旧ダイナミックプロ探索!(永井豪ファン必見!)

 ついに5月になってしまいました!! なんて早い……ああ……。
 まあ、それはともかく、2日水曜日は、漫画家の風忍さんと、作家の藤野千夜さん、装幀家&イラストレーターのイナヒゲさん、そしてわたしとかみさんの5人で、大塚近辺を探索しました。
 なにを探索したかというと、いまは早稲田にある永井豪氏のダイナミックプロが以前は大塚駅近くにあったので、その痕跡です。
 風さんは、もう40年以上、ダイナミックプロに在籍しており、風さんの記憶と、イナヒゲさんが永井氏の兄である作家の永井泰宇氏に書いてもらった地図が頼りでした。
 けっこう迷いましたが、とつぜん風さんの記憶の扉が開き、歩く速度も滅法速くなり……そして、ついに見つけました! 『デビルマン』を執筆していたころのダイナミッグプロが入っていたビルがそのまま残っていたのです! このビルの3階です。
 日本文芸社から出ている永井豪氏の『激マン!』に出てきます! 捜し当てて喜ぶ風さん♪
 ここの3階で、あの傑作『デビルマン』が描かれていたのです!
b0122645_01341197.jpg
 永井豪氏と風さんが、ボクシングごっこやチャンバラをしていたベランダは、ここですね。隣のビルは、当時はなかったようです。(「子供っぽい遊びに付き合ってくれたのは風さんだけだった」と『激マン!』に書いてありました)
b0122645_01352559.jpg
 旧ダイナミックプロの入り口ドアです。
b0122645_01360594.jpg
 近くには都電が走っています。昔は殺伐としていたようですが、いまはこのように綺麗な花が目を和ませてくれます。
b0122645_01432078.jpg
 そして映画館もありました。1階の『鈴本キネマ』は邦画を、2階の『大塚名画座』は洋画を放映していました。藤野氏はよく通ったそうですが、もちろんわたしも。いまは居酒屋などが入ってます。
b0122645_01463835.jpg
 永井氏の実家はこのお店のあたりにあったそうです。
b0122645_01470965.jpg
 さきほどのビルに移る前には、この本城マンションの3階にダイナミックプロがあったそうです。転々としていたのですね。
b0122645_01471825.jpg
 永井氏がよく食べにきたという中華屋『千葉家』さん。休憩をかねてここで軽く食事をしましたが、美味しかったですよ♪
b0122645_01472408.jpg
 永井氏が決まって座っていたテーブルだそうです。
b0122645_01473286.jpg
 大塚駅近辺は、ずいぶんと様変わりしましたが、残っているところはあるもんですね。
 最後は、落ち着いた雰囲気の喫茶店でお茶をして夕方すぎに解散。有意義な一日でした♪ スマホの万歩計を見たら、1万歩以上歩いていました。

by ashikawa_junichi | 2018-05-03 02:03 | 漫画 | Comments(2)
Commented by ち~ぼ at 2018-05-03 10:04 x
学校では背が高くて異様な雰囲気を持つジロボンが、学校帰りに家に呼んでくれて、貸してくれたのが「デビルマン」の単行本だったなぁ~すごい、怖くて・・

まだ、マガジンに連載されてて、美樹ちゃんとかタレちゃんとか襲われるシーンがトラウマです。
追い詰められた人間が、一番怖いと実感しました。
50歳過ぎても、あのシーンは覚えてるなぁ~
少年誌じゃ、NGでしょ!あれ!どう思います??
Commented by ashikawa_junichi at 2018-05-03 19:08
>ち~ぼさん
 当時のマガジンは少年誌というよりも青年誌に近い存在でしたから(^o^;)
 読者は子どもよりも、10代後半から20代の人が多かったと思います。
<< 深瀬綾さんの個展!&古本センター 宝生会の夜能『巴』を鑑賞 >>