『猫とドラゴン展』へいってきました

 昨日27日土曜日に、東京都美術館で開かれている『群猫割拠 猫とドラゴン展』を観てきました。
 開田裕治さんをはじめ、一線で活躍されている画家、イラストレーター、造形作家のみなさんが、さまざまな角度から猫とドラゴンを素材に創り上げた作品展でした。
 その創作意欲に圧倒されるとともに、実に楽しい展示会でしたよ。
 会場には開田さんなど、作家のかたがたが来場していて、サインにも気軽に応じてくださってました。
 わたしは、開田さんと前田ヒロユキさんにサインをいただきました。
 スーパーバイザーをされている開田あやさんから、天神英貴さんがいらしていると教えていただいたのですが、お客さんとお話ししている最中だったので遠慮しました。ちょっと残念。
 今日、日曜の午後早くに終了しました。終了日前日になんとか駆けこめてよかったです。
 写真は、公式ガイドブックです。 

『猫とドラゴン展』へいってきました_b0122645_17224138.jpg


 見終わったあとは、せっかくなので『メトロポリタン美術館展』へ。
 ミレーやゴッホなどの作品は、やはり圧倒されますね。古代の什器なども面白かったです。
by ashikawa_junichi | 2012-10-28 17:26 | 絵画・イラスト | Comments(0)
<< アメリカのミステリードラマシリーズ 座頭市とデンスケを観た >>