ピンクが好きだったころ

 いまバックアップのため、フロッピィディスクに文章を移しました。
 文書形式がOASYSのものなので、フロッピィディスクをまだ使ってます。
 で、このディスクが、6色あります。カラフルなのを選んだせいなんですが。
 今回はピンクにしました。
 
 ふと思い出したのですが、小学校のころ、ピンクが大好きだった時期があったんです。
 さすがに服に赤だのピンクだのを配するのは、抵抗がありましたが、文房具はピンクにしたくて……シャープペンシルをピンクにして悦に入っていたことを覚えています。
 なんか愛しかったんですよねえ、ピンクのシャーペンが。

 中学に入ったころから、ピンク離れをしました。
 いったいなんだったんでしょうね、あのピンク好きは。

 出版社にいたころ、靴下だけ、必ずピンクのを着用していた後輩がいました。
 ピンクが大好きだと言っていたので、僕も子どものころ、そんな時があったよ、なんて話していたのですが、彼は、ず~っと好きなのだそうです。

 後年、僕が会社を辞めた後、彼は性同一性障害だとカミングアウトし、女になりました。
 ピンク好きと、そのことは関係していたのかもしれませんね。

 僕は、ピンクが好きだったころのことを思い出してみます。
 すると、なんだか甘酸っぱい気持ちになります。少しだけ、当時のピンク好き少年に戻ります。
 でも、女装をしたいとは思いませんでした。ただのピンク好き少年でした。
 そういう男の子って、けっこういると思うのですが、ピンクや赤は女の色だという決めつけのようなものがあるせいで、敬遠してしまうのでしょうね。心ならずも。

 ちなみに、いまはピンクや赤などの色は、身近にあると落ち着かなくなりました。
 
 
b0122645_2135353.jpg

# by ashikawa_junichi | 2008-04-04 02:07 | その他 | Comments(4)

背景デザイン

 昨日、このブログのことを、ご無沙汰している方々に教えようと、メールを送りました。
 そのメールで、覗いてくださった方々は、このスッキリとした、少々若々しい背景しかご存じないわけですが、ちょっと前までは、いかにも時代小説を書いている作家の背景といった感じだったんですよ。
 ちょっとだけ戻してみようかな。
 いまの青い空と少年と紙飛行機は気に入っているので、また戻します。

 今日の24時に、戻します。

 この枝に月も捨てがたいんですけどねえ……。
# by ashikawa_junichi | 2008-04-03 18:46 | その他 | Comments(4)

禁煙のこと②

 禁煙したいと思ったのはよいのですが、果たして出来るのか!?
 最初は、禁煙したいけど、果たして可能なのか、ずいぶん苦しいのではないかと、自信がなく、止めるという踏ん切りがつきませんでした。

 ところが、一冊の本が僕に禁煙を決意させたのです!
 その本とは……あまりにベストセラーになった(今もですね)本なので、改めて書くのが恥ずかしいのですが、『禁煙セラピー』(アレン・カー著 KKベストセラーズ)でした。

 5年半前の夏の終わり、つまり2002年の日韓ワールド杯が終わってしばらくした後の8月に『禁煙セラピー』を読んで、目からうろこが落ちたというか、禁煙って、こんなに簡単なことなのねと思ったのです。
 この本には、吸う本数が少ないほど禁煙はしづらく、ヘビースモーカーのほうがよっぽど禁煙しやすいと書いてありました。
 なんだか心強かったですよ。
 ともかく、この本を読み終わるまでは、決して禁煙するなというので、もちろんスパスパ吸いながら読んでました。
 そして、読み終わったその夜中に禁煙を決意。
 でも、まだ一箱残ってました。

 目の前にあると吸ってしまうので、翌日から子どもと実家へ行くかみさんのハンドバックの中に入れてしまいました。かみさんはすでに寝ています。
 翌日、起きたら、すでにかみさんと息子は実家へ行ってました。
 このころは、起きるのが昼下がりでしたから。
 起きてから禁煙するはずが、テーブルの上に、ハンドバックに入れたはずの煙草が置いてあるではないですか! かみさんが気がついて、バッグから出したのです。なんで入っているのか不思議だったでしょうねえ。

 周囲には禁煙のことは、チラリとも言ってませんでした。禁煙するぞと宣言するのは、プレッシャーになってストレスになり、よくないのです。(と、本に書いてあった気がします)
 この本には「禁煙は意志の力で止めようと思っても無駄だ」と書いてあります。
 成功したと思っても、それは我慢をつづけているだけのことで、煙草と縁が切れたわけではないというのです。

