないのですが、そうらしいです。
 で、そのシャープペンシルですが、人気があって、0.5ミリは売り切れで、0.3ミリしかありませんでした。まあいいやと、それを購入。480円くらいです。

 さて。仕事ですが……進んでおりません(-o-;)
 困っております。
 この集中力のなさはいったい……。

 まてまて。シャープペンシルなんてどうでもいいのだ! 仕事はどうでもよくないけど!

 昨日深夜に始まったアニメ『二十面相の娘』ですが、絵は粗いところがありましたが、なかなかよいですね。これからが楽しみ♪
 普通のアニメファンはともかく、探偵冒険もの好きのオジさんのハートを捕らえてしまったかも♪ 
 これ、少女漫画誌の連載が原作なんですよね。原作も読んでみたくなりましたわい!
# by ashikawa_junichi | 2008-04-13 22:20 | アニメ | Comments(6)

背景デザイン③

 ここの背景をノートパッドにしました。
 いかにも『雑記帳』という感じでいいなあ……と、思ったのも束の間、これでは、ノートに書いてるのと変わらないではないか! せっかくネットにアップしているのだから、日常の道具とは離れたほうがいいぞ……なんて気になってきます。
 でもまあ……とりあえず、しばらくこれでやってみますか。

 おだだださんに薦められた、昼と夜の背景チェンジは、しばらく続けてましたが、面倒くさくなってしまいました。(^o^;)

 記念に、夜のパターンにしていた松に月の背景です↓
 クリックすると、クリアに見られます。(そんな必要ないかな^_^;) 
b0122645_1716350.jpg


 あらら!? この背景、メインPCで見たら、右側がずいぶん空いてしまってます。
 なんかなあ……(^o^;)
# by ashikawa_junichi | 2008-04-13 17:16 | その他 | Comments(0)

復讐する人とセコイ人

 気分がダウン気味のときなどに、嫌なことを思い出すものですね。
 嫌な人間のことも思い出します。
 この場で吐き出すのも迷惑かもしれませんから、読まなくていいですよ(^_^;


 なにか不快なことを言われた場合、すぐ反撥せずに、あとで、仕返しをする人っていませんか。
 こっちは、わざと不快なことを言ったわけではないので、なぜ嫌なことを言われるのだろうと、わけがわかりません。
 もし、わざと不快にさせて、仕返しをされたのなら、どっちもどっちなのですが。

 ともかく、不快なことを言われたら、その場で怒ってくれればいいと思うのですがね。
 その場で言いそびれたら、改めて、
「ああ言われて、傷ついた」
 と言ってくれればよいのです。

 なんてことを、たまに思い出します。いまは、そうした人がまわりにいないので快適に過ごしていますが、そんなことが頻繁にあったときは、疲れました。

 嫌なことを言われて、僕がカッとなり、口論になったときに、
「あのとき、ああ言われたから、仕返ししたのさ」
 なんて言われたときには、ガックリしました。

 まあ、ある程度、歳をとると、なぜこの人は、わざと嫌なことを言うのか……と、考え、そうか、あの言葉がカチンときたのかもしれない、その復讐なのか! と合点がいくようになりました。
 それが分かってくると、楽になりましたが、わけがわからないときは、戸惑いましたよ。

 その前に、相手を不快にさせるようなことを言わないのが一番なのですが……なぜ、不快になるのか分からない、という場合もあります。
 こっちが鈍感なのか、相手がおかしいのか……難しいところです。


 さて。思い出しついでに、もう一つ困ったタイプが。

「○○君は■■なんじゃないのかな。なあ、そうだろ?」
 と、××さんに訊かれ、よく分からないから適当に、
「まあ……」
 とか、
「う~ん、そうですかねえ……」
 とかなんとか生返事を返していると、とんでもないことに。

 ○○君が、直接、僕に、
「俺が■■なんじゃないかって、お前が言ったそうだな」
 と言ってくれれば、
「そんなことは言ってないぞ。あ、いや、××さんにそう訊かれて、面倒臭いから否定はしなかったが」
 と返すことが出来ます。
 訊いてくれないと、○○君は、僕が悪口を言ったと思い込んだままになってしまいます。

 ××さんは、僕が○○君のことを■■だと言っていたぞと伝えていたのです。

 本当は××さんが言いたかったのでしょうが、直接自分の意見として言わずに、僕が言ったことにしたのです。

 これは、生返事をした僕がいけないのですが、××さんは卑怯ではありませんか?
 とはいっても、××さんはまったくの嘘をついたわけではないので、巧妙といえば巧妙ですね。セコイというべきか。

 こんな人を、一人知ってます。一人だけで良かった。……まだいるのかもしれず、気がつかないだけかも(((゜Д゜)))

 ともかく……はっきりと「僕には、○○くんが■■かどうかは分かりません」
 と言えばよいのですが、相手が目上だったりすると、歯向かうみたいで具合が悪く、迎合してしまいます。そんな体質も良くないですね(-o-;) 
# by ashikawa_junichi | 2008-04-13 14:34 | 四方山話 | Comments(0)

稲葉さんの新刊!

 稲葉稔さんの新刊『研ぎ師人情始末(七) おしどり夫婦』(光文社文庫)をいただきました♪
 今回は主人公荒金菊之助が、妻のお志津に助けられ、事件を解決します。
 絶好調のシリーズものですが、これまでの巻を読んでない人でも、なんら支障なく楽しめます!

b0122645_23515672.jpg

# by ashikawa_junichi | 2008-04-12 23:52 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

似てる人たち(勝手な思い込み?)

 佐藤慶と山口百恵って、似てません?
 誰もそうだと賛同してくれる人がいないのです。

 細川ふみえとQちゃんて、似てません?
 おばQじゃなくて、マラソンランナーのほうですけど。

 ああ、くだらないこと書いてないで、仕事しなくては!

 あ、それと『ケータイ捜査官7』の主演俳優、窪田正孝って、石橋正次に
似てません?
# by ashikawa_junichi | 2008-04-12 16:41 | その他 | Comments(2)

背景デザイン②

 仕事に集中出来ずに、ここの背景デザインを、いろいろ変えてみたのですが、どうもイマイチのものばかり。
 もっとシンプルにシンプルにと、変えてみても、どうもしっくりしなくて、また元に戻しました。
 自分で背景デザインを作ったり、既存のものに手を入れられたりするようですが、それにはある程度のスキルが必要です。それがないから、既存のものから選ぶだけ。

 イケナイ。仕事しなくては!
# by ashikawa_junichi | 2008-04-12 14:19 | その他 | Comments(0)