マーガリン

 昨夜、外で食事をするはずが、急遽とりやめになったために、チキンとパンを買いに近所のピーコックへいきました。
 パンはフランスパンを買う予定だったのですが、売り切れていて、しかたなくロールパンにしました。プレーンのロールパンを買ったつもりが、ちゃんと確認していないために、中にマーガリンの入ったバターロール(バターではなくマーガリン入り)を買ってきてしまったのです。かみさんがこれが嫌い。マーガリンが好きでないのと、たくさん入っているので、それがイヤなのだそうです。わたしと息子はバターもマーガリンも多量に塗るので、だいじょうぶ。
 思いだせば、中学のころは、給食に出るマーガリンをたくさんもらってました。約2.5センチ四方に包装されたマーガリンが二つほど配られたのですが、それを一枚のパンに四つ。パンは二枚配られたので、都合八つも使って塗りたくってました。それでも余ってしまい、ロッカーに大量に保管していたのです。だいたい女子が「いらないからもらって」と持ってきたと記憶しています。マーガリンの味が嫌いだったのか、太るのがいやだったのか……やはり味が嫌いだったのでしょうか。なぜなんでしょうね……。
 卒業時、ロッカーの中の大量のマーガリン(100個以上はあったでしょうか)は消費しきれずに捨ててしまいました。もったいないことを。

※画像は、冬なのに短く毛を切られて、毎冬に比べ寒がりになってしまったまめです。
b0122645_19222666.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-12-25 19:24 | 食べ物 | Comments(0)
<< 細谷正充さんの新刊『少女マンガ... イルミネーション >>