いわき市の友人から電話があった

 福島県いわき市にジャーナリストの友人が住んでいて、今日まで連絡が取れず、どうしているのか心配していましたが、やっと今日、本人から電話が来て、安否の確認が取れました。
 大地震の翌日に、福島原発の取材が予定されていたそうで、原発のすぐ側で取材していたらと思うとゾッとすると言ってました。
 放射線の漏れはつづいており、風評被害も甚大です。一日も早い事故の収束と、ライフラインの復旧を祈ります。


by ashikawa_junichi | 2011-04-01 17:54 | 事件・事故・天災 | Comments(0)
<< 早見俊さんの新作『犬侍の嫁』! 3月31日はこうして過ぎて行きました >>