ほぽ日手帳

『ほぼ日手帳』を使い始めて3カ月が過ぎました。
 まあまあですね。来年も使うかどうかは微妙。やはり日記の手帳と、アイデアなど、思いつきを書く手帳は別にしたほうが、僕にはよいようです。
 この『ほぼ日手帳』には、毎日欄外に名言、格言、迷言、単なる思いつき、言いまつがい……などなど、小さな文章が載ってるのですが、おおこれは!と、思うようなものに、一昨日出会いました!
 勝手にコピーしてよいのかなあ……。出典を書けばよいでしょうか。
 奈良美智さんの『The Apple in Heart』の中にある文章です。

 なにか迷ったときには、
「昔の自分がかっこいいと思った大人」を
 思いだせばいい。
 二十歳のころの自分が理想としてた大人って
 どんなだったっけって思うと、もう、すぐ解決する。


 というものですが、なるほどと思いましたよ。
 ただ……昔、かっこいいと思っていた大人が誰なのか、特定できなかったり、いまはあまりかっこいいと思えなかったりして。こんな場合はどうすればよいのでしょうか???
by ashikawa_junichi | 2009-03-31 16:51 | 日常 | Comments(2)
Commented by らんせ at 2009-03-31 19:46 x
 何が一番いいかは微妙なところですね。要は浮かんだアイデアを逃さない工夫ですね。僕は机の上では「ほぼ日手帳」ですが、持ち歩きはメモ帳。更にデジタル物数点。ボイスレコーダーと最近ではポメラ(笑)です。
Commented by ashikawa_junichi at 2009-04-01 00:16
>らんせさん
 そうですね。あと、いろんな情報の管理も必要です。
 ほぼ日手帳は、分厚い手帳への違和感をなくしてくれつつあるようです。
 ポメラはよいですよね。でも、親指シフト族には使えないのが残念です(^ω^;)
<< まめと『冬のソナタ』 少し減量成功 >>