おだ辰夫さんの『愛のだんちっち1985』!

 おだ辰夫さんの『愛のだんちっち1985』(週刊漫画ゴラク連載)がkindle本になりました。
 ぼくが担当していた漫画ですが、このころ(1985年)は後輩に引き継いでいたかも・・・・・・ともかく、扉に使ったいくつかのフォントが懐かしい♪
 激安なのでぜひお読みください! アマゾンのページはここです→愛のだんちっち1985
 おださんの『愛のだんちっち1985』についてのブログはここ→オダンディズム
b0122645_22502757.jpg

# by ashikawa_junichi | 2019-06-15 18:45 | 漫画 | Comments(0)

サッカーの話と偶然の一枚♪

 女子サッカーW杯、なでしこの初戦は、ずいぶん格下のアルゼンチンに引き分けてしまいましたね。残念。まあ、優勝したときも、初戦は苦戦でしたから。
 ただ、気になるのは、核になる選手がいないことです。澤のような。膠着したとき、ピンチのときに、大声でチームに活を入れる選手が不在なのです。チームメイトに慕われて、絶対的な信頼を得ている存在。澤が手をたたいて檄を飛ばすと、不思議とチームに力が沸き上がってきたような・・・・・・。そんな選手がいないのが心配。

 男子は、U20、U22と躍進が著しいですね。いまのフル代表はずいぶんと若返りましたが、さらに下の年代から有力選手が出てきそうで頼もしいです♪

 さて。写真は、ビールの宣伝みたいなカットですが、偶然のたまものです。現代美術家の深瀬綾さんの個展会場での一枚です。深瀬さんからいただきました♪
b0122645_00323733.jpg
 まあ、三人で乾杯して飲み始めたのですから、当然といえば当然の情景ですが。

# by ashikawa_junichi | 2019-06-11 22:57 | スポーツ | Comments(0)

大腸ポリープなんのその

 実は土曜日の飲み会の前日、大腸カメラ検査をしてポリープがを2つ切除しました。
 カメラはまず大腸の奥まで入り、そこから少しずつバックしながら検査していきます。検査している医者の先生がなにもいわないので、これは今年はポリープがないぞと喜んでいたのですが、それも束の間、直腸近くまできたときに、小さいのが2つ発見されました。あちゃーっという感じで、明日の飲み会はウーロン茶を飲んでいるしかないなあと思っていたのです。切除したあとは2日間、アルコール禁止ですから。
 検査の翌日がクラス会だと気がついたのは、期日が迫ってからでした。なんで気がつかなかったのか……ボーッとしていたのでしょうねえ。いまさら検査の日を変更するのは面倒だし、一昨年、去年とポリープを切除しましたが、数が少なくなっているし、今年はないだろうとタカをくくっていたのです。
 切除の翌日、ウーロン茶でも飲んでいればいいか、いや一杯だけならいいか……なんて思ってクラス会に参加しましたが、けっきょく何杯も飲んでしまいました(^_^; しかし、下血しなかったので、結果オーライ♪
 写真は大腸のなか……ではなくて、板橋の短いトンネルです。 
b0122645_23163234.jpg

# by ashikawa_junichi | 2019-06-03 23:18 | 健康 | Comments(0)

月例クラス会&いただきもの&沖縄物産展!

 6月になりました。1日土曜日は、もはや月例となった高校のクラス会が大山でありました。集まったのは飲んべえで酒に強い6人と、飲んべえだけど酒に強くないわたし、そして酒に弱いのがひとり。
 土曜日の夜のせいか、どの店も満員ですが、大山在住の友人が評判の店の予約をとってくれていました。『魚猫』という店。刺身はもちろんのこと、金目鯛のカブト煮、小肌とヒゲニンニクの天ぷら、金目鯛の釜飯、そして、名物サバカレーなど、いずれもとても美味しかったです♪
b0122645_00250802.jpg
b0122645_00375750.jpg
b0122645_00382501.jpg
 クラスメイトのひとりから、古い雑誌をもらいました。これは読みでがあります。
b0122645_00273911.jpg
『魚猫』の次は2次会ですが、評判店はどこも満員で入れず、最近できた中華屋へ。運良く、ここが安くて旨かったです♪
 これでお開きでしたが、まだ10時なので帰りが一緒の二人と板橋で降りてカフェ百日紅へ。ベルギー帰りの目玉堂さんからお土産をもらっちゃいました♪
b0122645_00295485.jpg
b0122645_00300906.jpg
 明けて2日日曜日。サンシャインシティで開かれている『沖縄物産展』の最終日。かみさんと息子と沖縄そばでも食べようかといってみましたが、ものすごい混雑。売り切れの屋台が多く、残っている屋台も長蛇の列。これは駄目だと、早々に退散して、サンシャインシティ内の牛タンの店へ。なんだかけっこう高くついてしまいましたが、旨いからよしということで。
 この入口の写真では混んでいる様子がうかがえませんが、なかは大変でしたよ。
b0122645_00331527.jpg

