イングランド戦のPK

 サッカー女子日本代表の準決勝についてですが……。
 準決勝ではイングランドに勝ちましたが、大儀見がPKをとられたシーンで、イングランドの選手がわざと倒れただの、ラスト近くで不運なオウンゴールをする羽目になったのは、(わざと倒れたことを)神様が見ていたからだとか……そんな言説がネットで見られますが、それは違うでしょう!
  大儀見の足がひっかかって倒れたのだから、大儀見も選手たちも、審判に抗議してなかったのですよ。わざと倒れたというのは、イングランドの選手に失礼ではないでしょうか。

 そして、オウンゴールは、イングランドの監督がいうようなただの「不運」では片づけられないもので、川澄の、キーパーと選手のあいだに通した絶妙なパスのおかげです。ディフェンダーの足に当たらなければ、大儀見がシュートできました。ディフェンダーはクリアせざるを得なくて、無理な体勢になり、それがクリアに及ばなかったというべきです。大儀見は「必然」だったといってるようですね。
 まあ、ディフェンダーの足にあたらずにシュートした場合、キーパーが防いだ可能性もあるので、そういう意味では、イングランドは若干「不運」だったかもしれません。クリアミスになってしまった選手は可哀相ですが、これから奮起してもらいたいです。(ドイツを敗って3位になってよかったです♪)

 さて。明日は、アメリカとの決勝戦です。前回は引き分けの末のPK戦での優勝でしたから、今回はキッチリすっきり勝ってほしいですね♪  岩渕が前回の借りを返して、決勝ゴール!!!!!! 期待してますよお!!!!!!!!!!
by ashikawa_junichi | 2015-07-05 16:33 | スポーツ | Comments(0)
<< 名言覚え書き 10 藤野千夜さんの『時穴みみか』! >>