福原俊彦さんの新刊『露払い-仇討探索方控』!

 福原俊彦さんより新刊『露払い-仇討探索方控』(幻冬舎時代小説文庫・648円税込)をいただきました!
 顔に大きな傷を持つ総髪の浪人・藤五郎の裏の稼業は、仇討奉行・大久保彦左衛門の命を受けた「仇討探索方」だ。
 依頼主の仇を探し出し、本懐を遂げさせるのが仕事である。
 新しい依頼主の仇は、その母親だという。そして、仇である母親は、将軍家光の側近・堀田正盛の屋敷に潜んでいると分かったのだが……!?
 福原さんのニューヒーロー藤五郎が活躍します!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪

b0122645_1984552.jpg

# by ashikawa_junichi | 2016-12-15 21:52 | いただきもの | Comments(0)

飯島一次さんの新刊『瓦版屋権兵衛筆さばき-抜かずの剣』!

 飯島一次さんより新刊『瓦版屋権兵衛筆さばき-抜かずの剣』(コスミック・時代文庫・680円税込)をいただきました!
 浪人・立花数馬は、世の悪人どもの正体を暴き、天下に広めるために瓦版屋を一緒にならないかと誘われる。
 彼らの標的は、伊丹屋だというのだが、伊丹屋は、数馬の父を罠にはめ、妹をなぶりものにし、しかも命も奪っていたのである。
 数馬は、七人の仲間とともに悪人退治に立ち上がるが!?
 正義の有志たちを描く痛快シリーズの開幕です!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!

b0122645_19385885.jpg



 
# by ashikawa_junichi | 2016-12-13 19:42 | いただきもの | Comments(0)

すごいぞ鹿島!そして、アクセルにマットが!?

 鹿島アントラーズが、なんとクラブW杯でベスト4に生き残るとは! 日曜日に、準々決勝のダイジェストを観て興奮しました!(リアルタイムで観られたのに、BSでやっているのに気づきませんでした)
 Jリーグ年間勝ち点3位なのに、チャンピオンになったことと合わせて、トーナメントになると勝負強いですなあ……。うむ!
 つぎは南米王者のアトレティコ・ナシオナル! 過去に、アフリカ王者が決勝に進出したことがありますからね。アフリカ王者を敗った鹿島だって可能性がありますよ!

 プリウスが暴走した事故……なんでも、足元のマットがアクセルにひっかかっていたとか。
 わたしもありましたよ。マットがずれてアクセルにひっかかってしまい戻らなかったことが。でも、マニュアル車だったので、クラッチ切ってブレーキかけたので大事には至りませんでした。
 今年3月からオートマ車に乗っているので、注意しなくては。

 画像がないと淋しいので、うちにあるゴジラを。

b0122645_0325554.jpg

# by ashikawa_junichi | 2016-12-13 00:25 | 日常 | Comments(0)

朝松健さん出版記念トークショー&サイン会

 今日午後に、芳林堂高田馬場店で催された朝松健さんの『Faceless City』の出版記念トークショー&サイン会にいってきました。
 朝松さんと、表紙画や雑誌連載時に装画をお描きになったイラストレーター&漫画家の槻城ゆう子さん、そして解説をお書きになった評論家の末國義己さんの話は、たいへんに興味深く面白いものでした。
 作品の話から脱線していくのは、朝松さんのいつものトークですが、これがまたすごく面白い! ここに書けない内容なのが残念です(^o^;)
 写真撮影はNGだったのですが、サイン会の最中のこれならいいでしょ。

b0122645_22143723.jpg

# by ashikawa_junichi | 2016-12-11 22:17 | 小説・本・仕事 | Comments(0)

朝松健さんの新刊『Faceless City』!

 朝松健さんの新刊『Faceless City』(アトリアサード発行・書苑新社・2700円税込)が発売中です!
 小説家デビュー30周年を向かえた朝松健さん会心の書き下ろしクトゥルー・ノワール長編です!
 長年書きつづけてきたヒーロー神野十三郎が、魔術が支配する都市アーカムで、復活したクトゥルーと闘います!(クトゥルーとは、ラブクラフトが創造し小説に描いた太古から地球を支配していた種族のことです)
 読みごたえがありますよ♪
 表紙は槻城ゆう子さんで、槻城さんによる『ナイトランド』連載版の装画の数々も収録されています。
 そして解説は末國義巳さん。
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪

b0122645_1847409.jpg

 
# by ashikawa_junichi | 2016-12-07 18:49 | いただきもの | Comments(0)

紙の広辞苑

 久し振りに広辞苑を開きました。部屋の隅で埃をかぶっている辞書です。
 電子辞書の広辞苑は、いつも使っているのですか、紙の広辞苑は実に何年かぶりです。いやあ、分厚くてずっしりと重いですねえ。これを使っていたのかと、ちょっと驚いています。
 ても紙の広辞苑を開いてみようと思ったのかというと……アニメの『舟を編む』を観て、広辞苑の紙の話が出てきたからです。(原作小説は持っているのですが、まだ未読です)
 広辞苑の紙は、薄いけれど頑丈で、そして”ぬめり感”があるのだそうで……うむ、たしかに。

 画像は、主題歌を歌っている岡崎体育のアルバムのイラストです。

b0122645_2315053.jpg

# by ashikawa_junichi | 2016-12-06 23:18 | その他 | Comments(0)

キャリー・エンパイアさんの個展『ARMY of EMPIRE-禁断の帝國』!