# by ashikawa_junichi | 2019-06-03 00:38 | 飲食 | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『入り婿侍商い帖 外伝 青葉の季節』!

 千野隆司さんより新刊『入り婿侍商い帖 外伝 青葉の季節』(角川文庫・734円税込み)をいただきました♪
 武士の魂を持つ商人・角次郎を近くに見て育った善太郎、お波津、お稲の姿を描く3編を収録したシリーズ外伝です!
 若く芽吹き始めた若人たちの活躍が楽しめますよ!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪
b0122645_00364064.jpg

# by ashikawa_junichi | 2019-06-02 00:38 | いただきもの | Comments(0)

ゴダールの『イメージの本』

 5月19日水曜日、シネスイッチ銀座へ。夜一回のみの上映中ジャン=リュック・ゴダールの『イメージの本』をみました。
 88歳になってもさらに進化しつづけている監督ですね。文字通り、イメージのコラージュというか、映画なのだから、モンタージュでしょうが、その奔流に分かったような気がしていても、4分の1もわかってない気が。5分の1かな。なにせ、ぶつ切りの荒々しいモンタージュに翻弄されっぱなしで、頭のなかが渦巻いてしまうのです。これはあと10回はみるべきでしょう。そんなにみられないけれど。
 ただ、たしかなことは、映像をみる快楽が確実にあったということです。
 アラブと東洋にたいしてのリスペクトを感じるとともに、なぜか希望を持って終わります。そこがこれまでのゴダールっぽくない気がするけれど、よかったです。
b0122645_00172367.jpg
 シネスイッチ銀座は、その昔、銀座文化劇場といいました。
 懐かしい! 大学時代につきあっていた女性が、ほんのいっとき受付でバイトをしていたのを覚えています。彼女の女子大でのクラスメイトが銀座文化の支配人かオーナーの姪だったような……。
 銀座をワンショットだけ撮影。
b0122645_00200105.jpg


# by ashikawa_junichi | 2019-06-01 00:22 | 映画・演劇 | Comments(0)

早見俊さんの新刊! 桜井真琴さんの新刊!

 献呈本を同時に何冊もいただいたのと、ボーッと生きているので、つい紹介を忘れていて、ずいぶんと遅くなってしまいました。申し訳ありませんが、まとめて紹介いたします!
 まず、早見俊さんのシリーズ『闇御庭番』の三冊! 光文社時代小説文庫です♪
裏切り老中』『隠密道中』『陰謀奉行』です! 続々重版の人気シリーズです♪ ぜひ!
b0122645_01510729.jpg
b0122645_01512011.jpg
b0122645_01513081.jpg
 そして、コスミック文庫の新シリーズ第二弾『最強同心剣之介 死を運ぶ女』です! スカッとする痛快時代小説です♪
b0122645_01524166.jpg
 つぎに官能小説の新鋭にしていま絶好調の桜井真琴さんの新刊『港町妻のとろみ』です!
「港町のほしがり妻たちを描くハーレム地方エロス」♪
b0122645_01561017.jpg

# by ashikawa_junichi | 2019-05-29 02:01 | いただきもの | Comments(0)

月喰歌劇団『聖ミカエラ学園漂流記』 !そして『あいうえお』♪

 5月25日土曜日の夕刻、新宿三丁目のTheater新宿スターフィールドへ。
 月喰歌劇団の『聖ミカエラ学園漂流記』を楽しんできました!
 故高取英氏の過去の演出を「原案」とし、団員のかたがたの創意が加わった公演です。初演を知りませんが、30年以上の時を隔てても色あせない素晴らしい内容。抑圧された少女たちの叫びが心にしみます。
 今回は、知り合いの女優・紅日毬子さん(虚飾集団廻天百眼)が客演していて、明快な口跡と俊敏な身のこなしは流石でした♪
 主演の白永歩美さんをはじめとした劇団のかたがた、客演の女優さんたちの迫力ある演技は、暗黒の宝塚が健在であることを証明していました。
b0122645_22092936.jpg
 ついでですが、開演前に花園神社の御神輿が通り掛かったので、遠くから撮影。
b0122645_22103721.jpg
 終演後、運良く紅日さんに挨拶でき、外に出て『呑者家』に向かいましたが、満席で入れず。『池林坊』も無理。どうしようかと迷っていると、ご一緒したダー松さんが、20年以上前によく通った店にいこうというので、そこへ。
 その店は『あいうえお』! 高取英さんや、漫画編集者の人たちが常連だった店だったそうです。店の前で高取さんが相撲を取って無敵だったとか、ダー松さんの想い出が古めかしい店内に彩りを添えます。占い好きの店主は引退し、奥さんは健在、子供だった息子さんはもう40だそうです。奥さんは高取さんの死を残念がってました。
「今夜は、高取さんが、懐かしいこの店に導いてくれたのかな」と、ダー松さんがポツリ。
 献立の品は旨く、九州の焼酎も美味。またひとつ、通いたい居酒屋が増えました♪
b0122645_22155490.jpg
b0122645_22160427.jpg

