東北大震災から2年経ちましたが……

 東北大震災から2年が経ちました。
 いまだ復興の道は遠く、仮住まいを余儀なくされているかたが多数おられ、原発事故の後片付けもいつ終わるか分からない状況です。
 そして、震災に遭われたかたがたは、これまで懸命に生きてこられましたが、心と身体に疲れが出てくるころなのではないでしょうか。これからが辛い時期なのかもしれません。
 少しでもなにかお役に立てられればと考えています。

 震災に遭われて亡くなられたかたがたの、ご冥福を謹んでお祈り申し上げます。合掌。


 自民党政権になって、震災も原発事故もなんのその、目先の経済のことばかり考え、将来に禍根を残すことなどまるで考えていないようです。(民主党のときもそうでしたけど、まだましだった)
 今日の東京新聞は、原発に依存せずにゼロにしたほうが、経済面でもプラスになると検証しています。 それをわたしは信じます。

 また、安倍政権は、憲法を改正しようとしていますが、憲法というのは、国民が国家に対してこうあらねばならないと決めているものであって、国家が国民を縛るものではないはずです。
 しかも定数格差で、憲法違反のまま選ばれている議員たちが、その憲法を変えていいはずがありません。
 米国が押しつけたものだという論がありますが、実はそうではなかったという証拠も出てきています。いや、押しつけられたものであっても、素晴らしいものです。


 おっと、あんまり政治的な発言はやめようと思っていたのですが、今日ばかりは書いてしまいました。
 まあ、原発のことはこれからも反対していきますので、書くと思いますが。
by ashikawa_junichi | 2013-03-11 14:27 | 事件・事故・天災 | Comments(0)
<< 新刊『仇討献立-包丁浪人(三)... ダイエットで毛が増える? >>