 板橋のカフェ百日紅で、昨日から開かれているキャリー・エンパイアさんの個展『ARMY of EMPIRE-禁断の帝國』を観てきました!
 キャリーさんの妖しげでスタイリッシュな絵画作品のほか、ゲスト作家陣『帝國傭兵団』のかたがたの作品も楽しめました。
 今月26日まで。火曜、水曜はお休みです。

b0122645_23434811.jpg


 昨日は、体調が悪かったのですが、今日は復調しています。
 それで、百日紅で美味しい「踊り子」という紅茶を飲んだあと、ダーティ・松本さんと『北海』へ。人生4度目か5度目のホヤを食べました。ダー松さんは初めてだとか。
 これまででいちばん、臭みのないホヤで旨かったです♪ ダー松さんも、なんの抵抗もなく美味しかったそうですよ。さすが『北海』!
# by ashikawa_junichi | 2016-12-02 23:52 | 音楽・アート | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『入り婿侍商い帖-出仕秘命(二)』!

 千野隆司さんより新刊『入り婿侍商い帖-出仕秘命(二)』(角川文庫・734円税込)をいただきました!
 殺された兄に代わって、勘定奉行所勤めの武士になった角次郎だが、罪を暴かれたくない上司の卑劣な罠にかかってしまう!
 角次郎を救うために、妻のお万季が立ち上がる!
 大好評シリーズの新刊です! ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪

b0122645_1913819.jpg

# by ashikawa_junichi | 2016-11-30 19:01 | いただきもの | Comments(0)

『この世界の片隅に』&『Putali Cafe』!

 昨日25日金曜日は、かみさんとHUMAX池袋へ。
この世界の片隅に』を観てきました!
 素晴らしい映画でした! なんといってよいのか……ともかく素晴らしい映画でした。
 観終わったあとも、じわじわと感動が胸に残って……いや、それどころか、どんどん大きくなってきています。
 いろいろ感想を述べたいところですが、いまはなにを書いても、言い尽くせないもどかしさを感じるだけでしょう。

 朝日新聞に載ったのんさん(本名・能年玲奈さん)の言葉をコピペします。
 事務所をやめて、事実上干されている自分のいまの境遇について訊かれて、
「……どんなことがあっても日々は巡ってきて、暮らしていくのは変わらない。そこは、すずさんと一緒の気持ちです」
 主人公すずさんは、のんさんしか演じられない……というほどの名演技(声ですが)でした。

 最近は、映画を観てもパンフレットは買っていません。これまでのものを仕舞うのに(あるいは処分するのに)苦労しているからですが、今回は買いました。何年ぶりかのことです。その中の見開きページをアップします。
b0122645_21305948.jpg


 帰りに東池袋のカレー&ネパール料理の店Putali Cafe』へ。
 わたしは3色まめのカレー、かみさんは、チキンカレーを注文して、シェアして食べました。
 チキンカレーにミルクで描かれた絵はリスですね。まめのカレーは、おそらく店長の似顔絵です。その店長のストラップも売っているようですが、売り切れでしたよ。

b0122645_2139513.jpg


 美味しかったです。ナンがまた旨かったです。これは、ちょっと甘いので、ナンだけでも食べられます。
# by ashikawa_junichi | 2016-11-26 21:42 | 映画・演劇 | Comments(2)

『インフェルノ』・花園神社酉の市・睦月会忘年会!

 昨日は、TOHOシネマズ新宿で『インフェルノ』を観ました。
 前の2作と比べて、のっけから事件のまっただなか。なにがなんだか分からないまま、とんでもないことが分かってきますが……!?
 とにかく慌ただしい展開に、じっくりとイタリアの旧跡を味わう余裕がありません。……って、そうした余裕を楽しむ映画ではありませんね。
 面白かったですよ♪

b0122645_1948149.jpg


 映画のあとは、花園神社の酉の市を見学。いやあ物凄い人出です。忘年会の時間がせまっていたので、人をかきわけて通りすぎました。

b0122645_1945787.jpg


b0122645_19452381.jpg


 参加したのは、官能小説の巨匠・睦月影郎氏を囲む睦月会の忘年会です。
 総勢40人のおおいに盛り上がった宴会でした。
 たらふく食べて飲んで、少々疲れていたので、2次会は遠慮して帰宅しました。ふと気がついたのですが、わたしにとっては、今年最初の忘年会でした。
# by ashikawa_junichi | 2016-11-23 19:52 | 映画・演劇 | Comments(0)