東京新聞スポーツ欄の記事に失望

 スキー・ジャンプ女子の高梨沙羅さんは、試合後のインタヴューで、
「今まで支えてくれた皆さんに感謝の気持ちを(中略)結果を出せなくて残念です」
 と、応えていたと東京新聞スポーツ欄の記事にありました。
 いやいや、違う!
 高梨さんはちゃんと、
「……よい結果を出せなくて残念です」
 といってましたよ!

 いつのころからか……たしかサッカー選手がいいだしたような気がするのですが、
「結果を出す」
 といって、その前の「よい」を省くことが当たり前になってました。
 どうにも違和感がいまだにあるんですよね。「結果」には「よい結果」もあれば「悪い結果」もあります。「結果」はどっちにしても出るんです。
 まあ「よい」はいわんでも分かるだろということなんでしょうが……やはり入れて欲しいです。

 それが、先日、高梨さんが、ちゃんと「よい」をいれて発言していたのに、東京新聞はこれをなぜか省いてしまいました。文字はキチキチでなく「よい」を入れる余裕は充分すぎるほどありましたよ。
 しっかりしてくださいよお!

 高梨選手には、これからに期待したいです。でも、その期待を重くとらないでね。あまり先人への恩返しなんて考えることはないと思います。

東京新聞スポーツ欄の記事に失望_b0122645_1632597.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-02-13 16:10 | スポーツ | Comments(0)
<< 新刊『淡雪の小舟』 いまさらだけど、さらば『渡り廊... >>