ドトールでの話

 たったいま、1月発売の文庫のゲラをクロネコヤマトに出したところです。
 本当なら、執筆も平行してやらねばならないのですが、ゲラに掛かりきりでした。
 明日から、怒濤の執筆態勢に入ります! ドトーの執筆です。ドトールでの執筆ではありません。

 ドトールといえば、聖さんはドトールでの執筆です。某コーヒー店(ドトール)で仕事をしていて、まわりから面白い話が聞こえてきたと『聖感日記』で書かれてましたね。読んでいて笑ってしまいました♪(^o^)

 もう10年以上前になりますか、息子がまだ小さいころ、子どものいない友人とドトールで話しいて、その友人が、しきりに子どものアトピーの話をするのですよ。子どもはみんなアトピーになって大変だと思い込んでいるようで。私の息子はアトピーではないのですが。(奥さんの友だちの子どもが、ほとんどアトピーだったそうです)
 そしたら、近くにいたおばさんが、孫もアトピーだったけど、治ったわよ。あんたも心配することないからねと言うのです。いや、うちの子はアトピーとは無縁ですと言っても、信用せず。あんまり言うから、
「アトピーが治らない子もいるし、大人になって発症するひともいるんですよ」
 と、要らぬことまで言い立ててしまいました。
 ステロイドも副作用があって、重傷になると、ほんとに大変なんですからと。
 おばさんは、そんなことはない、ともかく気にするな、治るからと言い続けているので、仕方なく、
「分かりました、気にしません。どうもありがとうございます」
 仕舞いにはお礼を言って終わりにしました。
 まあ、親切で言ってくれたのでしょうから……。
by ashikawa_junichi | 2010-11-28 04:15 | 健康 | Comments(0)
<< いつの日にか自由に…… アンドロイドケータイを予約 >>