 仕方ないので、一箱吸ってから禁煙することにしました。もったいないですからね。
 ちょうどネットで遊んでいるときで、このことを書いたところ、当時18歳の専門学校の女生徒が「豆腐の根性だ!」と、僕にコメントしたのを覚えてます。

 ネットをやりながら、2時間で一箱吸ってしまいました。最後の一本を吸っているときに、もうちょっと味わえばよかったと後悔しましたよ。
 で、吸い終わってから、ついに禁煙に突入。

 家に家族がいなかったのがよかったです。かみさんは煙草を吸いますし、僕が吸わないと、なぜ吸わないのかと質問されたことでしょう。禁煙してんだなんて答えたら、
「いつまで持つのやら」
 と言われたに違いありません。
 そう言われて、反撥するのもマズイと思ってました。やめてやる! と、力まずに、自然と止めたかったのです。

 それ以来、一本も煙草を吸ってません。
 これだけでは、なぜ煙草を止められたか、分かりづらいでしょうね。興味ある方は『禁煙セラピー』を読んでみてください。いわゆる「洗脳本」ですが、積極的に洗脳されることによって禁煙出来ると思います。
 僕も最初は反撥しながら読んでいたのですが、
「洗脳されてしまえば、禁煙出来るかもしれないぞ」
 そう思って、わくわくしたものです。

 一つ二つ『禁煙セラピー』から学んだ禁煙のための要点を書いてみると……

○煙草への肉体的依存度は低い。でも、中毒であることはたしか。
○煙草に対する幻想を捨てる。
○喫煙という「洗脳された状態」を、禁煙という「洗脳状態」にシフトする。
○代用品を使っても効果はない。

 実は、僕は代用品を使ってましたが。

 なにせ読んだのが5年半前なので、ちゃんと要点を書いているか不安です。かといって、読み直すのも面倒なので、間違っていても許してください。

 さて。煙草を止めたあと、酒の席で煙草を薦められたりと、あぶない場面が何度かありました。そして、煙草を止めたことで、日常がガラリと変わったのです。
 そのへんのところは、また次回に!(^_^)/~~
b0122645_16115184.jpg

# by ashikawa_junichi | 2008-04-03 14:53 | 禁煙 | Comments(4)

SONGS

 NHKの『SONGS』は、竹内まりやさんのデビュー30周年SPでしたね。
 アルバム『denim』の中の『人生の扉』を聴くと、毎回ボロボロと涙が止まらなくなってしまうのです(´;ω;`)
 そんなわけで、今日もボロボロ。うるうるずるずる鼻水が………汚くてすみません。

 後半に2000年のコンサートが出てきましたが、このバックバンドの中に、知り合いの難波弘之氏がいて、ピアノを弾いていました。
 難波氏のピアノは、三枝氏をはじめ、多くの音楽家が認める素晴らしい調べを奏でます。
 このコンサートでも、ピアノが利いてました。
 とくにラストの『駅』では、流麗なピアノの調べと、まりやさんの歌で始まり、徐々に楽器の音が増えて大きなうねりとなっていきます。
 いやあ、素晴らしかったです。

 難波さんの横姿のアップが2度ほどありましたね。

 難波さんとは、中学時代に、SFの同人誌に参加したのがきっかけで知り合いました。
 ところが、すぐに僕は脱退し、以来、何十年か経ったあと、3年ほど前の江戸川乱歩賞のパーティで、かねてより活躍を知っていた氏の姿を見かけて、思い切って声をかけたのです。
 なんと、すぐに僕の本名を思い出していただきました。嬉しかったです♪
# by ashikawa_junichi | 2008-04-03 02:28 | 音楽・アート | Comments(0)

禁煙のこと①

 ダーティ松本さんのリクエストで、仕事は忙しいですが、少しずつ書いていきます。禁煙の実体験です!
 といっても、たいしたことはないんで、すぐに終わってしまいますが(^o^;)

 まず、なぜ煙草を止めようと思ったのか……

 6年くらい前のこと、一日3箱から4箱吸ってました。
 そのもっと前はキャメルでしたが、一日1~2箱。これくらいがよかったですね。1箱ぐらいが最適かな。そのくらいだと、煙草が旨いです!

