『臣相怪奇実験』展と馬肉リベンジ

 一昨日11日は、東北大震災の犠牲者を弔い黙祷を捧げました。
 そして、12日日曜日には、夕方にカフェ百日紅へ。
 近藤宗臣さんと相良つつじさんの二人展『臣相怪奇実験 帝都への狂乱』展を開催中です!
 帝都で繰り広げられる怪奇で凄惨な事件……いや、それは実験なのか……狂乱する実験者(加害者)と血まみれの被験者たち(被害者たち)が、凄絶な筆運びで描かれています。(実験というのは、性別、世代、キャリアの違う二人の合作に対することのようですが)
 京都で活躍されていて、今回は東京で初めてのユニット展示だそうです。一枚いちまい、楽しんで観られますよ♪
 19日月曜日まで開催しています。火曜日水曜日は定休日です。
『臣相怪奇実験』展と馬肉リベンジ_b0122645_18114220.jpg
『臣相怪奇実験』展と馬肉リベンジ_b0122645_18121041.jpg
 そのあと、わたし含めて有志5人が集まってきたので、かねて予定していた板橋駅東口すぐにある馬肉の店『馬の串ん』へ!(写真の上のほう。2階の店です)
 実は、去年の10月に予約していたのですが、当日に妹が倒れて延期になっていたのです。ですから、今回は『馬肉リベンジ』という次第!
 妹はリハビリ病院に転院したあと、来週には退院が決まっています。もう心配はないと思われます。心ゆくまで馬肉を堪能することにしました。
『臣相怪奇実験』展と馬肉リベンジ_b0122645_18162314.jpg
 生ビール3杯、ハイボール1杯に、串焼き、馬刺し4種類、たたきなどで満腹。
 これで、ひとり2300円でしたから安い!(とくに、わたしは一番多く飲んだ気がするので、得したようで申し訳ない)
 いつも若い人たちで混んでいるわけが分かりました! 予約なしでは、なかなか入れません。
 画像は、馬肉のたたき(5人前)です。
『臣相怪奇実験』展と馬肉リベンジ_b0122645_18170920.jpg


by ashikawa_junichi | 2018-03-13 18:27 | 飲食 | Comments(0)
<< 細谷正充さん編集の新刊『なさけ... 気功で長生きしたい >>