能鑑賞とたこ焼きパーティー

 17日土曜日は、宝生流の能を鑑賞しに、水道橋の宝生能楽堂へ。
 鑑賞した演目は『班女(はんじょ)』『殺生石』、狂言は『痿痢(しびり)』です。
 太郎冠者を演じたかたは、かなりの巨漢で、ユーモラス度が増していました。
『殺生石』のシテを演じた東川さんは、声がこれまで以上に響いて堂々たる貫祿でした。

 能のあとは、能楽堂のすぐ近くにある『能登美 別館』へ。
 のどぐろや、鶏の鍋を堪能しました。
 日本酒が美味しく、けっこう酔ってしまいました。

 18日日曜日は『T'S BAR』で、常連さんたちを集めてのたこ焼きパーティーへ。
 たくさんの持ち込みもあって、豪勢なパーティーでした。美味しいものばかりです。わたしはなにも持っていかず、少々ばつが悪かったです(^o^;)
 わたしはいつも深夜にちょっとお邪魔するくらいなので、知らないかたのほうが多かったのですが、みなさん気持ちよいかたたちばかりで、楽しいときを過ごさせていただきました。

 画像の右では寺さんがたこ焼きを焼いています。

能鑑賞とたこ焼きパーティー_b0122645_17195680.jpg


 たこ焼きパーティーのあとは『KOW』でビールを。

能鑑賞とたこ焼きパーティー_b0122645_17205984.jpg


 2日間で、なんだかヘロヘロです。ちょいと酒を控えなくてはいけませんね。
by ashikawa_junichi | 2016-09-19 17:31 | Comments(0)
<< 飯島一次さんの新刊『顔のない絵... 細谷正充さん編集の新刊『女城主... >>