順調なダイエットが暑くなって停滞

 ネッシもクリスティアーノ・ロナウドもベスト16のまま姿を消しましたね。そのかわり、フランスのエムバペという新たなスターが誕生か!? ウルグアイのカバーニは、やっぱり凄かったですね。足の怪我が心配ですが。
 さて、スペインとクロアチアは順当に勝ち抜けるか!?

 とまあ、書かなくてよい、みんなが知ってるW杯の話題を、やっぱり書いておきたくて書きましたが、本題はわたしの体重です。
 身長174センチのぼくは、正月は83キロちょっとありました。いまは78キロ。5月までは順調にひと月1キロ減量していたのですが、6月は足踏みをしてしまいました。どうも暑くなると減量しづらいようです。暑さに負けないために、食べてしまうからでしょうか。7月末には77キロ、できれば足踏み分も取り返して76キロに落としたいです。
 目標は70キロ。今年中か来年1月末までには達成したいです。

 健康のために気功教室に月に2度通っています。本来、気功のあと1時間くらいは飲み食いしないほうがよいそうなのですが、久し振りに会う人たちと飲食して歓談したいので、毎回居酒屋の暖簾をくぐります。
 問題なのは、気功をした日は、だいたい1キロ以上増量してしまうことです。けっこう身体を動かして汗をかくし、あまりたくさん飲んだり食べたりしていないのにです。ほかの日の飲み会のあとは、そんなに増量しません。なぜなのか……。
 ヨガをきわめた秋山佳胤さんという弁護士は、なにも食べなくても大丈夫だそうです。水も飲まなくてもよいとか。『不食という生き方』(幻冬舎)という本に書いてありました。この人は、ヨガで大気中のプラーナ(自然のエネルギーのようなもの)を身体に取り込んでいるから、食べ物は必要ないそうです。気功もヨガと似ているところがありますから、知らずしらずのうちに、ぼくもプラーナを取り込んでいて、その上で飲食しているから増量するんでしょうか? そういえば、気功のあとは不思議と腹が空かないのです。でも、目の前に食べ物があると、腹は空いてないのにバクバク食べてしまいます。食べているうちに食欲がわいてくるのです。
 まあ、プラーナを取り込んでいるのなら、そんなに食欲がわいてくるってことはないでしょうから、単なるぼくの勘違い、というか妄想でしょうね。
 ……というか、プラーナに質量はないでしょう。だから余計に増量するってのは妙です。いったいどうして?
b0122645_23434793.jpg
 

by ashikawa_junichi | 2018-07-01 23:45 | 健康 | Comments(0)
<< プラーナと氣 百日紅で『腋フェス』! W杯中... >>