よい判断をした

 以前、ネットでスマホの寿命を調べてみたら、だいたい4年だと書いてあった。ぼくが使っていたURBANOは、3年半前から使っていたので、あと半年はもたせようと思っていたんだ。でも、そうはいかず、瀕死の状態になってしまった。でも、危篤状態だったけど、死んではいなかったから、データの移行などに支障はなかったんだ。
「この状態でもってこられたのはよかったです。もう完全にアウトになってから持ち込んでこられるお客さんが多くて、そうなるとデータなど復旧できませんからね」
 と、auショップの人がいってたから、ぼくはよい判断をしたわけだ。

 いつもと違う文体で書くのは、ちょっとつかれるな。
 このところ、毎夜寝る前に植草甚一スクラップブックを読んでいるので、ぼくもああいったくだけて力の抜けた感じで書きたいなと思ったんだが、なれてないから、つかれるということになる。まあ、つづけていけば自然と書けるようになるんだろうけれどね。
 さて、これからどういうふうにブログを書こうか……まだ決めてはいないんだ。
 いま読んでいるのはこれ↓
b0122645_00063969.jpg



by ashikawa_junichi | 2018-06-14 00:08 | 小説・本・仕事 | Comments(0)
<< 千野隆司さんの新刊『大店の暖簾... スマホ機種変など >>