 ところが、10年以上前に、母親が死んだあたりから、量が増えていって(母を亡くして、ストレスがあったのかな。関係ないかも)喉が痛くてたまらなくなり、キャメルをキャメルマイルドに、さらにキャメルライトに……
 そして何年後かには、キャメルを止めて、ブンタ(あるいはブンスタ……ああ、懐かしい言い方ですね。つまりセブンスターのことです)の軽いやつへと移行しました。

 そして、6年前には3~4箱吸っていて、朝起きると、気持ち悪くて、痰が出て……もう煙草なんか吸いたくないと思っているのに、コーヒーを飲んでいると、煙草吸いたい~!という欲求が頭をもたげ、一本吸ったら、あとはまたチェーンスモーカーに。
 といった毎日でした。
 その気持ち悪さから、煙草止めたほうがいいなと思い始めたのです。

 さらに……。
 常に煙草のことを考えている日々にうんざりしてしまいました!
 家にいるときはよいのです。
 外出して、禁煙の場所にいるとき、なんとか喫煙出来るところへ行って吸いたい、早く行こう、早く煙草をスパスパ吸いたい!……と、そんなことばかり考えているのです。
 たとえば、家族でスーパーやデパートへ行くと、もう買い物なんて上の空。
「ちょっと煙草吸ってくるね」
 と言って、喫煙所へ突進。買い物に戻っても、またすぐに喫煙所へ舞い戻ります。

 ふと、
「俺って、煙草のことばかり考えているな。なんだか、煙草に支配されている気がするのだが……」
 こう思ったのです。

 まあ、煙草が旨ければ、支配されようとどうしようといいのですが、これが旨いのは最初の1本か2本で、あとは惰性で吸っているだけ。でも止められない。
 ニコチン中毒なんてない!と言われますが、麻薬ほどの強さはないにしても、常に煙草を吸ってないと落ち着かなくてイライラするんですよね。

 おまけに、人前で吸っていると、吸わない人の健康まで害してしまうという罪悪感!(これはマスコミに洗脳されたのですが、実にその通りですね)

 さて。ここまで書いて疲れました。
 仕事も、もう少ししなくては。
 というわけで、実際に禁煙に突入するくだりは明日また(^_^)/~~
# by ashikawa_junichi | 2008-04-03 00:33 | 禁煙 | Comments(0)

ランドセル書類入れ(続)

 息子が小学校を卒業して、不要になったランドセルを書類入れに改造しましたが、カバーを切り取った痕が汚かったので、テープを貼りました。
 それだけで、ずいぶん良くなりましたよ。
 壁に掛けていたのですが、本棚の横に移動しました。
 中には、とりあえず、クールジャズコレクションのバックナンバーを入れました。
b0122645_13463149.jpg

# by ashikawa_junichi | 2008-04-02 13:47 | その他 | Comments(0)

『カイジ』

 昨夜、アニメ『カイジ』が終わりました!
 指四本を失う結果でしたが、ここから這い上がって、また兵藤に戦いを挑むのでしょう。
 続編は1年後か2年後かに必ずアニメ化すると、原作者と萩原聖人(カイジの声)が言ってましたね。
 毎回、疲れる展開なので、いったん終わってホッとしているのが本音ですけど(^^ゞ

 同じ原作者の『アカギ』は、主人公が負けないやつだったので、安心して見てられましたが『カイジ』は成長物語でもあるから、最初は弱っちくて、ハラハラし通しでしたよ。
 原作は、どちらも心理描写が緻密になりすぎて、話が進まなくなる傾向があるようですね。ということは、続編がいつになるか分からないってことですか。
『アカギ』のつづきも観たいです。
 早くしないと、忘れちゃうよ。
# by ashikawa_junichi | 2008-04-02 10:48 | アニメ | Comments(0)

昼夜逆転生活

 大学時代から、夜型の生活になってます。
 授業はすべて昼過ぎからのものを受講するようにしていました。
 親父に、
「そんなことでは社会生活に支障をきたすぞ!」
 と言われていたのですが、入社したのが出版社で、漫画週刊誌担当。
 最初は、書店まわりや倉庫などに研修に行かされ、その時は9時出社。まあ、なんとか睡眠不足でもこなし、編集部に行くようになって、10時出社。それもなんとかこなしたあとは、担当する漫画家さんの生活に合わせた出社時間になりました。
 担当した漫画家さんは、だいたい夜型。
 ずるずると出社時間は遅くなり、一カ月に一回ある朝礼に出るのが苦痛で苦痛で。会社を辞めるころは、朝礼はまったく出ませんでした。
 いまではフレックスタイム制度になっているようですが、僕らも事実上、フレックスタイムと同じでした。遅刻した時間を、残業した時間で埋めることが出来たからです。

 出版社を辞めた当初の生活は目茶苦茶になりました。
 独身のせいもあって、いつ寝てもいつ起きてもよいわけですから、昼に寝て、夜に起きるとか、それがズレて、早寝早起きになり、またそれがズレて昼寝夜起きに……と、そんなグルグル生活がつづいたあと、規則正しくなったのです。
 朝方7時に寝て、午後3時~4時に起きるという規則正しさです。
「そういうのは、規則正しいとは言わないのだ」
 と、親父やほかの誰かに言われましたがね。