# by ashikawa_junichi | 2019-05-26 22:17 | 映画・演劇 | Comments(0)

自転車に久しぶりに乗る! そして、プリンもどきちゃん♪

 19日日曜日の夕食後、久しぶりに自転車に乗りました。
 といっても、自分は持っていないので、息子に借りた自転車で、カフェ百日紅へ。来年の目玉堂さんの個展に裏方で参加するので、ちょっとだけ打ち合わせに。
 豊島区から北区を通過し、板橋区の百日紅へ10分もかからずに着いてしまいましたよ。まあ、北区はほんの少しあいだに挟まっているだけですが。
 ふだん自転車に乗らないでいるのは、理由があります。自転車に乗っているかなりの人は、歩道で横暴な走り方をしますよね。歩行者を蹴散らすように走っていて、つねづね腹立たしく思っています。ところが、自分も乗ってしまうと、飛ばして同じようになってしまいそうで、それがイヤなのです。ですから、歩道を走る場合は歩行者優先で、人と人のあいだをすり抜けるようなことはせず、ゆっくりと走るように心がけました。車道は少し飛ばしましたが、日曜の夜のせいで、ほんとど車と並走せずに済みました。
 毎日、脚上げ運動をしていて脚に筋肉がついているのですが、自転車を漕ぐと筋肉の動かし方がまったく違うのか、けっこうももなどが張りました。

 カフェ百日紅では、月曜まで、むしかわむしさんの個展を開催中。ぼくは2度目です。
 クリアファイルを購入したら、ポストカードを一枚おまけでいただきました。3種類から選べたので、山田くんのものを♪                  
b0122645_23020174.jpg
 そして「プリンもどきちゃん」と珈琲を注文。プリンもどきちゃんとは、むしかわさんの作ったキャラクターで、ぼくらが饗せられる実体は「フルーツグラフィティ」です♪ なかにフルーツが入っていて美味しいですよお!
b0122645_23015238.jpg
 ↓は、自転車で行った証拠写真です。証拠に残すほどのことではないですが(^_^; 本当は、もっと横の目立たないところに停めましたが、写真を撮るときだけ、入口近くに置きました。
b0122645_23051837.jpg



# by ashikawa_junichi | 2019-05-19 23:10 | 音楽・アート | Comments(0)

『ニッポン制服百年史』!

 5月17日金曜日、晴れた空の下、ダーティ・松本さんとバスに乗って弥生美術館・竹久夢二美術館にいってきました。
 弥生美術館では『ニッポン制服百年史』を開催中。
 学校制服の歴史を振り返りながら、イラストレーターさんたちの女子高生の絵を堪能。制服リカちゃんも可愛いです。リカちゃんの制服姿は、なぜか鹿児島県の制服が多かったです。
b0122645_22304485.jpg
b0122645_22305713.jpg
 竹久夢二美術館では、前にきたときとけっこう展示作品が変わっていました。夢二がデビュー時に描いていたカット絵が興味深かったです♪
 物販コーナーでは迷った末に、江口寿史さんの画集と、和遥キナ(カズハルキナ)さんのサイン入り画集を購入しました♪
 残念なのは、会場に展示されていた和遥さんの白い花の前に佇んでいる女子高生の絵が画集にないことです! もっとも惹かれた絵でした。ダーティさんも、その絵が一番気に入ったといってました。画集を作ったときには、まだ未完成だったのか……!?
b0122645_22385012.jpg
 美術館を出たあとは、またバスに乗って地元へ。南大塚の『四文屋』で焼きとん食べつつ、ビールなどをぐびぐび。ほろ酔いで帰りました。


# by ashikawa_junichi | 2019-05-17 22:43 | 音楽・アート | Comments(0)