四足歩行

 今日の夕方のニュースで、中国で腰痛持ちの人たちに「四足歩行」が流行っていると報じていました。
 腰痛を治すために「四足歩行」をするというのは、2004年に出た五木寛之氏の『養生の実技-つよいカラダでなく』で、五木氏が我流で実践していた方法でした。
 中国では、医者の判断を仰いだのちにやってくださいとありましたが、五木氏のは自分で編み出した方法でした。
 たしか(ずいぶん前に読んだのでうろ覚えですが)、本来は四足歩行が適している身体なのに、進化の過程で無理矢理に二足歩行になったので、身体に無理が生じている、だから、四足歩行に戻してみることで、不具合を治すということでした。医者でもない五木氏が、腰痛を治すために、ひとりで考えたのですから、大変なことですね。まあ、医者にいきたくなかったってこともあるようですが。
 中国では、公園などで多くのひとが四足歩行をしていたので、恥ずかしさもあまりなさそうですが、五木氏はひとりで、ゴルフなどのときに四足歩行で移動していたそうです。これも凄いことです。
 四足歩行……腰痛対策のためにやってみようかなと、少し思います。まあ、家の中だけでですが(^o^;)

 それと……この本に書いてある「洗髪は二か月に一回」というのは、とても真似できません。でも……テレビで五木氏は、二か月に一回頭を洗うようになってから、フケが出て、かゆくなったといっていたような……一年に一回くらいがいいといっていた記憶がありますが……。

 画像は、内容に関係なく、また浜町公園の夜景です。

四足歩行_b0122645_1382892.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-10-31 01:38 | 健康 | Comments(0)
<< 福原俊彦さんの新刊『火の子燃ゆ... 床屋へ >>