 さて。結婚してからもそれは変わらず。息子が生まれても変わらず。
 日曜もそうですから、一家で出かけられない。かみさんの不滿はたまっていたようです。
 日曜の公園は、父親が子どもを連れて遊ばせてますが、僕は寝ているから、かみさんがいつものように連れていくことに。

 そんなこんながたまりにたまって、かみさんが爆発! これではいけないと、少し早く寝るようにしました。
 朝方5時には寝て、昼には起きる生活です。
 これが僕の出来る限界……というのは甘えかもしれませんが、まあなんとかこれで許してもらえるかなと……。
 旅行へ行くときは、無理矢理早起きします。当然、睡眠不足ですが、期間限定なので頑張れます。

 まあ、ずっとこの状態がつづいていましたが、またかみさんが小爆発。
 夜中のほうが仕事が捗るのですが……。

 ところで、僕も歳のせいか、前言を翻すようですが、最近どうも夜中も仕事が捗らないみたい。あ、歳だけじゃなくて、深夜にアニメが多いせいもあるか! なぜか、近頃アニメ好きになっておるもんでして。

 どうしようかなあ……かみさんともめつづけるのも疲れたし……ここらでいっちょう、早寝早起き生活にシフトしようかなあ……と。
 となると、深夜のアニメは録画せねばならなくなり、面倒くさいことに。 
 ああ、どうしようかなあ………。

 ともかく、もう少し仕事しますね。今日も、4時すぎに寝ることになるでしょう。
# by ashikawa_junichi | 2008-04-02 00:29 | 四方山話 | Comments(4)

メタボです。(愚痴)

 僕はメタボである。
 メタボリックシンドロームというやつである。
 体に脂肪が詰まっているような気がしています。

 今から15年くらい前に「脂肪肝ですな」と言われて、ジョギングを始めました。一年経って、スリムになったのですが、結婚を期にジョギングは中断。
 8年前には、毎晩1時間速歩で歩き(ウォーキングというやつです)一年経ったら、またもやスリムに。
 仕事が忙しくなって、ウォーキングも中断。
 いまや、我が生涯の中で、もっとも太っております!
 特に、腹が出てしまって……。
 顔も二倍くらいデカくなっております。(あくまで自分の印象)
 5年半前に煙草を止めたのも大きいです。ともかく米が旨くなって……。
 煙草を止めて8キロは太りました。
 でも、喫煙を復活させることはないでしょう。

 メタボ解消のためには、食事療法と運動をせねばならない……ということは、分かっておりますよ。
 でも、仕事が押していると、なんにも出来ません。
 テレビや読書に逃げることは出来るんだから、運動に逃げればよいのに……いやいや、それは無理。運動してしまうと、すぐに仕事に戻れませんからね。困ったもんです。

 とまあ、ただの愚痴を書いてしまいした。
 あったかくなってきたから、少しずつ運動しなくっちゃね。
 
# by ashikawa_junichi | 2008-03-31 18:19 | 健康 | Comments(4)

臭い!

 かみさんと息子が、小学校の友だち母子連中と花見に行っているので、僕はスーパーで買ってきたカツオのたたき、いかそうめん、ボイル海老で夕食にしました。
 カツオのたたきなんですが、生姜ではなくて、やはりおろしニンニクのほうが好きなんですよねえ……で、ニンニクをすりました。
 馬刺しもそうですが、やっぱり生姜よりもニンニクですよねえ。
 先日、飯田で食べたとき、おろし生姜はついてましたが、ニンニクはありませんでした。嫌う人も多いのかも。……というか、もともと生姜で食べる人ばかりだったのでしょうか。

 おろしニンニクで食べると、旨いです! しかし、臭いですねえ! 一所懸命に歯を磨きましたが、臭いは消せません。
 あとで、かみさんに文句を言われるんだろうなあ……あっちも、花見のあとに店に入って、ニンニクのホイル焼きでも食べてきてくれないかなあ。

 そういえば、かみさんがニンニクのホイル焼きを食べてきた夜は、臭くて辟易しました(^_^;
 なにも言わないようにしてたけど、眠ってると思って、
「臭いなあ」
 つい、呟いてしまい、
「あんただって、臭い時があるくせに!」
 と、怒られたもんです。

 ……まてよ。カツオのたたきは、なんかタレつけて食べるのが一般的かな?
 酢醤油みたいタレですよ。でも、あれはあまり好みではないんです。

 そうそう、スライスしたタマネギを上に載せて、ポン酢をかけて食べるのが定番のようですね。その食べ方は、最初は旨いんだけど、飽きるのです。
# by ashikawa_junichi | 2008-03-29 21:31 | 食べ物 | Comments(4)